Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#10 NEWS

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#10 NEWS » Vintage Harley » sembaにファクトリーレーサーを見に行く »

sembaにファクトリーレーサーを見に行く

羽田空港を飛び立ったANAはあっけないくらいすぐに着陸態勢に入ったからシートベルトをしてくれと機内アナウンスで知らせてきた。羽田から大阪伊丹空港の間の飛行時間は約1時間。うとうとしていたのにあっという間に、着陸していまった。

IMG_3757[1].jpg

迎えに来てくれたのは、ブログハーレーの主催者の池浦さん。神戸に居をかまえてもう一年半になる。池浦さんと初めてあったはだいぶ昔なんだけど自分が98年にこのハーレーの世界に殴りこみをかけてきていろんなことをやり続けてきたのだけど、ブログハーレーというか池浦さんのやり方は自分とも違って新しいなと思ったんだよね。そんな縁で、キャンプの道に無理やり引き込んだりしたりさせてもらったが、今ではキャンパーとしてエンスーなところまで知らないうちにいっちゃったと。

けど、今回はやけどの怪我が何も影響がなさそうでよかった。すくなくとも外見上は。もうしばらく自主規制してくださいな。

IMG_3759[1].jpg

そして船場の横のダイナーのUKで山もりゴハンを食べる。これはジャップチョップとかいうガーリック風味のゴハンにハンバーグと目玉焼きのロコモコ風ご飯。

IMG_3763[1].jpg

そして今回の主役であるハーレーダビッドソンのファクトリーレーサー。型番としてはFHBということらしい。一緒に来ていた他の人はあまり意に介していないみたいだが、自分は結構聞き入ってしまったロマンチックなストーリーがあった。

この純正ファクトリーレーサーだが、もともと1920年代に日本に輸入され、日本人が船橋などのオートレースで乗りまわしていたマシンである。

IMG_3767[1].jpg

すごいでしょ、この写真。学ランの兄さんとご本人と。シマムラさんという有名なレーサーの方だったらしい。。しかもこのマシンとともにこれらの歴史の写真と、船橋でのレースで勝ち取ったトロフィーまでセットで展示されている。つまりこのマシンとともに過去に獲得したタイトルのトロフィーまで一緒についてまわっているのだ。


IMG_3768[1].jpg

IMG_3771[1].jpg

自分でも実物を見るのは初めてだったのですが、ファクトリーレーサーは明らかにボードテールなあのカクカクとしたラインとは違いますよね。しかしすばらしいコンディションでうっとり。

IMG_3772[1].jpg

IMG_3773[1].jpg

IMG_3774[1].jpg

IMG_3777[1].jpg

ちなみにこの108ですが、日本でのレースの登録番号は801だったらしく、アメリカ読みと昔は右から数字を読んでいた日本読みの違いの名残だそうです。

IMG_3780[1].jpg

ファクトリーレーサーにしてはマフラーがヴィンセントみたく長いところが不思議なところ。普通のレーサーはショーティーなマフラーだよね。予告のサイトでマフラーだけ見せていたのはひっかけだったというわけだ。










「sembaにファクトリーレーサーを見に行く」に関連する記事