Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#09 NEWS Monthly Archives

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#09 NEWS » April 2009 Archive

2009:04:29:22:55:53

ハイライト vol.1

» 久しぶりにチャリ(MTB)で箱根までいってきた。 最高の行楽日和になった湘南の海辺はたくさんの人が出てました。自転車のメーター読みでは片道65キロで計130キロ。これは途中で撮ったやつだけど結構な運動になりました。海沿いのサイクリングロードは結構にぎやか。波は残念ながらほとんどないので、サーフィン目当てだとつらい休日ですね。最近海岸沿いではパラグライダーをよくみかけます。エンジン背負っている人と、そうでない人もいるみたいだけど今日の人はひたすら基本を練習させられているみたいでした。まあだから当然サーフィンなんかやんないでバーベキューでもやるかって話になりますよね。 のんびり写真を撮ってたら、知り合いのサーフショップの人に声かけられたのだけど、参加はしませんよ!w 今日は遠くまで走ります。もう5年くらい乗っているJamis(ジェイミス)のダコタというMTBです。コンポはXTでブレーキはワイヤーのディスクでAvidのものが装着されています。自転車にも油圧式ブレーキがありますが、メンテ考えるとこっちがいいですね。ブレーキパッドが高めだということはマイナスですが、めっちゃブレーキ利きます。リヤにキャリアをつけてみたけど、結局はどこにもいかないなあ。とにかくロードバイクとは別に私の足でめっちゃ優秀なチャリです。 久しぶりに箱根の七曲をのぼり(あまりにもきつかったので写真なし)、帰りに大磯のハイライトに寄りました。
Categories : SHOP

2009-04-29

2009:04:26:23:58:37

EXスポーツ Legend of Vibration

» スカパーのCh282、EXスポーツがLegend of Vibrationと題して、ハーレーダビッドソンに関わる人たちのインタビューなどを連続放映中。 EXスポーツ 4月29日 00:00-00:30  HARLEY-DAVIDSON #1 EXスポーツ 4月29日 00:30-01:00 HARLEY-DAVIDSON #2 EXスポーツ 4月29日 05:00-05:30 HARLEY-DAVIDSON #1 EXスポーツ 4月29日 05:30-06:00 HARLEY-DAVIDSON #2 EXスポーツ 5月2日 05:00-05:30 HARLEY-DAVIDSON #3 EXスポーツ 5月2日 05:30-06:00 HARLEY-DAVIDSON #4 スカパーのチャンネルを見ることが出来る人はチェックしてみてもおもろいですよ。 私が昨日夜にたまたま発見した番組にはジョッキーのおやっさんと、ナイスモーターサイクルのボヘミアン岡田氏が出てました。日本にもこんな番組あるんだね。確かにいい加減なムラな塗り方。がそこにサビありだと氏はいう。レポーターは一般的な質問しかできないのか、そもそも番組のコンセプトがそうだからなのか知らないが、最後までかみ合ってなかった。&このパンチョッパー最高だと思うんだよねえ、このライザー~そんでバイクの格好よさは何ですかとレポーターに聞かれ、 フレームの格好よさでバイクの格好よさは決まるという話になった。今回の番組で唯一話がかみ合った瞬間。つーことでおしまい。 後援はハーレーダビッドソンジャパンでした。(マジ)
Categories : Magazines/Media, SHOP

2009-04-26

2009:04:26:23:05:48

金太郎キャンプミーティング

» 小田原ブルルン滞在記のコーモンさまが主催するキャンプミーティング、その名も「金太郎ミーティング」が5月5日(火)のこどもの日に神奈川県南足柄郡の小さなキャンプ場にて開催されます。利用料はバンガローの利用料のみで食材、のみものは各自持ち込みという緩いキャンプです。みなさんもいかがでしょうか。私も行こうかと思っていろいろ検討しています。 なんとこの南足柄のこのキャンプ場ですが、金太郎が生まれ育った場所らしく、金太郎の生家や熊と戦った川など金太郎が担当できる豪華キャンプ。しかもほぼ貸切のようで、ゴールデンウイークに行く場所がまだ決まっていないあなたにもピッタリ。 参加条件: ツインカムでもエヴォでもショベルでもパンでもナックルでもサイドでも チョッパーでも純正でもなんでもいい、楽しくハーレーに乗っている方。 縛りは特にありません。 車で参加もOKです。チャリもOK。 毎日の仕事で疲れている方はマイナスイオン全開の場所で思いっきり ビールをしこたま、飲みましょう。 みんなで語り合い、楽しくお酒を飲めればそれでいいのだ。 開催日時:5月5日(火)12:00~~5月6日(水)12:00まで  前日の正午の時点で当日の降水確率が60%以上であれば中止の予定。  それでもやるかも・・・・です。 場所:神奈川県南足柄市矢倉沢2664 夕日の滝バンガロー(一番奥) 費用:基本的に宿泊費のみですが、30帖の部屋をチャーターしてありますので    多く参加すれば安いです。(1000円~1500円程度) 必需品:寝袋、食材、飲み物、各自の椅子、耳栓? 注意:◎夜はそこそこ冷えるかもしれませんので、防寒対策は必要です。     ◎携帯電話はたぶん圏外になりますので、途中で捨ててきてください。     ◎ゴミは各自できるだけ持ち帰っていただければ幸いです。     ◎キャンプ地の近くには民家も御座いますのでくれぐれも 空ぶかし、非常識な時間帯での入場はやめてください。バイクを川に投げます。 人数をある程度把握しておきたいので、ここまでMAILください                ↓ kenbou60@hotmail.com 詳しくは小田原ブルルン滞在記まで
Categories : CAMP, MEETING

