Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソンニュース)#20- NEWS

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソンニュース)#20- NEWS » Magazines/Media » Roller Magazine Tomoya Nagase »

Roller Magazine Tomoya Nagase

スクリーンショット 2021-02-27 17.33.14_500.jpg

タイトルの通りだが、発売されたばかりのローラーマガジン38号、書店で買ってきた。タイトルにフィーチャーされているとおりTOKIOの長瀬氏が語るハーレーやチョッパーというのが一応メイン、コラムを引き受けた経緯や彼のハーレーに関する愛のある文章、写真、それからこんなんたくさん乗ってるのね、という愛車群はなかなか興味深かった。

私はいろんなハーレー雑誌を物色して気に入った号をピックして買うタイプなので、何かの雑誌に固執しているわけだけど、Rollerはお気に入りだし、ちゃんと考えられて作られていて勢いを感じられる。

個人的に好きなところは、まず写真主体というかちゃんと見せる、というか魅せるというところがとてもよい。テキストよりもそれなりにいろんな事を見てきて感じてきた人は写真を見るだけで多くの情報を得ることができる。エロ本のポエムみたいな写真に添えるコメントなんぞいらないのですよ。

あと、ちゃんと世界につながってる。
このアメリカのローカルなラリーを丹念に拾って記事にしてくれてる人のことはいろいろと仲間から聞いたことがあるけど、この存在は大きい。日本とアメリカ、その他地域の好きな人達を同時に感じれるってがすばらしい。

このあたりインスタのやれてることとよく似ているかもしれない。けどインスタは流れていくけどそれを紙にできてるってのはすごくって、日本語と英語で記事がかかれて、Rollerのウェブにアクセスすると英語でもウェブが読めるようになっているというのもすばらしいんじゃないと思ってる。

雑誌はおそらくこういう紙として残しておきたいというものだけが生き残って、ある程度のものは今以上にKindleのサブスクリプションの中などに溶けていくんだと思う。けどその時代が北にしても、日本語と英語の両方をサポートしてある読み物であれば、いろんなチャンスは少なくとも他の媒体よりもあると思う。

ということでオススメというか、めっちゃ好きですRoller!
雑誌不況な時代ではありますが、日本初のグローバル・メディアになるかもしれない彼らの活躍に今後も期待です。(ついでに自分も英語記事を付け足してみようと思う)

As the title says, I bought the just-released issue 38 of Roller Magazine at the bookstore. As the title says, the main article is about Harleys and choppers by Tomoya Nagase of TOKIO, and it was quite interesting to read about how he got the column, his love for vintage Harley-Davidson, his writings, his photos, and the many bikes he rides.

I'm the type of person who picks and buys the issues of Harley magazines that I like, but Roller is my vest favorite.

What I personally like about it is that it's very photo-centric, or rather, it's very good at showing, or rather, captivating. People who have seen and felt a lot more than text can get a lot of information just by looking at the pictures. There is no need for comments to accompany the photos, which are like poems in an erotic magazine

Also, they are connected to the world.

I've heard from a lot of my friends about this person who meticulously picks up local rallies in the US and writes about them. It's wonderful to be able to feel people who love old Harley-Davison in Japan, America, and other regions at the same time.

I think this is similar to what Instagram does. I also think it's great that the articles are written in both English and Japanese, and that when you access the Roller website, you can read the website in English as well.

I think magazines will probably survive only if they want to be kept in paper form, and to some extent they will dissolve into Kindle subscriptions and the like. But even if that time is in the north, I think there are more opportunities for reading material that supports both Japanese and English than any other media.

So, I recommend it, or rather, I like it a lot.
Although we are in the midst of a recession, I look forward to their continued success as they may become Japan's first global media outlet in motorcycle media.












「Roller Magazine Tomoya Nagase」に関連する記事