Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#09 NEWS Monthly Archives

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#09 NEWS » March 2009 Archive

2009:03:31:00:10:34

バイク用ドライブレコーダー 「クルマメ バイカム」

» KYBはこのほど、バイク用のドライブレコーダー「クルマメバイカム」を開発した。 屋外でも使える防水構造仕様で、一般のバイクユーザーはもちろん、バイク便ライダーなど業務用途への拡大も目指すという。 同製品は、本体とカメラを一体化させることで、小型・軽量化を実現。水深1mの水中に没しても問題ないことを示す「IPX7基準」に相当しており、雨天時にも使うことができる。  使用時は、専用のクリップでハンドルのパイプに固定する。車のダッシュボードに設置することで、自動車にも搭載可能。電源は車両バッテリーとの接続により供給される。8時間以上の連続記録が可能で、「1日の業務はカバーできる」と丸氏。内蔵電池も搭載されており、単独での動作も可能だ。  また、同社の一連のドラレコ製品とは異なり、同製品は常時録画タイプ。映像と音声、加速度等の走行情報を記録する。同氏は、同製品の狙いについて、「映像を記録するというドラレコ本来の目的に加えて、走行情報の分析によるライディング技術の向上にもお役立ていただける」と話す。あらかじめ設定した数値以上の加速度を感知すると警告音が発せられ、注意を促す機能もある。 メモリーにはSDカードを採用。映像はWindows Media Playerで再生させることができ、専門のソフトなどは不要。AVケーブルの接続によりテレビに映し出すこともできるなど、「手軽に映像を確認できる」のも同製品の特徴のひとつ。日時や加速度などの詳細な情報を見る場合には、同社HPからビューワーソフトを無償でダウンロードすることができる。なお、帳票類も備えた高度な解析ソフトは別売りで提供する予定だという。  価格はオープンだが、1台3万円前後を想定。4月中の発売を予定している。年間で2万台の販売を目指す。
Categories : GOODS

2009-03-31

2009:03:30:11:58:22

季刊「バイカーモンNo.5」

» 昔からバイブズのファッション&アクセサリー系の別冊はパスすることが多かったのですが、時々気になってチェックしているバイブズ別冊のバイカーモン。これは読み物としてとってもおもしろかった。旅という軸だったからかな?何気に巻頭の特集が気合い入っていて、本誌よりおもしろかったりします。 巻頭特集は「ハーレーと旅するモノ」。 旅をするバイカーたちにとっての相棒とは、バイカーズオンリーのサドルバッグ&ツールバッグ。 それぞれの価値観で共に長い旅を続けてきた車載バッグの物語。 そしてバイカーたちが自己流にカスタムしたサドルバッグとツールバッグの魅力に迫る。 カタログページはサドルバッグ&ツールバッグの最新コレクションと、H-Dのロゴやエンジンやエンブレムなどをモチーフにした各シルバーブランドのイチオシを紹介。 新連載は日本各地の地場産業に深く関わるバイカーズブランド、その熱き土着魂を徹底取材。第1回は「繊維の町・群馬桐生」。 他にもバイカーこだわりの「俺モン」や、愛車と共に等身大のバイカー登場の「バイカーズギア」、「ハーレーと生きる者とモノ」などレギュラー企画満載! お求めは全国書店、VIBES-WEBにて! 定価:1500円(税込) 発行/発売/編集 (有)源 ■■■ CONTENTS ■■■ Part1 サドル&ツールバッグ Part2 旅人バイカーの必須アイテム サドル&ツールバッグ最新カタログ サドル&ツールバッグ自分流カスタム バイカー地場産業 シルバーコレクション[ハーレーモノ] BIKERオタク拝見 バイカーの宝MON BIKER'S GEAR こだわりの俺MON SHOPイチ押しオリジナルモン BIKER'S STYLE STORY 本池秀夫【革の世界】 MONコラム ハーレーと生きる者とモノ BIKER-MON TOPICS クラフト社通信講座体験入学 職人場
Categories : Magazines/Media

