Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#10 NEWS

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#10 NEWS » SHOP » MXMG Manxman Garage訪問 その1 »

MXMG Manxman Garage訪問 その1

昨年お店のオープン時のBBQのお誘い受けたのだけど、都合が悪くて参加できなかったMXMG Manxman Garage訪問。ずっと気になってた。ブログを見たところ新年は普通に営業してるみたいだし、今日はとってもすばらしい天候に朝から恵まれていたので、行くなら今日だなと準備を始める。

一瞬車で行こうかなという気持ちが頭をもたげる。高速道路だと千円であっという間だし。けどバイクのガレージだからバイクで行くことにした。しばらく走ってないし、調べてみると片道80キロくらいの距離しかない。

海沿いに西へ向かい、箱根を越えて静岡県側に向かうためには西湘バイパスを走って小田原の先で伊豆に向かう車と別れて元箱根を目指すのが手っとり早いのだけど、私はあまり海沿いを流すより、もうちょっと内陸の国道1号線沿いをゆっくり走りながらゆっくりと箱根に近づいていくのか好きなんだよね。さすがに旧街道だけあって一番眺めがよい場所をずっと通り続ける国道1号。真正面に向かうべく箱根の山の合間に向かってずっと一直線に近づいていく感じだ。

しかし連休の中日ということもあって、箱根に向かう渋滞はものすごい列をなしていて、小田原厚木道路の合流、そして元箱根の温泉街のあたりのダラーっとした観光地渋滞がハンパじゃない。フットワークが軽いバイクだからのルートということで、いつも自転車で登っている旧道へそれる。

旧道に入って数100メートル。セブンイレブンを通り過ぎたあたりの激坂でゴムが焼ける匂いと、エンジンの吹上ぐあいに不調をきたしたが、エンジンはすぐに止まった。

直感で分かった。あれだ!またあれだ!


IMG_9871[1].jpg

激坂の止まったとこでイグニッションをオフ。そして力づくでUターンして坂をエンジンオフのままできるだけ下まで降りる。

遠くに国道1号の本道が見えるところまで降りると、そこからは微妙な登り坂。そこの道路脇にバイクを寄せた。それからすぐにヒューズを抜く。ここは経験上の体の動き。

見るとやはりマイナスのアース線が焼けて切れていた。原因はどうもバッテリとバッテリカバーの上に置いていたゴムのクッションが吹っ飛んでしまったためにカバーがまた落ちてバッテリ端子と接触したと思われる。このやり方はとても危険な、もうやめよう・・・。予備の配線を取り出してむき、北海道でやったように応急処置でジョイント。実質時間5分くらい?手慣れているのもどうかと思うが、北海道の反省で常に完璧に応急処置ができるような機材を持ち歩くように心がけているので大丈夫。

イグニッションをまたオンにすると当たり前だが、OK。ここで念のため戻るかどうかのほうが迷った。けどMXMGさんには行くって約束してたし、先方はバイク屋さんだし、なんとかなるだろうと気分を入れ替える。旧道では、、、自転車で登るロードバイク達を観光バスたちのノロノロとしたペースで登り、芦ノ湖へ。そして三島まではハイペースで箱根を下った。三島と沼津の主要道路もかなり渋滞していて店の近くまでは片道2時間半くらいはかかっただろうか。

IMG_9874[1].jpg

IMG_9873[1].jpg


店は沼津の1号線沿いにあるハーレーダビッドソンのディーラーの裏、数ブロックの場所にある。通りからは隣の店のGraceというアメ車屋の看板しか出てないので最初は通り過ぎてしまった。


IMG_9923[1].jpg

IMG_9924[1].jpg

この工場長屋っぽい並びの奥にMXMGはある。


































コメント(2)

先日はお忙しい中ありがとございました!
次回は是非ゆっくりと沼津の幸を食べに行きましょう!

CODもなるべく参戦してレベルを上げていきたいです。
しばらく休戦していたら皆さんレベルが上がっていてびっくりしました・・・頑張ります!


そりゃああの方々の練習度はすごいですからねー。
次は水曜にお会いしましょう!


「MXMG Manxman Garage訪問 その1」に関連する記事