Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#08 NEWS Monthly Archives

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#08 NEWS » August 2008 Archive

2008:08:29:20:43:44

2009年モデルデビュー

» かなり昔から予告されていたモデルなので、発売特にサプライズがあったわけではありませんが,2009年モデルが正式に日本でもアナウンスされました。トピックとしてはXR1200,V-RODファミリーにVRSCFが加わったこと。そしてツーリングファミリーのフレームなどやエキゾーストラインに大きな改良が加わったことです。順番に見ていきましょう。まずはXR1200です。これはヨーロッパで昨年から話題沸騰のハーレーダビッドソンからのファクトリー・ストリートモデルというべきスポーツスターといえます。ラッカー風のシートの形はワタシ的にはいまいちなんですが、これが正しい姿なのでしょうか?ワタシにはボートテール風に見えます。タコメーターは8000回転まであります。メーターのカラーリングが若干ヨーロッパモデルとは違いますね。 フロント18インチで、利や17インチなせいか今までのスポーツスターと違う雰囲気が出ていますが、なかなか格好いいんでねーかい!?とワタシは思いました。どこにもラジエーターがないので今回も水冷化は見送りということで、スポスタファンとしては一安心のマシンでした。
Categories : H-D Company, MOTORCYCLES

2008-08-29

2008:08:29:18:00:59

2008年北海道旅

»  朝テントから這い出ると、昨日夜遅くまで雨が降りしきる日本の東の果てにあるキャンプ場の東屋の下でヌルいビールを片手にお互いの旅の話をした青年が、バイクのエンジンをかけるため路面が平坦なところまで重そうなマシンを押していた。  リヤキャリアにはお世辞にも整理整頓されて積まれているとはいえないゴチャゴチャとした荷物がかろうじて太いネットに結びつけけられていたが、何本かのホクレンの旗が彼が長い旅を続けている証として誇らしげに荷物に突き刺さっていた。  遠慮勝ちにセルボタンを押すと甲高いオフロードバイクのアイドリング音が一瞬静かなキャンプ場に鳴り響いたが、彼はそれを詫びるかのように遠慮勝ちな目で私に会釈をし飛び出していった。  北海道へ訪れるライダーは90年代前半をピークに減少を続けているらしい。北海道ツーリングライダーが「ミツバチ族」と呼ばれていた1970年代の頃から、荷物を満載して道内を駆け巡るライダーの姿は北海道の短い夏を彩る風物詩となっていて、「オートバイは邪魔者」という認識がまだ一部で強く残る日本国内の他地域と比較すると、北海道はライダーに対し大らか、かつ歓迎ムードが高い地域だ。  広大な自然の中を渋滞なく走り続けられるすばらしい道路事情、北の大地と豊かな海がもたらしてくれる味覚、無料や格安のキャンプ場、ライダーハウスなどのインフラがライダーを暖かく迎えてくれる。  しかし、今年はさらにライダーが少ないということを各所で聞く。1リットル200円を突破しそうな勢いのガソリンの価格やしばらく続いている世の中全体の不景気のせいだろうか。そしてハーレーの数もかなり少ない。  ナックルやパンで週末のツーリングイベントをこなすのは年とともにしんどくなりつつある。歳とともに面倒なことに対する気力、体力が落ちているとは考えたくないが、限られた時間を無難に効率的に過ごすなら高速道路を快適に走れるツインカムを手に入れるのがベストな選択だと思う。  アメリカでも平均速度が120キロを超えるインターステートを走っているのはツインカムばかりで巡航速度が遅いショベル以前のハーレーはバックロード(いわゆる裏道)を走るしかない。  ショベルならインターステートの巡航にギリギリ耐えられるのかもしれないが、バイクのパフォーマンスの限界の走りでラリーのような旅を続けるとバイクの至る所にツケがくることは避けられない。  バッテリのコンディションがいまいちのデュオグライドでこの夏はこれらの行為を行うことも考えたが、今回は自転車で旅に出た。  わずかな荷物を積んで一日に10時間も北海道の大地を自転車走るとただでさえ広大な空間が一段と広くなり、いつまでペダルをこいでも一向に変わらない景色が自分の力の無力感を毎日強く感じさせてくれる。  何日かそれが続くともう走る以外のたいていのことはどうでもよくなってきて、一日が終わるとまずはバイクのメンテナンスをやり、食事は簡単なもので済ませ、明日の英気を養うため早めに休息する。よい旅はラリーに似てシンプルで無駄がない。 旅の最後に数日を過ごした羅臼のキャンプ場には、外国からのバックパッカーが数多くやってきていたたくさんいた。彼らはどこからか札幌までやってきて、そしてヒッチハイクで何日もかけてユネスコ世界遺産に認定された知床を目指してやってくる。もしあなたのリヤシートが空いてあるなら北海道に来るときにはもうひとつヘルメットを持ってくるといい。きっとイージーライダーのような気ままなヒッチハイカーとの道連れの旅が楽しめるはずだ。  「結局、行くも帰るもないんだ。要はそこに居るってこと。その瞬間を生きているってこと。」何年も旅を続けている彼らの哲学は要約するとこのようなものだったと思う。  ハーレーで旅をしていると「(四輪で行きゃいいのに) 暑い?寒い?」「盗まれる」「音がうるさい」「(この道楽するのに)幾らするの?」といった周囲の揶揄攻撃にさらされてしまう。  旧車に乗るならなおさらで、朽ち滅びゆく年老いたマシンに乗って、ABSのついた車や100馬力超のバイクにもまれながら走るのは大変な反社会的な行為と言われても仕方がないかもしれない。  HDのスローガンのひとつには、「If I have to explain, you wouldn't understand (HDの価値は自明であり、説明を求める人には理解できない)」とある。  私はそのハイカーにこう言った。「楽(ラク)と楽しいは違う。それが二輪に乗る人の哲学だろうよ。」  
Categories : Magazines/Media