2009-03-30

2009:03:30:11:42:11

映画「私のなかの8ミリ」

» 雑誌aheadのコンビというべきか大鶴義丹監督、桐島ローランドが描くバイクロードムービー「私のなかの8ミリ」が2009年4月4日(土)より、キネカ大森にて公開されます。この映画の公開を記念してバイクユーザーを対象とした劇場公開キャンペーンが行われます。 いわゆる単館系の低予算映画のような雰囲気がしてますが、バイクロードムービーというテーマなのでハーレー乗りとしても一応押さえておきたいところ。思い出の8ミリ映像と現実がフラッシュバックするような映画のように感じますが出来のほうがどうでしょうか。 バイクロードムービーなので、いろいろと実験的なキャンペーンがあるようです。 ■バイク割引の実施! ヘルメット持参で劇場に足を運んだ方全員、通常1800円(当日)のところ、1000円にて「私のなかの8ミリ」をご覧いただけます。劇場受付にて、ヘルメットをお見せ下さい。 ■わたしのバイク自慢!自慢のバイク写真を持って劇場へ 自慢のバイク写真を持って劇場へ行くと、劇場に設置された特設ボードに写真を展示。映画の公開終了後、展示された写真の中から大鶴義丹監督などの審査にて優秀「自慢のバイク」をが選ばれます。優秀者には、劇中で使用されたヘルメットをはじめとした「私のなかの8ミリ」グッズなどがプレゼントされます。 ※ただし、改造バイクなどは展示・応募はできません。また、お預かりしました写真の返却はできませんのでご了承下さい。詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください ■作品概要 ニューヨークでの仕事に追われる毎日に嫌気がさし、二年半ぶりに日本に帰ってきたミハル。そんな彼女を待っていたのは、一緒になれると期待を残したまま別れた昔の彼氏の訃報だった。 ミハルは彼の影を追い、墓参りをするため彼の故郷へとバイクを走らせた。初めての道を彼が教えてくれた通りに...思い出す...あのヒトが好きだった8ミリカメラ。その映像が移り変わる景色と共にフラッシュバックする。 『いくら離れていても走り続ければいつかは互いに同じ風景を見ることが出来る。』 道中待っている個性豊かな人々との出会い、景色。 久しぶりのバイクで感覚がまだ戻っていない為、ミハルは運転を誤り草むらに投げ出されてしまう。そんな時に出会った一人の男。男が乗っているバイクは昔の彼氏と同じもの。 しかもその男の手には8ミリカメラが...。 この男は一体何者?目的地でミハルを待っているものとは? 14年ぶりとなる大鶴義丹監督・脚本、撮影監督に桐島ローランドに迎え、淡く切ないロードムービーです。 ■キャスト 岡田理江/高杉瑞穂/長谷川初範/星野園美/湯江健幸/赤座美代子/ ■監督・脚本 大鶴義丹 ■撮影監督 桐島ローランド
Categories : MOVIE / MUSIC

2009-03-30

2009:03:30:11:27:03

東京モーターサイクルショー 2009

» 春になり大阪モーターサイクルショーと東京モーターサイクルショーが相次いで開催され、いよいよ今年のバイク商戦も本格化してきた。景気悪化の懸念は依然あるが、ETCによる高速道路の乗り放題プランもあるし、四輪、二輪とも少しは盛り上がって欲しいね。 GIGAZINEでその東京モーターサイクルショーのコンパニオン特集があったので、リンクを張っておく。バイクとは結構真面目に付き合っているせいか?モーターサイクルショーでコンパニオンってイメージはあんまりなかったけど、やっぱり一般からするとショーのテーマはなんであれ、モーターショー=コンパニオンって図式なんですかね。 ハーレーもすでに乗っている人や、いろんな雑誌やサイトで情報にどっぷりと浸かっている人にとっては、このモーターサイクルショーって行く価値あんの?って気がするが、バイクに乗ってないこれら一般の人にハーレーもいかがですか?っていう展示ができる意味においてはハーレー・ダビッドソン・ジャパンがここに参加する意味ってのもあるものである。 この手の展示会はBtoBで商談が行われている感じもしないし、各社未発表の新型車を展示しているわけでもないのに、それなりに盛り上がってしまうという不思議なショーですが、個人的にはセカンドバイクにできる125ccクラスが気になりました。ちょっと気軽に乗れて維持費も安くてそこそこ走れる。 同じように感じた人もいたようでギズモードでは125ccにフォーカスした特集記事を配信しています。
Categories : NEWS, EVENT, H-D Company

