Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソンニュース)#20- NEWS

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソンニュース)#20- NEWS » NEWS » ハーレーが商店街をクレープ屋に向けて暴走、その後への影響 Reckless riding news and impacts of brand in Japan »

ハーレーが商店街をクレープ屋に向けて暴走、その後への影響 Reckless riding news and impacts of brand in Japan

タイトルのとおり、ニュースで映像とともにトライクや爆音ツアラーが狭い商店街を何台も走り抜けるニュースがお茶の間に流れたことで、世間ではこの件についてとハーレー全般に対してネガティブなコメントがあふれています。

As the title suggests, the news of several Harley-Davidson trikes and tourers driving through a narrow shopping street along with videos on the news has caused a lot of negative comments about this and about Harley-Davidson in general.



この映像は一部であって編集が恣意的だという意見もあります、この集団が通行可能な道を走ってたかという事実関係がどうだったかはわかりませんが、この切り取られた映像に対して普通の人が感じるのは嫌悪感しかないでしょう。近年この手の不快感を表明する人たちの勢いが増しているのは、世の中にウルサイハーレーの数が格段に増えただけでなく、それに対する世間の不快感の蓄積がマックスになっているということがあるかと思います。

Some say the video is partial and the editing is arbitrary, and I don't know what the facts are as to whether this group was riding on a passable road, but the only thing a normal person would feel about this clipped video is disgust. In recent years, the number of people expressing this kind of disgust has been increasing, not only because the number of loud Harley-Davidsons in the world has increased dramatically, but also because the accumulation of public disgust toward them has reached its maximum.

1999年までのエボの時代も今のようなことが全くなかったかというとそんなことはなかったと思います。が、ツインカムになってから登録台数が増えたことや、排気量が増えたことによる騒音の増大、ハーレーに乗る人のバリエーションが増えたことによるマナー低下が相互にあわさって、すべてがエスカレートしていってます。

ハーレーダビッドソンジャパンもその動向を問題視していたかと思います。そのためマフラーなどの消音器を改造した車両を正規ディーラーでは面倒みないというポリシーを掲げて不正改造を許さないという姿勢を見せていました。

In Evo era up until 1999 was not completely free of the same problems as today. However, the increase in the number of registered Harley-Davidson bikes since the twin-cam system was introduced, the increase in noise due to the increase in displacement, and the decrease in manners due to the increase in the variety of Harley-Davidson riders have all combined to escalate the situation.

I think Harley-Davidson Japan was also concerned about this trend. For this reason, they had a policy that authorized dealers would not take care of vehicles with modified mufflers and other sound deadening devices, and they showed a stance of not allowing unauthorized modifications.

今回、問題を起こしたグループは岡山のバルコムに出入りしていたということがすでに様々な情報のリークされているようですが、バルコム岡山は国内に複数拠点を持つ正規ディーラーなわけです。今回問題が明るみになったあとバルコムは関連する記事を削除したようで隠蔽といわれても仕方ありません。

正規ディーラーとしてポリシー違反を黙認してカスタムをしていたのか、何か他の理由があるのはは伺いしれませんが、どちらにしても正規店であるがゆえに今回の事件によってハーレーのブランドを大きく毀損してしまった点についての責任は大きいでしょう。

It seems that various information has already been leaked that the group that caused the problem had been working at Balcom Okayama, which is an authorized dealer with multiple locations in Japan. Balcom Okayama is an authorized dealership with multiple locations in Japan. After the issue came to light, Balcom deleted the related article, which could be called a cover-up.

It's hard to say if they were customizing their bikes in violation of their policy as an authorized dealer or if there was some other reason, but either way, as an authorized dealer, they bear a great deal of responsibility for the damage to the Harley brand caused by this incident.

ハーレーの騒音集団が動画が公開されることで世間に白い目で見られたのは今回が初めてではなく、最近でも某仙台のショップ主催のBBQグループがキャンプ場に大挙して爆音で押し寄せて来ている映像が動画でYoutubeなどのアップされて辛辣なコメントが浴びせられたり、高速のパーキングで集団で爆音だしまくっている映像など検索すれば数多く痛い映像がヒットします。

このあたりいくつかの問題があると思うのですが、爆音で周囲を不快にさせている張本人達がそれに気づいていないんではないかというのがまずは大きな問題。

もうひとつの問題は、儲け第一でそれを黙認し責任を取らない業界の構造があるのでしょう。カスタムショップや、広告をもらう雑誌もダンマリどころかそれをさらに持ち上げているだけです。今回はそれに加担してはいけないはずのバルコムという正規店まではいってそれをやっちゃっていたかもしれないということです。つまりそれは業界とその中で好き放題やるハーレー乗りがみんな一体となって世間とは隔絶された非常識が常識の世界を作っているわけです。

This is not the first time that a video of a group of noisy Harley riders has been released and the public has looked at them in a negative light. Recently, a video of a BBQ group organized by a store in Sendai was uploaded on Youtube and received harsh comments.