2009-04-26

2009:04:20:10:20:29

アメリカ製という憂鬱

» アメリカや中国や韓国、そしてヨーロッパなどでよくも悪くもたくさんのパーツが作られ、そしてアメリカで使われているという事実。 最近の不況のせいか、アメリカでは国産(アメリカ製)であることを支持するふりをしているだけだと、ハーレーダビッドソン社そのものとディーラー、パーツメーカーなどがヒステリックな非難にさらされている。 数多くの米国の会社が海外の下請けメーカーの工場にパーツを発注し、最終的なエンドユーザーにそのパーツがどこで作られたかを知らせずに売っているという現状がクローズアップされてきたのだ。  政治的にも経済的にもアメリカの製造業と米国社会は、 「この国を支持します」 「アメリカ製を買いましょう」 というセリフを強いられている。 欲しいものを買い、知識がある消費者になるべき、アメリカ製というのはまやかしであることをもっとハーレーオーナーは知っておこうというのがネットで議論される一般的な話の流れ。 そもそもこの手の話はもとからいろんな形で語られていたが、今回の論争の発端になったのは、リベラ製のトランスミッションのことだ。ほとんどのユーザーが知らない事実としてフォーカスされたのは、リベラ製のトランスミッションは韓国の工場で作られていたということだ。メーカーは韓国製であることを認めたが、OEMでそれを販売するパーツメーカーはアメリカ製であることを感じさせる広告で、しかもより高い販売価格をつけて売っていることに非難が集中した。 ここ半年ほどアメリカのパーツメーカーのサイトではアメリカ製であることをわざわざ商品ごとに表記することが多くなってきた。コレは愛国心の表れではあるけれど、同時に中国、台湾、韓国などアジアに製作をアウトソースし粗悪な品質のパーツを供給しつづけてきたパーツメーカーへのうっぷんがたまっていたユーザーの怒りが爆発したものといえる。 すでにアクセサリー、アパレルなどはほとんど中国製になってしまったディーラーの状況などを冷静にとらえ、一部では外国産への流れを擁護する声もあるがどちらかというとそれは少数派。あなたはどう思いますか?
Categories : Parts & Accessories

2009-04-20

2009:04:15:00:09:10

フィッシュデザインのチョッパー

» トヨタのプリウスやホンダのインサイトのようなハイブリッドカーが人気の一方で、一瞬のうちに世間の関心の隅に追いやられてしまった感のある大排気量の SUVや高級車たち。環境技術や低燃費な乗り物への関心がそのうち二輪の業界にもやってきて、業界が発売する新車が今と180度違うものになるのもそう未来の話ではないかもしれません。 このフィッシュデザインが製作した'グリーン'チョッパーはそんな次世代に出るであろうチョッパーの姿を先取りして作られたコンセプトチョッパー。 製作者いわく、「このバイクを作った目的は、'リアル'なエンジンを持たず、排気音もなく、トラディショナルなデザインを持つバイクのコンセプトを確認することなんだ。ハイブリッドエンジンは今のハーレーダビッドソンのVツインエンジンのように美しくもないし、ハイブリッドバイクがどんなパーツの集合体になるかを試してみたかったんだ。」とのこと。 コンセプトキーワードは、"パワフルでエレガンス"ということだ。 まだまだ実際のところ見た目はまだまだかなり変だが、ハイブリッドエンジンの加速のレスポンスはどんなバイクよりもエキサイティングらしい。 Fish Design(フィッシュデザイン)のホームページはこちら(英語)
Categories : MOTORCYCLES