2009-03-30

2009:03:25:12:17:27

大阪のガレージハウス

» 大阪でパルモという会社がバイク用のガレージハウスを展開する事業を開始しました。クラブハーレーでも紹介されていますね。ガラステーブルの下に下のガレージが見えてたりして心がくすぐられます。 バイク駐車場機器販売・コンサルティングを手がけるパルモ(本社:大阪府大阪市 代表取締役 増木 大樹)とモダンアパートメント(本社:大阪府大阪市 代表取締役 渡邊 勇三)は協業し、老朽木造住宅をバイクガレージ付き賃貸住宅へリノベーションする事業を開始します。第1段として大阪市旭区高殿にモデルルームがオープンし、2009年2月9日、10日に内覧会を開催します。  現在、建築基準法の改正や借地等様々な理由で建て替え不可であり、借り手のつきにくい老朽木造住宅が都市部を中心に多数あります。また、高級大型バイクユーザーが年々増加し、ハーレーダビッドソン登録台数が2007年には14,967台に達しました。それに伴い、嗜好性を追求したバイクガレージの需要が高まっています。  そこで当社ではローコストリノベーションを手がけるモダンアパートメントと協業し、店舗付賃貸住宅の土間を活用し、バイクガレージ付賃貸住宅へリノベーションする事業を開始致しました。  これにより、今まで建て替えすらできなかった老朽化した店舗付住宅の活用方法の一つになり、またライダーにとってもガレージ付住居という憧れを賃貸によって手に入れることができます。  当社ではまず、東京、大阪のオーナーを対象として営業を展開する考えで、今期20件のリノベーションを施行する予定です。 こういうリノベーションが増えてくるのはライダーにとってうれしい展開ですね。 1Kみたいな物件じゃなく2LDK、3LDKみたいな間取りがあるものも結構需要があると思うのですが、いかがでしょう。
Categories : GARAGE LIFE

2009-03-25

2009:03:24:11:42:37

Sons of Anarchy

» これ日本で見てる人いますか? FX(フォックス系列のケーブルネットワーク)で昨年秋から始まったドラマシリーズ「Sons of Anarchy」。ロン・パールマン、チャーリー・ハナムらが主演で、シーズン1は13エピソードですでにアメリカでは放送が終了しましたが、Sons of Anarchyという名のモーターサイクルクラブをフィーチャーしたドラマで、1%erのタイプのクラブだといったほうが分かりやすいかな。 残念ながら日本ではまだFOXチャンネルなどでの放送はアナウンスされていないので、しばらく待つしかないですね。私はアメリカに行ったときに友人の録画したTivoからコピーさせてもらってみてます。 もうすぐシーズン2が始まるのですが、このシーズン2にはミュージシャンであり最近は俳優としても活躍している、ヘンリー・ロリンズがSons of Anarchy Motorcycle Clubのメンバーとして出演します。 ヘンリーロリンズといえばRollins Bandのハードコアで重いリフのパンクなボーカリストとしての印象が強いのですが、俳優としてどうクラブメンバーを演じるのかがとても楽しみ。 こちらはFXのSons of Anarchyのオフィシャルサイト。登場してくるバイクギャラリーもあります。
Categories : Magazines/Media

