Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#09 NEWS

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#09 NEWS » H-D Company » 2009-2010年のツーリングモデル、トライク111,569台がリコール

2009-2010年のツーリングモデル、トライク111,569台がリコール

turing.jpg


ご意見番3でTARUさんが報告してくれているが、2009年と2010年モデルのツーリングファミリー、CVOモデル、そして日本には輸入されていないがトライクあわせて111,569台がアメリカでリコール対象として発表されている。

対象となる車両は2008年6月6日から2009年11月19日までに生産されたものが対象。バイクが前面衝突した場合、フレームや燃料タンクのマウントが損傷し、そこから燃料漏れが生じることで乗員が燃料の爆発により深刻なダメージを受ける可能性が指摘されている。

全米のディーラーでは、タンクのフロントマウントの左右両側にクラッシュ時の衝撃を緩和するための部品の取り付けを無料で行うとしている。

現時点でHDJからの日本国内におけるリコール届はされていない。

NHTSAのサイトはこちらから











「2009-2010年のツーリングモデル、トライク111,569台がリコール」に関連する記事