I think there are a number of problems here, but the first major problem is that the people who are making people around them uncomfortable with their explosions may not be aware of it.

Another problem is the structure of the industry, which puts profits first and does not take responsibility for its actions. The custom stores and the magazines that receive the ads are not just dumbing it down, they are lifting it up even more. In this case, even the official store, Balcom, which should not have been involved in this, may have been involved in it. In other words, the industry and the Harley riders who do whatever they want within it are all working together to create a world where insanity is common sense and the world is separated from the world.

法律で解決できることと、できないもっと問題なことがあります。

今回、商店街を爆走したことを法律違反で裁くとそんなに大きな罪にはならないし、マフラーの問題も消音器などの整備不良を問われたとしても軽微なものでしょう。

しかし、アメリカンバイクが好きな人、特にハーレーを乗る人はおそらく1947年にカリフォルニアで起こったホリスター暴動事件のこの写真を見たことがあることは多いと思います。

There is more at stake than what the law can solve.

In this case, it would not be such a big crime to violate the law by blowing up a shopping mall, and the problem with the muffler would be minor even if they were charged with poor maintenance of the silencer and other parts.

However, many people who like American motorcycles, especially those who ride Harleys, have probably seen this picture of the Hollister riots in California in 1947.

スクリーンショット 2021-03-06 23.36.47.png


ホリスター暴動は、1947年7月3日から6日までカリフォルニア州ホリスターで開催されたアメリカン・モーターサイクリスト協会(AMA)公認のジプシー・ツアー・モーターサイクル・ラリーで起きた出来事で、小さな町に、年に一度のラリーを見るため、または酒を飲んで大騒ぎをしようと多くのオートバイ乗りが集まってその中のグループが騒ぎを起こして問題になった事件です。

この事件は後に「ホリスター暴動」として暴走族が「町を占拠した」ホリスターの「大混乱」などと報道されて全米でセンセーショナルに報道されました。そして この事件の象徴として、このナックルヘッドに座っている酔っ払いの男とその場を捨てられたビール瓶の写真が『ライフ』誌に掲載され、バイクに対する否定的なアウトロー・バイカーのイメージを生み出す要因にもなり、それを払拭するにはかなり長い年月を必要とした過去があります。

たぶん、今回の重たい問題はどちらかということこちらのほうでしょう。
イメージという決して小さくはない問題。

ハーレーに対するネガティブなイメージはおっさんくさい、ダサい、ウルサイ的なその他色んなイメージと絡み合って特に一般の若い人にじわじわと蓄積していってます。このままそれが続けば今以上にハーレーは売れなくなるでしょうし、最終的にその影響を被るのはこの業界でメシを食っている人全員です。しかし、このままおっさん達が爆音出しまくり、商業ベース重視で本を売りイベントを開催し、好き勝手やったその果てに何があるのか、そしてこれが持続可能な事なのかは誰にもわかりません。

国内におけるハーレーの年間売上は2万台ちょっとをピークに2020年の実績ですでに8千台近くと半減以下に落ち込んでます。こういうニュースが続く限りじわじわと業界の縮小は続くでしょうね。昔はもうっちょっとマシなイメージでした、けど今はそうではないと思います。それが決して小さくはない問題です。

Hollister Riot was an incident that occurred during the American Motorcyclist Association (AMA) sanctioned Gypsy Tour Motorcycle Rally held in Hollister, California from July 3 to 6, 1947, when a group of motorcyclists gathered in a small town to watch the annual rally or to drink and have a good time.

This incident was later sensationalized as the "Hollister Riots" in the U.S., with reports of bikers "taking over the town" and "chaos" in Hollister. As a symbol of this incident, a picture of a drunk man sitting on his knucklehead and a discarded beer bottle was published in Life magazine, which helped to create a negative image of bikers as outlaw bikers, an image that took many years to dispel. It took a long time to get rid of it.

It took a long time to get rid of it in the past. Maybe this is the more serious issue because brand impression is not a small issue.

The negative impression of Harley-Davidson is slowly accumulating, especially among young people in Japan, because it is intertwined with the impression of old men, tacky, noisy, and many other things. If this trend continues, Harley-Davidson will become even less popular than it is now, and all those who make a living in this industry will eventually be affected. But who knows what will be the end result of the old men blasting away, selling books and holding events with a commercial focus, and doing whatever they want, and whether this is sustainable.

Annual sales of Harleys in Japan peaked at just over 20,000 units and have already dropped by less than half to nearly 8,000 units in 2020. As long as news like this continues, the industry will continue to slowly shrink. I used to have a slightly better impression of the industry and Harley-Davidson Brands, but I don't think that's the case anymore. That's not a small problem.











「ハーレーが商店街をクレープ屋に向けて暴走、その後への影響 Reckless riding news and impacts of brand in Japan」に関連する記事