2009-03-24

2009:03:16:12:04:36

エースのサイクルカー

» ヨーロピアンスタイルのいわゆるサイクルカーと呼ばれるカテゴリがある。1800年代の終わりぐらいから第二次世界大戦の前ぐらいまでに一世を風靡したサイクルカー。これらはエンジンやギヤボックスをはじめ多くの部品をモーターサイクルから流用した、四輪と二輪との中間に位置づけられていたマシンである。 ACEときいてあのショップを想像した方がほとんどだろう。今回ご紹介するACEは違うACE(Standard for American Cycle-Car Endeavor)といってアメリカのシアトルでサイクルカーを製作・販売しているショップだ。 オーナーのピーター・レイソンは、歴史的な三輪のサイクルカーのメーカーMorgan(モルガン)1930年代のスポーツのラインナップをモチーフに、現代のアメリカンサイクルカーを作りたいとACEを立ち上げたのである。 完成したサイクルカーは非常に優雅なラインをもつ。 リヤ部分は跳ね挙げてラゲッジスペースとして使える。 リヤビューも非常に美しいラインである。 (スペック) 構造: フロント2輪, リヤ1輪、シャフトドライブ。 シャシー: T.I.G. welded round tube. サスペンション: フロント: unequal length a-arm/coil-over. リヤ: single sided swingarm/single coil-over. ステアリング: ラック&ピニオン エンジン: ハーレーダビッドソン 88" or 103" ツインカムBエンジン. ドライブトレイン: 5速・バックギア1速. ドライクラッチ. シャフトとライブ. タイヤ: フロント 5:00 x16; リヤ 195/55/16. ディメンション: 94" ホイールベース / 58" トラック / 128" o.a.l. / 38" ワイドコクピット (2名乗車). Brakes: トリプルディスク 2/4 piston front, 3 piston rear. 重量: 950 lbs. 最高時速: 120+ mph. with 103" engine. 燃料タンク: 10 gal. 価格: 4万8千ドル~ サイクルカーを製作するショップACE(エース)のホームページはこちら
Categories : NEWS, MOTORCYCLES, SHOP

2009-03-16

2009:03:12:11:55:09

ロードホッパー Type 5 ショベル生産終了

» ロードホッパーを生産、販売するプロトは、既存のラインナップすべてをインジェクション化する開発をすすめていましたが、環境性能と走行性能の両立が困難として、ショベルヘッドエンジンを搭載したロードホッパー Type5 ショベルのインジェクション化を断念し、キャブレーター仕様の現ロードホッパー  Type5 ショベルの在庫をもって販売を終了するとアナウンスしました。 ロードホッパーは、日本で開発されPLOT-USAで量産される輸入車ですが、2008年9月1日以降に輸入(通関)する車両には、新しい排出ガス規制が適用されます。 この新しい規制は、現行の規制値に比べCO(一酸化炭素)及びHC(炭化水素)は85%、NOx(窒素酸化物)は50%という大幅な削減率であり、これはもはやキャブレターを用いては達成不可能な数値となってしまいました。 プロトはこれを、やむを得ずその場しのぎで対応させるのか、または、積極的に取り組むのか。メーカーの思想により生み出される製品の質も大きく違ってくるであろうということで積極的にインジェクション化に取り組んでいたようですが、開発断念という残念な結果となってしまいました。ロードホッパー Type-5 ショベルの購入を検討してる人は、在庫のみの販売となるため検討はお早めに。 プロトのホームページ,ロードホッパーの購入はこちらのウェブサイトまで。
Categories : NEWS, CUSTOM, MOTORCYCLES

