Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソンニュース)#11 NEWS

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソンニュース)#11 NEWS » Parts & Accessories » SHORAI社リチウムイオンバッテリーは革命となるか? »

SHORAI社リチウムイオンバッテリーは革命となるか?

battery_400.jpg


リチウムイオンバッテリーとは、ラップトップパソコンや携帯電話、エネループなどで使用されている家電の分野ではおなじみのバッテリーだが、それがいよいよ国内で二輪用としてリリースされる。

海外で特に4輪の世界ではハイブリッドカー以外でも一部で鉛バッテリーと異なるリチウムイオン二次電池がまだ高価ながら使われだしているが、日本の二輪用バッテリーに革命は起こるのだろうか?

現在のリチウムイオンバッテリーは、LiCoO2が主流で一部LiNiO2、LiMn2O4 が商品化されているが、これらを自動車やバイクのバッテリーに利用するのはコストの問題がある。それは現行の正極材材料に はコバルト、マンガン、ニッケルのレアメタルが使用されているからで、この問題は簡単に解決するのは難しい。

また、これらの材料は高温時に酸素を放出してしまうために電池の異常時に発火・爆 発の危険性も危惧されるという安全上の問題がある。

そこでこれらの問題点を解決した新しい正極材料、 鉄リン酸リチウムLiFePO4を使ったLiFePO4というバッテリーを利用したバッテリーというのが今回ご紹介する米国SHORAI社のモノである。LiFePO4は鉄を用いるため資源、コスト的にメリットが大きく、高温時にも酸素を出さないため安全性も高い。

一方で、従来の素材と比較してLiFePO4にも電子導電性が低いため急速放電にはや不向きである弱点がある。

リチウムイオンバッテリーのメリットは、サイズがコンパクトでしかも軽く、安定的な出力を持っているなどのメリットが挙げられるが、実際のロードテストによって酷使された結果どんなトラブルが起こるかはまだはっきりとしてない部分が多い。

LiFePO4がバッテリー素材として世界的に注目されているのは事実なので、まだまだちょっと高めだがバッテリー交換の予定がある方はぜひ人柱になって使ってみて欲しいところ。ハーレーに使える12ボルトはもちろん6ボルト用もラインナップされている。オンラインストアは7月初旬オープンの予定だ。

shorai.jpg


(以下、SHORAI社の説明)

米国SHORAI社が製造・販売するバッテリーは、従来の鉛バッテリーとは全く異なった最新のLifePO4 (※)テクノロジーを搭載した次世代のバッテリーです。
※LiPO(リチウムポリマー)ではありません!非常に安全な技術です。

•自己放電率が少なくメンテナンス無しで1年後でも使用可能
•鉛バッテリーと比較して平均約2倍の耐久性
•一切の加工無しで純正バッテリーと交換可能
•米国防総省のミルスペック適合のカーボンコンポジットプラスチックケースを採用
•速いクランキングが可能な為、始動性抜群
•鉛バッテリーと比較して平均約1/5の超軽量
•超急速充電が可能。しかも安全
•鉛や希硫酸等を一切使用していない為、爆発する危険性がなく安全
•環境を破壊する鉛等を一切使用していない為、環境に優しい
•日本の最新技術を使用しているため信頼性抜群。


LifePO4 テクノロジーとは?

リスト米国マサチューセッツ工科大学在学中の学生が発明した最新の蓄電池技術です。極板材料をナノレベルに微小化した独自のN a n o p h o s p h a t e テクノロジーは超急速充放電を可能にし、LifePO4 という 安定した材料とのマッチングで、世界各界の企業のスポンサーを受け、21世紀アメリカンドリームを果たしました。 スポンサー参加企業はP & G 、M o t o r o l l a、Q u a l c o m、G E、やヨーロッパ自動車メーカー数社。米国G E 社を通じてボーイング社ジェットエンジン用スターターバッテリーにLifePO4 バッテリーが採用されています。

