Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#08 NEWS Monthly Archives

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#08 NEWS » May 2008 Archive

2008:05:28:00:19:03

鎌倉・七里ヶ浜でサーフィンとハーレーダビッドソンのコラボ

» 七里ヶ浜の国道134号線沿いに、サーフショップとハーレーダビッドソンの中古販売店がコラボした「surf&ride」(鎌倉市七里ガ浜1、TEL 0467-38-1340)がオープンしている。同店は、サーフボードなどの製造販売するNO BRAND(ノーブランド)が、2004年より自社のサーフショップとして展開してきた店舗をリニューアルし、オリジナルデザインのアパレルやハーレーダビッドソンの中古バイクを販売するBLUE GROOVE(ブルーグルーブ)とコラボした日本初のサーフィンとハーレーダビッドソンの中古販売店。店舗面積は約15坪。店名は、「サーフィンの波に乗ったときとバイクで走ったときに受ける風の爽快感が似ている」(同店)ことから付けた。バイクの再購入平均年齢とロングボード購入平均年齢を踏まえ、30代後半をターゲットにリバイバル要素を含んだ店舗構成になっている。店内には、ハーレーダビッドソンの1977年製「ショベルヘッド」(231万円)などのビンテージモデルや「スポーツスター883(2001年製)」(84万円)などの中古品を展示。NO BRANDのサーフボードも、同社のオーナーである出川三千男さんがハンドシェイプしたボード(21万円)などビンテージものを中心に取り扱う。そのほか、NO BRANDのアパレル商品やBLUE GROOVEのオリジナルウエアなど、サーフィングッズ全般とバイクグッズなどを取り扱う。
Categories : SHOP

2008-05-28

2008:05:27:14:34:43

パンヘッドのオイル漏れ

»  エボに数年、パンは手に入れてからはもう10年近くが経つ。  私のところに来てすいぶん時間の経ったパンは海の塩害のせいもあるのか以前より外装がずいぶんと色褪せて年季がさらに入ったことを別にすれば相変わらず調子よく走ってくれるが、走行距離が約5万キロに達したタイミングを境にいろんなところに劣化によるガタが出てきた。  その最たるものがいろんな箇所からのオイル漏れだ。滲むというよりも結構派手に漏れている箇所があるというのが実情に近い。  エアクリーナーを外しあちこちを目視すると、純正リンカートキャブのストレーナーやボウルのあたりにはオイルが垂れている線がいくつも見える。これらキャブのコルクのガスケットは即交換だ。  デュオグライドの特徴のひとつであるシリンダーヘッドの外側に取りまわされたオイルラインの留め位置からもまだ漏れがひどくなっていた。ここは半年前にも一回ガスケットを交換したのだが起こりやすい個所なのかまたすぐに漏れ再発である、ヤレヤレ。  詳しい人のアドバイスでは、この箇所はエンジン熱でどんどんガスケットが硬化していくので、その分を時々締め込まないと漏れの原因になるのだそうだ。  マニホールドのOリングもヨレヨレでここから二次エアを吸っていた。エアを吸っているかどうかはエンジンを始動してマニホールドのジョイント部分にパーツクリーナーを吹きかければすぐ分かる。  吹いた時にアイドリングが変化すればそれはクロだ。マフラーからのアフターファイヤーや、キャブの息つきに悩んでいる人は一度試す価値があるだろう。  長く乗り続けていると試行錯誤するうちに自分なりのメンテナンスのスタイルが決まっているが、当初のショップにお任せ状態から徐々に自前で作業することが多くなり、今はハーフビルド的な手法で愛車と付き合う方法に落ち着いた。  ハーフビルドは家を建てる作業を建築主と工務店が作業分担して行うようなやり方などを意味するが、バイクの場合も同じように自分自身が主体となってメンテナンスを行い、必要最低限な機能をショップに提供してもらうやり方のことだ。  すべてお任せで自身は走ることに専念することもひとつのやり方だとは思うが、時間の許す限りできるところは自分で仕上げていくハーフビルドはコストを抑えられるというメリットだけでなく、自分自身がマシンに深く関われるという利点がある。 これはとても大切なポイントだと思う。  故障するとユニット毎にまるごとアセンブリ交換することが多くなり、セッティングには計測機器が必須になってきたツインカムを個人でどこまでいじれるかについては難しいとこだが、どんな車両でも自分の手を汚して面倒を見てあげることで得られるものはかなり多く、そしてハーレーライフを豊かにしてくれる。  ただハーレーの構造についての深い知識と経験は一朝一夕に得られるものではなく、メンテナンス・ブックなどを参考にしながら分解し、そして組みなおしたりということを繰り返しながら実践によるトライ&エラーを重ねていくしかない。  旧車の世界はメンテナンスの自由度だけは非常に高いので、例えばミッションだけを外してショップに持ち込み、オーバー・ホールしてもらったあとは自分で組むくらいのハーフビルダーは私の周りにもたくさんいる。  直接、内燃機屋にボーリングを依頼するというツワモノのフルビルダーにやってしまう人もいるが、共通して言えるのはいい修理屋を知っていて、それとうまく付き合っているということだ。  ハーレーショップは大きく分けるといくつかのカテゴリに分類できる。いわゆる新車主体のディーラー、カスタムが中心の店、そして修理を専門とする店だ。  修理屋は個人などで商売をしているところが多いのでメディアへの露出もなく地味な存在だが、当然腕はピカイチなので人づてに口コミで評判が広がり、知る人ぞ知るような紹介でないと受けてくれない人気修理屋もあるので、自分で徹底的にいじりたい人は詳しい人に聞いてみるといい。  オイル漏れの対策を各所に施し、スプロケットやクラッチハブなどの部品や各種ガスケットの交換、点火時期などのセッティングの見直しを経てひとまず私のパンは完調を取り戻したようだ。  勉強のために最近買い足したメンテナンスブックには、"Chrome don't gecha home.(クロムパーツじゃ家には帰れない)"とキャッチコピーがデカデカとあったが、まったくそのとおりだ。メンテ道に終わりはない、いつか路上で立ち尽くさないためにも。
Categories : Magazines/Media