2009-03-12

2009:03:10:14:18:12

バイカー向けデザイナーズ賃貸 グラウンドⅣ桜木町

» 現在、横浜桜木町にバイカー向けに賃貸物件が企画されていて3月中旬に完成を予定しているとの情報提供をいただきました。これは大型バイクを室内に複数台置けるというコンセプトで設計された賃貸物件で、3月中旬に完成するのですが、SOHO用としての利用はいくつか決まっているものの肝心のバイカーからの問い合わせがない点を嘆いたオーナーさんからのタレこみがHDNにありました。 バイクを置けるだけでなく、室内レイアウトも地下室があったりとおもしろい構造になっているのでお互いバイク乗りのカップルや新婚さんとか丁度よいのではないでしょうか?もうひとつコンセプト的に他のバイクガレージ物件との最大の違いは、 バイクを見ながら風呂に入れる という点です。 風呂に入っているときに郵便配達の人がやってきたらと思うとドキドキしますが、ワンルームマンションとバイクガレージをドッキングさせただけの物件が多いなか、このバイカー向けデザイナーズ賃貸グラウンドⅣ桜木町の大家さんからは、バイクに乗っている人に楽しんで住んでもらいたいという遊びの気持ちのオーラがひしひしと伝わってきます。 まだ完成前ですが、内覧可能となっています。また一般の不動産を通してもいいですが、HPを通して売主の大家さん直にお申し込みいただくと仲介手数料、更新料は無料です。 バイカー向けデザイナーズ賃貸 グラウンドⅣ桜木町 http://designers-chintai.com/mokuteki/cat/post.html
Categories : GARAGE LIFE

2009-03-10

2009:03:09:11:01:30

クールブレーカー 2009

» 1年半の充電期間を経て開催されるカスタムショーCOOL-BREAKER(以下、クールブレーカー)の詳細が発表されているのでちょっとご紹介を。 今回のクールブレーカーは当初他のカスタムショーのようにショーとしてカバーする範囲を広げることも検討はされたものの、クールブレーカーというカスタムショーが開催された原点に立ち返り、従来通りハーレー・ダビッドソンだけのカスタムショーとして何も変わらず開催されることになった。 2007年のショーでは、個々の出展されたカスタムバイクのレベルに圧倒されたものの、他のショーと比較すると来場者の減少や出展されるマシンが少なめという印象もあった。 クールブレーカー関係者の間ではこの一年の間の議論の中で国産車や英車の参加をクールブレーカーとは別枠で仮名称「COPPER-JAM」という名目で同じ場所で同時開催をする案やBMX系やスケートボード、Xゲームっぽいアメリカ的なエンターテイメントイベントにする案などいろいろなアプローチがが検討されたが、自分達が一番やりたい事とクールブレーカーのコアは?と自問するとやっぱりハーレーオンリーだ!というイベントの原点に立ち返ることに決まった。 ということで今年のクールブレーカーは、今までどおりハーレーオンリーのカスタムショーとして開催される。 ムーンアイズのホットロッドカスタムショー、西のほうで盛況なニューオーダーチョッパーショーなどなど様々なショーが各地で開催され、どれも盛況である。これらのショーは2輪4輪国産外車全般で多くの来場者を招いていて、ハーレーオンリーを改めて確認したクールブレーカーとして違うアプローチで拡大している。イベントである以上、続けていくための収益の確保という面も考慮していかなくてはならないものの、あえて他と一線を画す上でもハーレーオンリーに限定し、少し敷居が高くして再チャレンジしていく今年のクールブレーカーがどのようなショーとなるのかあらためて注目したい。 (開催スケジュール) 2009年5月23日(土曜)午前中は搬入で一般公開は12:00~18:00        24日(日曜)一般公開10:00~16:00 その後搬出 場所:パシフィコ横浜Dホール チケット:2500円(両日とも利用可能) ライドインショーは両日午後2時からです。ライドインショーは会場内を走行する車両を見物できるショーで非常におもしろいショーなので必見。 24日3時より各賞の表彰式となっています。 今回からビルダーの選考基準がかなり再検討されました。 また沢山の賞が用意されています。 ALL-JAPAN-CUSTOM-BIKE-BUILDERS-CHAMPIONSHIPとして フリースタイルクラスとモディファイドハーレークラスがあり、それぞれジャッジのカテゴリーを4項目に分け総合得点で順位を決定します。 エントリー制ですので希望者のみのアワードです。 1)CRAFTSMANSHIP 機械加工、溶接、塗装 配線、配管等の技術レベル  2)ENGINEERING&RUNNING 内燃機関のレベルと走行を前提とした完成度 3)CREATIVITY 革新的で他に類似していない感覚のアイデア 4)OVERALL ARTWORK&DESIGN 車体全体の芸術性とデザインのバランス及びセンス あとライドインショーの得点も加算してCAMPIONを決めます。 その他の賞は それぞれを全出展車両から選出し表彰します。(お気に入りでビルダーが投票して決定するお気軽なアワードです。)トロフィー授与 W&W PICK・・・・・・・・・・・・・・・・1台              賞品&トロフィー VIBES-PICK, HOT-BIKE-JAPAN-PICK, HARDCORE-CHOPPER-PICK CLUB-HARLEY-PICK・・・・・・・・・・・・各1台 各誌編集長が選出します。    トロフィー授与 BEST-IRONSPORTS  ・・・・・・・・・・・1台  BEST-SHOVEL-HEAD・・・・・・・・・・・・1台  BEST-PAN-HEAD ・・・・・・・・・・・・・1台 BEST-KNUCKLE-HEAD ・・・・・・・・・・・1台 BEST-FLAT-HEAD・・・・・・・・・・・・・1台 BEST-SPORTSTER・・・・・・・・・・・・・1台 BEST-BLOCK-HEAD ・・・・・・・・・・・・1台 BEST-TWINCAM・・・・・・・・・・・・・・1台 会場で委員会とネイバーフッドとのコラボでCOOL-BREAKER 11th限定Tシャツの販売を企画されていますのでお楽しみに。 すでに受付が始まっているので出展者希望者は下記のWEBからエントリーしてください~!  http://cool-breaker.jp/
Categories : NEWS, CUSTOM, EVENT, SHOP

