Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#08 NEWS Category Archives

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#08 NEWS » big_boy »

1234567891011

ショベルの継続車検レポート・本番(神奈川運輸支局)

さて、車両の方の準備は万端。まず納税証明書と車検証に印鑑(三文判)そして新しい車検
有効期間を満たす自賠責保険証を用意しよう。自賠責保険は陸運局内の代書屋さんでも当日
に加入できるので、あらかじめ加入しておかなくともかまわない。

IMG_3571.JPG

このように首から下げられるストラップをつけたクリップボードを用意しておけば、構内での運転や
ライン上での運転が全然楽。よく口に書類を加えている人も見かけるけど、スマートに行きたいね。

IMG_3580.JPG

IMG_3581.JPG


現場についたらまず3番の建物の販売所に行き、「自動二輪の継続車検の用紙を一式下さいな」
と言い、「あと手数料の印紙も下さい」と言うと車検手数料が1700円、書類代が25円で合計
1720円払う。 次にそのすぐ隣の窓口で「自動二輪の重量税」と言って5000円を払うと、印紙
をくれるからそれを用紙に貼る。以上で自賠責以外の掛かるお金はこれだけ。
そして必要書類に記入する。主に車検証を見ながらの車体番号や原動機の型式、自分の住所と
名前。落ち着いて書けば難しいものではない。わからなければその辺に記入例が貼ってあるので
見ながら記入する。

IMG_3582.JPG
IMG_3583.JPG

次にその隣の4番の建物(自動車税管理事務所)に行き納税の証明を取る。

IMG_3584.JPG

納税の証明を取ると言っても、持参した納税証明書に書類を添えて右下のように判子を押して
もらうだけ。判子をもらえば以後、持参した納税証明書は不要となる。

IMG_3586.JPG
そして2番の建物に行き、継続車検申請書に車体番号等の必要事項を記入して・・・
(上段は鉛筆で記入して、下段はボールペンで記入する*画像ピンボケですんません)

IMG_3587.JPG

すべての書類を7番窓口に提出する。ユーザー車検の場合はその旨を伝え、予約番号を告げる。
そうするとものの数秒で判子を押して書類を返してくれる。 さぁ、いよいよそれを持ちラインへGO!

IMG_3591.JPG

これが二輪用の車検ライン。この検査官が待ち構える入り口まで車両を運転して行く。
構内なのでヘルメットは要らない。(被っているユーザー車検者もいる)
入り口まで行ったら書類一式を渡す(バインダーを使っていればバインダーごと)まず車体番号を
確認され、終わると検査官の指示に従い、前ウインカー左右、ライトオン(hi/lo)ホーン、フォグランプ
後ろに回り、後ウインカー左右、ブレーキランプ点検(前ブレーキ後ろブレーキ)が検査される。
今回、アクスルのトンカチ点検はナシ。以上が車体の検査。幅とか長さは測らない。だからFLHフル
ドレスを構造変更せずに、ストリップにしている車両もお咎めなし。大きい物を小さくしている分には
甘いみたいだ。私は一度だけ過去に「これカウルが付いているでしょ?つけといてね〜」といわれた
事があるが、それ1度以外はノークレーム。だからハンドルを変えていてもあまりにも極端でなければ
気にする事は無い。
車体検査が終わると判子を押して書類を返してくれる。あとは勝手にラインに進入する。付き添いなど
普通はない。初めてのユーザー車検の場合で、自信が無い時はここでその旨を申し出よう。
キット付き添ってくれるはずだ。^^ 

        ライン内の模様は画像がありません。後ろにもいたし、やはり撮る暇なかった。汗

ラインに進入したらまず、スピードメーターの検査。フロント取り出しならフロントを回転ドラムに入れる
ミッション取り出しなら後輪を入れる。床にあるボタンを踏み込んで置き、40キロにスピードメーターが
達したら踏み込んでいたボタンを放す。〇 
次にそのままブレーキ検査が始まる。ブレーキを握って置きスリップしなければ〇 次に後輪を入れ
フートブレーキを踏み込んで置き、スリップしなければ〇 終わって前に進み・・・・

IMG_3588.JPG

レコーダーに書類を入れて判子をもらう。書類には方向性があるので注意。(方向性は書いてある)
(何とか1枚画像を撮りました 汗 )

前に進み次に光量と光軸の検査。
ラインに前輪の先を合わせ、ハイビームにして横から現れる計測器のご登場を待つこと数秒・・
計測器が現れ、微妙に動いて止まる(計測中) あっけなく一発でOK!
ダメな場合は×が出て、もう一度計測器が現れる。2回でワンセットであるから、一回でダメな場合
検査官がマイクでヒントを教えてくれる。(と思う)横方向なら固定に逆らい旨くこじれば合格の可能性
もある。^^ マイクでのアナウンスが無い場合は一度ラインからでて・・・

IMG_3589.JPG

ラインの一番最後にある検査官がいる小屋に行き、「どっち向きですか?」と質問すれば教えて
くれるから持参の工具でそれをヒントに修正する。光量が足りない場合は・・・う〜ん、アースを取る
なり考えて^^;その日修正出来ない場合は何日間かはそのダメなところだけの受験が可能。
詳しくは陸運局ホームページを見てね。
修正したら再びラインの入り口で検査官にその旨を伝え、ライト検査にそのまま進む。

IMG_3588.JPG

再び登場!OKなら書類を入れガシャコン! 次にガス検の検査。私は一時停止したが、人が
誰もいないのでキョロキョロしてからスルー! これで検査はすべて終わり。
ショベルでもガス検の器具を突っ込まれたという報告があるので(お咎めは無かったらしいが)
日によっては突っ込まれるかもしれない。私は今まで無いが・・。

IMG_3589.JPG
 再び登場!使いまわし画像ww

最後にラインの終わりの検査官のいる小屋に書類をすべて提出して判子をもらい終了!

IMG_3592.JPG

そして又2番の建物に戻り自賠責以外の書類をすべて提出して待つこと、ものの数十秒で・・

IMG_3593.JPG

新しい車検証とステッカーが交付される。  はいこれでおしまい。簡単でしょ?
皆さんも是非ユーザー車検にトライしてみよう。

●掛かった費用●
自賠責24ヶ月 13400円 重量税5000円(印紙) 検査費用(印紙)1700円 書類代25円

自賠責も20150円から13400円に下がったし、250ccの自賠責が24ヶ月で12080円だから
益々大型自動二輪と〜250ccまでの自動二輪との差がなくなったね。
少なくとも自分で車検をやるなら維持費はそれほど変わらなくなったということですね。

終わり〜

IMG_3594.JPG

オマケ・・・
サニトラ。ベレGミラーにマーク?・・お決まり。 カッコイイねぇ。
これって息の長いモデル(トラックだけ)だったよね。^^




1234567891011