2008-08-29

2008:08:17:13:07:40

2008北海道紀行 その9

» ここの野営場の魅力はいくつもありますが、熊の湯抜きにはその魅力は語りつくせません。 さっそく旅の汗を流しに道路の向かいの熊の湯に向かいます。渓流にかかる小さな橋を渡り、林道の入り口に熊の湯温泉はあります。入浴前にはまず、熊の湯入浴十ヵ条をよく読みましょう。 熊の湯入浴十ヵ条 一、脱衣所に入ったら何が書いてあるか良く見て良く読んでから入ってください。読む余裕がなくお急ぎの方は、入浴せずにお帰りください。 一、湯船に入るときは体を洗ってからさらにお湯をニ、三回かぶってから入ってください。 一、湯船に入って熱いと思ったら一回目はすぐに上がって上で休んでお湯をかぶりますと、二回目からはあまりあつく感じません。 一、湯船に入っている人が、(例えば十人いるとして)半分の人が熱いと言えば水を入れても良いが、ニ、三人が熱いと言ってもその人達には従わなくてもよろしいです。 一、浴場には絶対にアルコール類は持込まない事。 一、湯船に水着で絶対に入ってはいけません。ここは浴場です。プールではありません。 一、誰もいない湯船に入る時、熱かったら水を出しても良いが、上がる時には必ず水を止めてから上がってください。自分が入っているとき、誰かが来てその人が止めるだろうと言う気を持たず、出した人が必ず止める事。 一、ここのお湯は服用しても体に良いので是非服用して下さい。 一、湯船を掃除している時は手伝いをして下さい。手伝いも出来ないくらいお急ぎの方は入浴しないでお帰り下さい。 一、ここのお湯はニ、三回繰り返し入りますとすごく温まりますのでゆっくり疲れを取ってお帰りください。 羅臼町、羅臼町観光協会、熊の湯愛好会
Categories : TOURING/DIARY

2008-08-17

2008:08:14:22:54:41

2008北海道紀行 その5

» サロベツ原野。一番最初に走ったのは、自転車で、そのあとは、スティード、クルマで何回かとロードキング。北海道に何度もやって来て思うのは、初回の感動はもう味わえないってことだ。若くて何でも勢いがあって、ろくに地図も装備も持たずにただ見知らぬ大地を走っていた頃が今ではとっても懐かしい。バイクを買って、いやハーレーに乗りだしてもしばらくの間、ワタシはバイクでキャンプ場に泊まるって選択があることすら知らず、この北海道でも何にもない砂浜などでひっそりと仮眠を取るってのがパターンだった。夕方になると泊まり場所を探すという概念もなく、 23時まで走り続けるってのもなんとなくなうちにできていたのがワタシの旅のスタイルだった。時もだいぶ経ち、乗りモノも旅のスタイルも変わったが、旅の原点である自転車に乗ってこのサロベツ原野を自分の足でこいで走って何かを考えたいというのがワタシの今回の旅のひとつの決め事であった。帰ってきた今、何かが変わったかと聞かれれば、それはYesでもありNoでもあるが、これは長い間をかけて自分の中で何か、いろんな考え方に影響を及ぼしていくようなことであると思う。
Categories : TOURING/DIARY

2008-08-14