Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#10 NEWS

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#10 NEWS » Vintage Harley » sembaにファクトリーレーサーを見に行く2 »

sembaにファクトリーレーサーを見に行く2

このバイクは日本人が20年代に手に入れて国内でレーサーでとして活躍し、奇跡的に戦火を逃れたのち、そのレーサーから朝鮮戦争のために来日された米軍のエンジニアGeorge Skeets氏に売却されているが不思議な運命を感じさせる車両である。

つまりこんな感じ。

19xx年    Serior Skeets氏がファクトリーレーサーの開発に関わる
1920-1940 シマムラ氏が輸入し購入、のち日本にてレーサーとして活躍
1940年代  息子であるGeorge Skeetsが朝鮮戦争の従軍部隊として来日、このファクトリーレーサーの整備も手掛ける、その後シマムラ氏からGeoge Skeetsにこの車両が譲渡される。
Geroge Skeets氏はこの車両をアメリカへ引き上げる。
21世紀    George Skeets氏が死去、ブローカーを介して歴史を示す資料とともに日本へ。

いろいろと質問していると岡田学さんが考察の資料を出してくれた。

IMG_3781[1].jpg

これ、このバイクなんだけど、レーサーが誰かよくわからない。

IMG_3802[1].jpg

添付されている文書には、この写真に写っているのはWadaだと書いてある。カールさんでしょうか?w 後方に見える建物が日本っぽくないけど、写っている何人かはすべてアジア人っぽい人。謎な一枚だ。

IMG_3784[1].jpg

飛んだところもなぜか資料として残ってる。この時代フィルムのカメラや現像の手段が貴重だったことは想像に難くないが、よくもまあクラッシュの瞬間を捉えたよなと思う。


IMG_3788[1].jpg

彼がGeorge Skeets、このファクトリーレーサーをアメリカに持ち帰った張本人。彼がこのファクトリーレーサーの価値が分っていたからこそこれほどの貴重なマシンが保存状態良好なまま現代に残っているわけだ。どうも彼はアメリカ本国と従軍地の間の車両移動を結構自由に扱える立場だったらしく、跨る39ナックルも同じくアメリカ本国に朝鮮戦争後に戻された模様。


IMG_3799[1].jpg


若いころのシマムラ氏とレース関係者?バイクは違う。
いろんな考察が必要な一枚。












「sembaにファクトリーレーサーを見に行く2」に関連する記事