2008-05-27

2008:05:19:20:22:12

75FX bito号の整備 vol.36 ファイナル

» ショベル純正ロッカーアームの検証"に書いたが、最終的に償却法で一つ一つ対処してきたbito号の不調も考えられる原因はもはやロッカーアームのみ。さぁ完治するのかbito号!早速交換作業してみよう。ちなみに温間時(200F近く)のコンプはF4,0k R6,0k  温間でも低いが、それでもキックで掛かる条件6キロにRが達している為、このように温まっていればキック1発始動。・・ ・・・  ・ 今回はbito君に"自分の手で弄る楽しさ"を体感してもらう為、ガンガン手伝ってもらった^^たかがロッカーを入れ替えるだけだが、こういったガスケット剥がし等のお膳立てに1番時間がかかる。バラシと組むのはアッ!と言う間なのだ。  「どう?楽しいでしょbito君^^」
Categories : big_boy

2008-05-19

2008:05:17:23:25:26

第3回 モーターサイクル スワップミート

» 今年で3回目となる『第3回 モーターサイクル スワップミート』が5月18日(日) お台場 青海パーキングにて開催ですが、天気よさそうですね。盛り上がるかな?開催日: 2008年5月18日(日) 9:00am〜3:00pm ※雨天決行 ■場所: お台場 青海パーキング  Chopper&Bobber は当日受付となります。 ※旧車會風・暴走族系等の車輌、また主催者が趣向に合わないと判断した バイクの会場への入場はできません。 その場に来られた方全員で楽しい一日にしましょう! ★場所: お台場 青海パーキング Mapはコチラ 水道がありません。洗車具・水等各自でご用意下さい。 会場は、風よけ雨よけは一切なく吹きっさらしです。 特にスワップミートでテント等をご使用になる場合、オモリ等で必ず固定して下さい。スタッフの判断で危険とみなした場合、テントのご使用を禁止する事もあります。 テント等が風にあおられての対人対物の事故等に関して、主催者は一切の責任を負いません。予めご了承願います。 ★内容:スワップミート ★入場料: 1,000円/1名 12歳以下Free ★駐車場:2輪車 1,000円/1台:ライダー1名の入場料込み。同乗者は入場料(別途1000円/1名、12歳以下Free)を頂きます。 ※モーターサイクルの駐車場は会場内に設置しています。 普通自動車、大型自動車の駐車場はありません。公共の駐車場をご利用下さい。
Categories : EVENT

2008-05-17