Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#08 NEWS

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#08 NEWS » NEWS » 2008年モデル大量リコール »

2008年モデル大量リコール

rroadking.jpg

 

 

先にUSで発表されたリコールです。

USでは以下のモデル、47,500台がリコールされました。

 

FLTR. FLHR, FLHP, FLHX. FLHPE, FLHRC, FLHRSE4, FLHT, FLHTC, FLHTCU, FLHTCUSE3, FLHTP

 

リコールの原因となる症状は、燃料フィルターのシェルが割れることによってフューエルポンプからの送圧が少なくなってストールやエンジン停止など事故につながる重大な原因になりかねないとのこと。

USではすでにリコール対応をディーラーが開始していますが、日本での発表はまだです。

 

ついでですが、別モデルの別リコールを知らない方のために。

これもUSでの2008年モデルでの吸排気系に関するリコールです。

 

2008 HARLEY DAVIDSON FXDWG ENGINE AND ENGINE COOLING:EXHAUST SYSTEM:MANIFOLD/HEADER/MUFFLER/TAIL PIPE

The following ENGINE AND ENGINE COOLING:EXHAUST SYSTEM:MANIFOLD/HEADER/MUFFLER/TAIL PIPE recall/defect on 2008 HARLEY DAVIDSON FXDWG vehicles was reported to the National Highway Traffic Safety administration on 2007-11-20. For more information contact the National Highway Traffic Safety administration or the US Department of Transportation. See recall summary below.
 
Build Years/Makes/Models: 2008 HARLEY DAVIDSON FXDC
2008 HARLEY DAVIDSON FXDWG
2008 HARLEY DAVIDSON FXDB
2008 HARLEY DAVIDSON FXDL
2008 HARLEY DAVIDSON FXD
UNits affected: 538
Recall Number: 07V535000
Summary: ON CERTAIN MOTORCYCLES BUILT AND SHIPPED TO CALIFORNIA, THE CATALYTIC MUFFLER PROTECTIVE HEAT SHIELD WAS NOT INSTALLED. THIS CONDITION COULD ALLOW DIRECT CONTACT WITH THIS MUFFLER AND CAUSE INJURY.
Consequence: IF CONTACT OCCURS WHILE RIDING, IT COULD CAUSE LOSS OF CONTROL OF THE MOTORCYCLE, LEADING TO INJURY OR DEATH.
Remedy: DEALERS WILL INSTALL THE HEAT SHIELDS TO THE MUFFLERS FREE OF CHARGE. THE RECALL BEGAN ON NOVEMBER 26, 2007. OWNERS MAY CONTACT HARLEY DAVIDSON AT 1-414-343-4056.
Notes: HARLEY-DAVIDSON RECALL NO. 0133.CUSTOMERS MAY ALSO CONTACT THE NATIONAL HIGHWAY TRAFFIC SAFETY ADMINISTRATION'S VEHICLE SAFETY HOTLINE AT 1-888-327-4236 (TTY 1-800-424-9153), OR GO TO HTTP://WWW.SAFERCAR.GOV









コメント(1)

はじめまして。
リコールで検索したところ、ここにたどり着きました。

私の鉄馬は2008年式FLHTCですが、まさに昨日この症状となりました。
ツーリング先でいきなりアイドリングが不安定になり、無理して走っていると、ノッキング、バックファイヤー・・・・・
最後にはエンジンストップとなりました。

ツーリング先のハーレーshopで調べてもらったら、このリコールと同様に、フィルターシェルが粉々に砕けていました。

今のところHarleyJapanではリコール対象外で、部品もない。
あ~、修理に何日かかるんでしょうね~。


「2008年モデル大量リコール」に関連する記事