Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソンニュース)#11 NEWS

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソンニュース)#11 NEWS » NEWS » 高速道路新料金制度決まる。バイクは上限1000円に »

高速道路新料金制度決まる。バイクは上限1000円に

いろいろご指摘いただいたので加筆修正しました。

etc.jpeg

昨日、4月1日から適用される高速道路の新料金制度についての報道がありました。
ハーレーのサイトなので、それのみに絞ってまとめると、ハーレーを含む二輪車は料金区分で軽自動車に属するため、

ETC装着車:

平日・休日とも上限1000円

ETC未装着車:

平日・休日とも上限2000円 1000円

となります。

さらに、本州四国連絡道路の乗り継ぎ特例上乗せ料金500円はETCのみ適用。
首都、阪神高速は2012年中に現在の定額制から距離別料金へ移行するため、ETCを利用する場合は距離に応じて全線で500~900円とする。現金払いは一律900円と、現在の首都高東京線や阪神高速阪神東線の普通車料金700円からすると値上げとなります。

このあたりは使い方によりますが、メリットを享受できる人と、実質値上げになる場合と分かれるでしょう。

ETC装着による大幅なメリットが薄まったのが今回の制度変更なのかなと個人的には思います。6ボルト車にETCをつけるべきかはまた悩ましい問題になりました。 

料金体系としてETCありなしに関わらず同じ条件となってしまったため、ゲートをさっと抜けたい以外にETCを装着するメリットがほぼなくなったということになります。


今回の料金制度は3年間続きますが、たぶん民主党はそのあとのことなんてまだ何にも考えていないんでしょうね。












コメント(3)

いつも拝見させて頂いてます。
高速道路新料金制度ですが
軽自動車はETCの搭載を問わず、平日休日ともに上限が1000円。
だと思います。
これでETCを付けなくてもOKと思いましたので・・・。


国交省の発表資料には
「上限制は現金車にも適用することとし、全日2,000円(軽1,000円)とする」
とありますね


taketori さん、ビッグオッパイスキーさん

情報ありがとうございます。今日のリリースで確認できました。記事訂正します。


「高速道路新料金制度決まる。バイクは上限1000円に」に関連する記事