Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソンニュース)#15 NEWS

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソンニュース)#15 NEWS » Vintage Harley » パンヘッド オーバーホール 5 »

パンヘッド オーバーホール 5

オーバーホールの話、まだまだ続きます。
今日は前回のその4からの続きですね。

http://www.hdn.gr.jp/news/2015/archives/2015/12/-4.html

2015年7月4日、本格的な夏が始まる前のシーズン、今日も黙々と作業します。

DSC_0339_500.jpg

で、今日はロッカーアームがやっと装着。

DSC_0343_500.jpg

燃焼室もこのとおり、非常に綺麗になりましたよ。
なのでヘッド部分は完成ということで今日はピストンまわりをやります。

R0030070_500.jpg

こちらピストン、これをブラストします。側面と下部をマスキングしてブラストにかけます。

R0030075_500.jpg

ブラスト終了、このあと全体を丹念に洗浄していきます。

R0030181_500.jpg

そして今回のキモ、オイル上がりの原因であった劣化したオイルリングを新品に交換する。

R0030187_500.jpg

でリングであるが、ここハイライトモーターワークスだとクリアランスを最適にするためにトップリングとセカンドリングの組み合わせをいろいろ変えて使っているらしい。(詳細は説明してもらったが忘れたw)要は2セット買って特定のリングだけを使っているらしい。

R0030184_500.jpg

こんな感じ

R0030188_500.jpg

という組み合わせです。

R0030194_500.jpg

リングプライヤーでリングを取り付けます。リングの合口の位置関係に注意。

R0030195_500.jpg

リングが装着されピストンを留める。

R0030197_500.jpg

無事前後パンクにピストン設置完了、この位置でホールドします。

R0030199_500.jpg

ピストンをホールドしたままでシリンダーを1基づつセットしていく。

R0030201_500.jpg

シリンダーヘッドをさらに装着し、マウントボルトを順番に締めていきます。特にシリンダーベースは規定トルクで、シリンダーヘッドを締めるには各種変形工具を使って狭いクリアランスの中工夫して締めます。

その後はデスビや、周りのパーツをちょっとだけ追加。そして今日はここまでの作業でタイムアップ。やっぱ形ができてくるとやる気が俄然増しますね。

続きます










「パンヘッド オーバーホール 5」に関連する記事