2009-03-09

2009:03:05:11:18:35

Grand Theft Auto IV: The Lost and Damned

» PS3やX-BOXで大人気のゲームタイトル「Grand Theft Auto IV」にダウンロードして使う新ストーリー「The Lost and Damned」が追加された。今のところ発売は海外のみで日本でどうなるかは未定。「The Lost and Damned」では新主人公の登場により、新しい切り口からリバティシティでの生活を体験することができる。主人公ジョニーはバイカーギャングの一員であり、街では共に戦ってくれる仲間や彼女が既にいるという点が、リバティシティ新参者のニコとは決定的に異なるところだ。  ストーリはバイカーギャング仕立てになっており、移動もチョッパーを使うことがほとんどで、それも仲間と一緒に行動するパターンが多い。フォーメーションを組みながらリバティシティの通りを走り抜ける楽しさは、従来の「GTA」シリーズでは味わえなかったものだ。バイクという乗り物を、単なる移動手段やレースに使うだけでなく、街中を連んで走らせることでプレーヤーに新たな楽しみを提供してくれた。ハーレー乗りにとってはなかなか楽しめるシチュエーションである。  ゲームの展開は本編のフォーマットに準じており、ミッションをクリアしながらストーリーを進めて行くスタイルは変わらない。プレイ時間は公称ではおおむね10~15時間以内で終わるように構成されており、本編と異なる点としてはセーフハウスが「The Lost」のたまり場になっている酒場に限られていること、本編で登場する様々な店の一部が利用できないことなど、いくつか制限がある。服飾店が利用できないことに関しては「The Lost」の魂が込められた革ジャンがあるので、不必要ということなのだろう。  それ以外の電話で仲間と食事に行ったり、ダーツに行ったりなどNPCと一緒に遊べる点は本編と同じだ。仲間と一緒にバイクを走らせてレストランに行ったりするあたりは、ちょっとした「仲間達とつるんでる感」が味わえて楽しい。仲間NPCの友好度も上がるので、ぜひ色々と寄り道して欲しい。  ミッションに付随して追加された新要素については、ゲームの主役であるバイクの新規追加が多く、その他トラックや囚人移送用のバスなどの四輪車も数種類が追加され、合わせて20種類の乗り物が新しく登場する。プレイ開始直後、どうも街中でバイクが目に付くなあと思っていたのだが、実際相当数増えている。「GTA IV」本編よりも四輪も二輪もバリエーションが増えているようだ。  武器に関しては柄の部分を切り詰めたショットガンやパイプ爆弾、グレネードランチャーなど6種類が追加されている。ショットガンはジョニーのメインウェポンであり、バイクを駆りながら敵をしとめるのに大活躍する。面白いのはパイプ爆弾で、移動しながらこれを投げることで、走行している敵のクルマを爆発させるのに使う。タイミングが非常に難しい武器だが、これを駆使するミッションも用意されている。 るので、プレイ前に1度チェックしておくといいだろう。  本作の大まかなストーリーだが、The Lost MCのトップ(プレジデント)ビリー・グレイは逮捕され、裁判所命令で1年間リハビリ施設で過ごす。この期間、主人公のジョニーはバイスプレジデントとしてビリーの代行をしていた。  ゲームはジョニー達The Lost MCのメンバーが施設を出所するビリーを迎えに行くところから始まる。出迎えを喜ぶビリーだが自分のバイクが無いことに気づくとジョニーに怒り出す。施設に収容されていた1年間、色々物入りだったためジョニーが処分してしまったのだ。冒頭から何となくぎこちない雰囲気が、これからの嵐の展開をプレーヤーに予感させる。  何とかビリーの問題を解決したあと、The Lost MCのアジトである酒場を拠点に様々なミッションを請け負うことになる。そして冒頭で抱いたぎこちなさがストーリーを進めることによって徐々にあらわになり、ジョニーの交友関係も広がっていく。