Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソンニュース)#16 NEWS

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソンニュース)#16 NEWS »

モンベルコンフォートシステムパッドの不具合

基本的にモンベル大好きで、バイクや山行の装備に数多くモンベル製品を導入している私ですが、一品だけどうしても許せないモノがありました。

R0031706_500.jpg

それはコンフォートシステムパッドという、いわゆるエアマットです。

バイクの旅だけでなく、自転車や山行にも使えるコンパクトさと軽さがいいなということで導入してみたんですが、1年も立たず使い始めて5回目くらい、しかも山行の途中に使用不可となってしまいました。

R0031708_500.jpg

どういうトラブルかというと空気を入れようとすると手前側だけがパンパンに膨らんで、全体に空気が行かなくなります。奥のほうはペラペラのまま。

R0031710_500.jpg

内部の生地なりが剥離しているぽい感じです。不幸にも標高の高い山で使用不可となってしまったため、その夜は寒さとの戦いになり、しかも残りの日程を諦めることになってしまいました。。。モンベル製品は結構信頼してたんですが、数回の使用でこういうふうになるってのはちとショックでした。その時の考えではエアマット全般への信頼がなくなり、代わりにやはり使用不可になる可能性がない普通のマットにしようという結論に。

R0031711_500.jpg

その後、選んだのはサーマレストのマット。もうエアマットは懲り懲りということで、モンベルのコンフォートシステムパッドはそのまま倉庫行きになり、年月が経ちましたが、、

今年北海道に久しぶりに行って、チャリダーらと情報交換でお茶してたときに、マットの話になりました。

自分「昔、モンベルのエアマット使ってたら剥離みたくなっちゃってそれ以来使ってないんだよね〜。サーマレストはいいんだけどちょっとかさばるのがね〜。」

チャリダー「ああ〜、それは自分のもそうでしたよ。だから言ったら交換してくれましたよ!」

自分「へっ?」

帰って、ネットで検索してみたら、たくさん同じような症状になった人が見つかりましたよ。





同じ症状がわんさかと。これ、製品不良やん。
なので、近くのモンベルのお店に持って行って状況を説明して、修理してくれないか相談したら修理依頼できるか確認してみますってことではや一ヶ月。

帰って来た答えが、

R0031712_500.jpg

修理不可

R0031714_500.jpg

経年劣化かよ(笑)5回しか使ってないのに。


ってことを店員にもう一回説明したんだけど、店員さんはそれを理解できてなかったみたいなので、コールセンターにもう一回対応してくれないか聞いてみることにする。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9/8 追記

今日、モンベルから連絡があった。上記の修理担当をした方からの連絡で、私のコンフォートシステムバッドは、モンベルの製造責任の対象ではないので保証はできないとのことだった。製造責任が生じたロットがあったということは言っていたので、他の人に交換などの対応が盗られたのはそれに該当したのかもしれない。

私のコンフォートシステムパッドが短い使用期間でダメになったことについて質問すると、期間ではなく、使用環境によるとのことで、頭部の汗などがマット内部に入り、それが理由で剥離が起こる可能性もある、背後から剥離するのがその理由だというコメントだった。

担当の人の説明は丁寧だったが、これ以上話しても無駄だろうなということで早々電話を切った。いちユーザーにとって買った製品がすぐにダメになったことについていくら理由を言われても後味が悪いことには変わらない。それと、どういう理由にしてもこのモンベルのコンフォートシステムパッド、もしくは他のエアマットもそうかもしれないが、耐久性が自分が想像していたより全然ないんだなというのははっきりとした。

汗が原因で剥離することもあるのなら、雨でテントが浸水したりすると当然マットは濡れる。濡れるとインナーが剥離しやすくなる。私は雨の日によくキャンプするので早期の剥離はそれが理由かもしれない。けどもそれならそういう理由によるリスクがあることは世の中でもっと語られてもいいような気がする。山行で下に敷くパッドが急に使えなくなるなんていうのは大変なリスクなわけだから。

ということで、このモンベルのコンフォートシステムパッドはアンコォンフォータブル(uncomfortable)な思い出だけを残してゴミ箱に行く。たぶん、この手のマットは二度と買うことはないだろうよ。