Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#10 NEWS

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#10 NEWS » FRIENDS » UL、足柄SAでついにレッカー! »

UL、足柄SAでついにレッカー!

昨日メタリカを見に行ったときの飲み会で、小江戸フリージャムの話が出て自分も誘われたのだけどそういやバイクないから残念ながら行けませんという答えになったのだけど、そういえば自分のバイクの修理の進捗ってどうなったんだっけ?

ハイライトにピックアップしてもらったのは、9月のアタマだったのだけど上がりの期日を指定しなかったので気になってスーさんに電話してみた。

「いや、もうあがってますよ。」

さすが、スーさん。というかこの人、修理終わっても、終わりましたって連絡くれないんだよねw
早くピックアップしてもらったほうが都合がいいだろうに、マイペースな人だわ。

電車に乗って、大磯駅からハイライトのショップまで歩いていった。距離的には4キロくらいだろうか。このハイライトは陸の孤島のような場所にあるので、もっとも近くのバス停でも1時間に一本くらいしかないんだよね。

ハイライトの店につくと、スーさんはいなくて常連さんが店番してたw
どうも誰かがレッカーを要請したようで、ピックアップ用のサニトラを自宅まで取りに戻ったらしい。

パンは見事に整備されていて、エンジン音、バイクから受けるパルスというかフィーリングがとてもグッド。船場だろうがハイライトだろうが、店に整備してもらった直後はかなり調子がよい。そういうときの感覚はできるだけ覚えようとしていて、今回もそのフィーリングは昔感じたことがある懐かしい感じ。ああ、いいよね。これがあるからパンヘッドのエンジンフィールはやめられない。

IMG_2096[1].jpg


IMG_2097[1].jpg


スーさんが帰ってきて、しばし英車談義。けどそんなことしてる場合じゃなくってそろそろ足柄SA行かないと。んで、自分も慣らしかねて自分もついていくことにした。結果的にこれが大失敗になるわけだが。

山道をガンガン走って秦野中井から東名高速道路の下り車線へ。そして足柄に着くと見たことがあるバイクがありました。

IMG_2099[1].jpg



別に事故直後の写真ではありません。
あの赤いULの主こと小田原ブルルン滞在記のコーモンさまはキック始動と試行錯誤にまだがんばっていますが、それに付き合わされている友人らは地面で寝ていたり、悪態をついて工具ボックスにケリを入れたりしていますw

IMG_2100[1].jpg


聞いたところによると、山梨のほったらかし温泉に男三人で向かう途中、この足柄SA近くでバックファイヤーが頻発するようになり、ここに着いたところでうんともすんとも言わなくなった模様。そしてなんとこの場所に朝から7時間もずっとここで故障診断を続けているんだってさ。。。。

確かに通電もせず、ライトもつかず。しかしバッテリーは生きている。

IMG_2101[1].jpg


まずはコイルを疑ってみる。みな救いの神にすがるよう。

IMG_2102[1].jpg


そんでやったという配線まわりを丁寧にもう一度チェック。外野はひたすら悪態をつきます。

IMG_2104[1].jpg


次はメーターダッシュまわりの配線をチェック。ここも基本的には問題ないっすね。

IMG_2105[1].jpg


コーモンさま持参のテスター。こんなゴツイのは持っているのだけど、工具はあんまりもってないようです。このアンバランスはいかに?しかしポイントまわりにも電気はきている。。。。

IMG_2103[1].jpg


しかし恐れていたことが、、、ポツポツと雨が降り出してきた。
一同撤収することに決めて、バイクはドナドナに。

IMG_2106[1].jpg


ご愁傷さまです。しかし原因がまったくわからんね。
帰りは大井松田から35キロの渋滞と、山岳地帯では滝のような土砂降りに遭遇。
雨合羽もなく、軽装なTシャツ仕様だったので、心と体の芯までかなり冷え冷えになりましたとさ。
なんか彼の不運がそのままその場にいた全員にも感染した感じ。

しかし早く直るといいですね。












コメント(2)

ネットで見て回ってます^^ ドナドナは切ないですね^^;


そうですね。けどみんなキャラが明るいので最後まで毒舌はいて元気でしたよ^^


「UL、足柄SAでついにレッカー!」に関連する記事