この脚本のうまさと、各キャラクターのゲームとは思えない表情・演出のうまさ、そして声をあてている声優のマッチングの見事さが本編から引き続き絶妙な出来映えで、ゲームの世界に没頭させてくれるのだ。  主人公ジョニーはバイカーギャングとしてのThe Lost MCを組織としてうまく軌道に乗せたいと考えているが、ビリーは享楽的で手当たり次第に敵を作り、それらを攻撃する。全く相反する考えが行き着く先はどうなるのか、そこいらのゲームでは味わえない、泥臭く品のない、そしてハードコアなストーリーとその世界観にビッタリと合ったリバティシティの街がプレーヤーの心をつかんで離さない。  「GTA IV」本編に登場するキャラクターもストーリーに関わってくる。女傑・エリザベータ、イタリアマフィアのレイ・ボッチーノ、そしてニコ・ベルリック。彼らは、決して本作のストーリーの核心に関係してくる訳ではないが、ゲーム本編と外伝である本作が同じ世界で展開されていることを結びつける役割を担っている。「The Lost and Damned」は、極端な話、本編未プレイでも十分楽しむことができる作りになっているが、ある程度のところまでプレイしておいた方が、より深く世界観に浸ることができるのは間違いない。  本作のストーリーの核心は、前作の何かを補完するものではなく、あくまで「The Lost MC」というバイカーギャングに置かれている。正しい意味での外伝であり、リバティシティに巣食うもう一つの悪党を描くものだ。ちょっとだけ先の話を書くと、ある事件をきっかけにThe Lost MCは大きな紛争が巻き起こる。ジョニーがどのようにして内部抗争の幕引きをするのかはプレイしてのお楽しみだが、DLCの値段以上のボリュームと満足感を得れることは保証しよう。  ストーリーの各ミッションはバイクを駆ったスタイルでの戦闘が多く、チョッパーは加速が悪く滑りやすいためミッションの難易度は人によっては本編よりも難しく感じるかもしれない。フィジックス(物理演算)に手が加えられており、爆発シーンなどで人や物が吹っ飛ぶときの演出が更にリアルになり、強い火器を用いた際の戦闘シーンは結構ハデだ。  面白い点としては、仲間達に「タフ度」を示すステータスが新たに追加された。戦闘を経験させていくと仲間もどんどん強くなっていくのだ。一人では辛いシーンも仲間の助けがあればしのげるかもしれない。仲間を思いやり、育てるのも本作の重要な要素の1つだ。  本作の大きな山場となるのが、敵対するギャングとの抗争「ギャングウォー」だ。これはマップのあちこちにアイコンが表示されるので、この地点に向かうと近辺を縄張りにしているギャングとの抗争が始まる。敵対ギャングメンバーを全員倒せば勝利で、戦闘条件は普通の銃撃戦だったり、バイク対バイク、バイク対クルマだったりと様々だ。  「ギャングウォー」は必ず仲間と一緒に出張るので、仲間の経験値稼ぎと現金あるいは武器あつめにちょくちょくと参加すると良いだろう。全35の戦いが用意されているが、これをこなし続けてもゲームの達成度は上がらない。本編と直接関係するものではないため、本編のストーリーを追い続けたいのであれば、無視してしまうこともでき、この辺はプレーヤーの裁量次第と言ったところだ。  マルチプレイモードも新たに6種類追加されており、囚人移送バスを守る側・襲撃する側に分かれて戦うWitness Protection、バイクを駆ってテクニックを競うRace、バイカー同士のデスマッチLone Wolf Biker、街の各エリアを戦闘でのしていく陣取り合戦ライクなOwn the City、様々なタスクを他のプレーヤーと一緒にこなしていくClub Business、ヘリとバイクに分かれて、鬼ごっこをするChopper vs. ChopperがXbox LIVEを通じてプレイできる。  それぞれは今まで既存の「GTA」シリーズに出てきたゲーム内容に似通っており、目新しさは特に感じなかったがバイクを使ったルールに主眼が置かれているのが何とも本作らしいところ。バイク好きハーレー好きなら絶対に買いではあるが、日本での展開はカプコン次第なのでローカライズがされるかどうかがファンにとっては最大の懸案となるだろう。
Categories : NEWS