高い安全性を証明

以前のLipo(リチュウムポリマー)バッテリーはショートや高温時に爆発する危険性があり、取扱いが非常に困難でした。実際に携帯電話やパソコン等が発火したりバッテリー本体の発熱、変形が問題となりました。
これらの問題をクリアにするために開発されたLifePO4 バッテリーは、一般的な鉛バッテリーやLipo バッテリーよりも安全性が高く、取扱いが容易です。
<一般的なリチュウム電池>
・コバルト系のリチウム電池
L i C o O 2⇒c h a r g e L i 0 . 5 C o O 2⇒h e a t L i C o O 2 + C o 3 O 4 + O 2
・マンガン系のリチウム電池
L i M n 2 O 4⇒ c h a r g e M n O 2⇒ h e a t M n 2 O 3 + O 2
いずれも熱爆発の要因であるO 2 を放出します。
<LifePO4 電池>
・LifePO4⇒ c h a r g e F e P O 4 となりP - O の結合が強いためO 2 として放出されません。
つまり発火や爆発する恐れのあるガスが全く発生しません。

自己放電率1/7&約2倍の耐久性

SHORAI社製バッテリーは、従来の鉛バッテリーと比較して自己放電率が約1/7以下という優れた能力を持っています。
その証として充電済みの状態で一年間放置しておいても全く問題なく使用可能です。
また鉛バッテリーと同等の使用環境であれば約2倍の耐久性を誇ります。平均的な高性能鉛バッテリーの寿命が2 年半~3 年であるのに対して、SHORAI社製バッテリーは5 年~6 年使用する事が可能です。(使用する頻度や環境によって異なります。)
性能が劣化してきた場合には標準装備されているバランスコネクターを専用の充電器に接続し、各セルのバランスを整える事によって更に寿命を延ばす事が可能です。

超小型・超軽量(約1/5)

SHORAI社製バッテリーは従来の鉛バッテリーと比較して平均約1/5の重量しかありません。またバッテリーケースもミリタリースペックに適合した強靭で軽量なカーボンコンポジットプラスチックを使用しています。

※この超小型・超軽量バッテリーを車両のバッテリーケースに収める為に、サイズの異なる数種類のフォームパッドも付属しているので、どんな車両にも取付け可能です。

メンテナンスフリー

通常の使用環境であれば充電器やバッテリーテンダーを使用する必要がありません。車両に取付けたままの状態で数ヶ月放置しておいても問題なく始動することが可能です。

ハイパワーで始動性抜群

SHORAI社製バッテリーは究極のディープサイクルバッテリーと呼ばれ、従来の鉛バッテリーのように負荷が掛かってもクランキング能力の低下がほとんどありません。このため車両の始動性が上がり、車両の持っている性能を100%引き出す事が可能です。

超急速充電が可能

SHORAI社製バッテリーは高い電圧で充電する事が可能です。例えば容量が18Ah のバッテリーは最大18Ah で急速充電する事が出来ます。また充電中に爆発の危険があるガスを発生しないため安全に充電する事が可能です。

環境に優しい製品

SHORAI社製バッテリーは鉛バッテリーのような有害な金属や希硫酸を含まない為、環境を破壊する事がありません。また使用時にも有害なガス等を発生しない為、人体に悪影響を与える事がありません。

 











コメント(1)

>N a n o p h o s p h a t e
>L i C o O 2⇒c h a r g e L i 0 . 5 C o O 2⇒h e a t L i C o O 2 + C o 3 O 4 + O 2
>L i M n 2 O 4⇒ c h a r g e M n O 2⇒ h e a t M n 2 O 3 + O 2
>・LifePO4⇒ c h a r g e F e P O 4 となりP - O の結合が強いため

いちいち文字間にスペース、何のために・・・
読みにくすぎる・・・


「SHORAI社リチウムイオンバッテリーは革命となるか?」に関連する記事