2009-04-15

2009:04:14:20:32:43

Blog Harley 移住計画

» ブログハーレーのikeuraさんが東京を脱出して神戸に移住するそうです。 それがきっかけでメールをいろいろ交わしたが、会社はすでに遠隔でどこからでも運営できる体制に変えていて、コストの面でも有利な地方でのんびりした生活やハーレーを満喫する生活を送るらしい。 IT業界では、リモートアクセスの普及によってかつてSOHOという自宅から仕事をする環境がやってくるんじゃないかという話があったけれど、結局仕事をする大元の環境、例えば雇用主とか経営者などからそれを変えていけないと全体が変わらないので、技術的には可能だけどなかなか進まない話として最近はずいぶんと下火になっていたはず。 ikeuraさん曰く、神戸は東京の半分のコストですむらしく、マンション生活などでは得られなかった田舎暮らしとさらにハーレーどっぷりの生活に舵を切るとのこと。それからそもそもの住環境、例えばアパートやマンションの構造がバイクに乗る生活を想定しない作りになっていることのストレスを考えると、ガレージ付きの家をたてて、野趣あふれる日常生活を送るという選択はハーレー乗り的には至福な生活だろう。 首都圏でハーレー店舗をさらに強化するというハーレーダビッドソンジャパンの社長の話も聞こえてくるが、首都圏でハーレーを維持し乗るためのハードルは免許制度とは反対に高くなってきるような気がする。駐輪や盗難の問題によって気軽にチョイ乗りってわけにもいかない。そもそもそのあたりの需要はバイクから自転車にどんどん変わりつつあるし・・・。 今まではそれでもそれを乗り越えられるだけの好きな人が、バイクガレージを借りたりして苦労しつつ乗っていたわけだが、ハーレーを高いコストをかけて"飼う"ことをさっぱり辞める人が、これから免許を取る人よりも多くなったりするんじゃないかとも思う。 仕事の関係で東京から離れられないというのが、おそらく東京近郊の大多数のハーレー乗りの状況だと考えると、今回のikeura氏の決断はとてもうらやましい状況である。 ハーレーに乗るため、人生を真に楽しむために自分の生活を思うがままに組み立てられる人はそんなに多くない。週末だけの余暇としての自由を楽しむだけで精いっぱい。みんななんだかんだで仕事とシガラミに縛られているのだ。
Categories : FRIENDS

2009-04-14

2009:04:14:01:06:30

カスタムクローム ヨーロッパディーラーショー

» 先日ドイツにてCustom Chorome Europe Dealer Show(カスタムクローム ヨーロッパ ディーラーショー)が開催されました。これはヨーロッパにおける最大規模のショーのひとつで、AMD Championship of Custom Bike Buildingもかねています。 リセッションの影響はヨーロッパでも少なからずあるにしてもカスタムクロームのディーラーは順調に拡大しており、パーツを扱うディーラーやカスタムビルダーは今もなお拡大しているとのこと。 カスタムショーは116名のビルダーが140台のバイクを出展。栄冠に輝いたバイクは、スタージスで開催れるAMDワールドチャンピオンシップにエントリーされることになっています。 カスタムクロームのプレジデント Holger Mohr氏とAMDショーのホストChris McGee氏は、エントリーされたそれぞれのカスタムバイクのクオリティがとてお高いと賞賛するコメントを出しました。 気になる最優秀カスタムバイクとして選ばれたのは、イタリアナポリのショップ, BIG TWIN MotorsのLuigi "Gigi" Esposito号が選ばれました。 またショーの期間中にアレンネスがカスタムビルダーレジェントとしての功労賞をカスタムクロームから表彰されてます。
Categories : CUSTOM

2009-04-14

2009:04:13:11:36:03

アメリカンチョッパー シーズン6

» 日本でもディスカバリーチャンネルで放送中の番組「アメリカンチョッパー」があちらアメリカでとうとうシーズン6に突入するようです。1シーズン24話なのでかなりの長寿番組になりましたね。 依頼してきた会社をイメージしたカスタムバイクを制作するのがメインの話なので、ずっと見ているとワンパターンな話は飽きも早い。もうそろそろさすがにネタもないから終わるだろと思っていたのですが、シーズン6に突入はちょっとビックリしました。 同じことを思っているアメリカ人も多いみたいでネットでも賛否両論。が、しかしそんなネットのやり取りを見ていて途中で気づきました。この番組は別にバイカー向けじゃないので一般コンシューマーに受ける内容で視聴率がよければよいのだと。MTVのオズボーンファミリーも別にオジーオズボーンやブラックサバスのファン向けの番組じゃあないけどヒットしたけど、そんなもんか。 しかし、彼らの商業的な成功に学ぶべきところが多いのも事実。wal-martで彼らのTシャツやグッズなどが大量に売られているのをよく目にしますが、番組の出演料だけじゃなく、グッズの展開など自分たちをうまくキャラクター化させて本業以外のところをうまくコントロールした才能はすごい。 他のショップやビルダーをモチーフに二匹目のどじょうを狙った番組も作られましたが、彼らほどコマーシャルな番組にはなりませんでした。、そうこうしている間も番組は続き、彼らの店は放送のたびにどんどん大きくなっていて、いまや空港のターミナルみたいにでかいです。こうなったら最後はどうなってしまうのか?と逆に気になりますな。
Categories : Magazines/Media

2009-04-13