2009-03-05

2009:03:04:12:22:48

第36回東京モーターサイクルショー

» 2009年3月27日(金)~3月29日(日) 3日間に東京ビッグサイトで、第36回モーターサイクルショーが開催されます。昨年の来場者数は期間トータルで9万5千人。出展が134社と日本におけるオートバイだけの展示会としては最大のものです。 この東京モーターサイクルショー、参考出品や技術展示もあるものの、日本の4大メーカーを中心にした基本的には今年の春以降のニューモデルを実際にまじかで見たり、またがったり、試乗も一部できたりする新車体験会に近いイベントです。 ハーレーダビッドソンは今年もこの東京モーターサイクルショーに出展予定だが、昨年は105周年記念モデルや純正パーツ、アクセサリーでした。今年の展示内容は何も発表されていませんがニューモデルなどの新車系をじっくりと全部チェックしたい人にはいいかも。 東京モーターサイクルショー会場外には試乗できるブースもあり、ハーレーは持っているけど国産バイクをいろいろ乗ってみたいという楽しみ方ももちろんアリです。 [開催期間]: 3月27日(金) 10:00~13:00 特別公開 3月27日(金) 13:00~18:00 一般公開 3月28日(土) 10:00~18:00 一般公開 3月29日(日) 10:00~17:00 一般公開 [会場]: 東京ビッグサイト 西1ホール・約8,800m² 西2ホール・約8,800m² アトリウム・2,000m² 屋外展示場・13,000m² [主催]: 東京モーターサイクルショー協会 [後援]: (予定) (社)日本自動車工業会 (社)全国軽自動車協会連合会 (社)全国二輪車安全普及協会 (財)日本モーターサイクルスポーツ協会 (社)自動車公正取引協議会 NMCA日本二輪車協会/関東二輪車協会 全国オートバイ協同組合連合会 (社)日本自動車連盟 一般社団法人 全国二輪車用品連合会 (財)日本オートスポーツセンター (社)東京都自動車整備振興会 [協力]: (予定) 東京都二輪車安全普及協会/東京オートバイ協同組合 埼玉オートバイ事業協同組合/神奈川オートバイ事業協同組合 千葉オートバイ事業協同組合/栃木県オートバイ事業協同組合 茨城県オートバイ事業協同組合/新潟県オートバイ事業協同組合 [出展予定]: モーターサイクル及びモーターサイクル関連企業 他一般企業 [入場料]: 前売券:大人 1,200円  高校生  500円 当日券:大人 1,500円  高校生 1,000円 男女ペア券 2,500円 ※価格は税込み・中学生以下無料
Categories : NEWS, EVENT

2009-03-04