Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#07 NEWS Monthly Archives

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#07 NEWS » December 2007 Archive

2007:12:29:23:55:00

京浜バタフライ・一時休止

» 最近、なぜかショベルのパワー不足を感じるのである。 某バイクも乗るせいかな^^; それは特に低中速。 回せばそれなりに速く、(54Bさんが証人)独立管にしたことで 低中速も大分よくなったが、も少し厚くしたい。 来年はそれが課題。 まず京浜バタフライをショベル乗りに人気の高い(我が語ショベでも)フルチューンCVに変えます。^^ それから83までのHカムに変装。 場合によってはアンドリュースJカムも導入します。^^ Jカム導入の際には突き出しが短めなのでヘッドをやり直さなければならない。(シートカット) 違いが分かるようにまとめてやらず、一つずつ変えて行きレポートします。とりあえず、決意として外しました! 純正OPの真鍮ドリルドクリーナーは結構レアなんすよ?^^ オマケ画像 笑 こういうアングル珍しいでしょ? 結構いやらしかったりして・・。(?) ハイ、Fインテークポートからの画像です。良い仕事してます。 ココはね、常にガソリンで洗われてるから、エクゾーストポートと違って綺麗なのよ。 というわけで、皆さん、良いお年を?^^/
Categories : big_boy

2007-12-29

2007:12:26:22:55:14

エンジンオイルをオーダー

» 昔はオイルの共同購入なども盛んにやっていましたが、ハーレー・ダビッドソンジャパンの仕切りや、テロ以降のいろんな規制によって個人でハーレー用のオイルを仕入れるメリットはずいぶん少なくなったような気がします。 ワタシのマシンは、パンヘッドなので50番か60番のシングルなので、マルチが必要なオーナーさんとは求めるものが違ってしまったということもありますけどね。 今回、オイルをまとめ買いするにあたっては、広告を出してくれているハーレーオイルドットコムさんに注文を出してみました。 ハーレーの純正オイルは、国内で買おうとするとすんごく高いですから通販事業者さんは非常にありがたい存在です。はじめての取引だったので、代引き注文にします。 注文すると、自分の返信用アドレスにすぐ自動でリプライが返り、 翌日発送のメールがきて、 そして今日あっけないくらいに荷物は無事に到着しました。 2ケースまで一回分の送料でOKのようですね。 迅速な対応どうもありがとうございました。 しかしトランスミッションとプライマリーbの両方対応のオイルはまだまだ高いですね。 これはどっかから社外を探すことにします。 ハーレーオイルドットコムさんお世話になりました!
Categories : Parts & Accessories

2007-12-26

2007:12:23:23:32:53

ミッションのガタ問題に取り組む その6

» ここからマジで組んでいきたいところですが、まず後ろ側のボルトを外します。 前 1       2 ------------ ミッション ------------ 3       4    後 こんな感じだとすると、外したのは3,4です。 3=長い 4=短い ということで悪戦苦闘していたのは4でした。 抜いたボルトは写真でいうと、 長いのが3、 短いのが4 でした。 当然、4に差し込まれたボルトがなぜか短かかったと考えますよね。 ここまでは。 何らかの間違いで利かないボルトがここにおごられていたと。 ところが、このあとずっと時間が経ってからそれが間違いであることに気づきます。 このときはもくもくと作業を続けます。 これは1のボルト位置ですが、ボルトがありません。 調べてみましたが2の位置にもありません。 要は、     前 1       2 ------------ ミッション ------------ 3       4 知らないうちに1、2のボルトは落ちていて、3、4だけでプレートがかろうじて留まっていた状況でした。 乗り方、使い方に無理があったのかもしれません。 エボやツインカムと同じような乗り方をしますし、目に見えるボルトとそうでないもののケアが世の中の旧車乗りほどちゃんと出来ているかとかは怪しいところです。こんな状況をみるにつけ、ワタシこんなバイクの状況をわかっていながらこんなところまでだましだましやってきたことにかなり恥ずかしいと思いはじめました。 とはいえ、日ごろの不整備っぷりを反省しつつ現実に出来ることの対処方法を考えます。フロント側のマウントボルトは純正ではなく、航空機用の強度の高いやつを取り付けることにしました。 溝は問題なく、そのまま使えます。 リヤ側も同じ処理を、、、、 のため、ボルトを突っ込んでみますが、うまくいきません。 なぜだろう・・・。 フレームのメスを執拗に調べますが、 調べてみると、なんと4の位置のワタシが空回りするといっていたボルト(4の位置)がなんとフレーム内で折れているという状況が次第に判明してきました・・・。 予定外ですが、チェックするにはミッションをおろすしかありません。そして、折れたネジが刺さっていることが確認できました・・・・。 数時間の楽な作業と思っていた週末のハイライトの作業はすでに二時間が経過してます。 外では予定通り季節外れの協力な雨がシトシトと路面を濡らしはじめました。 どうなる、オレ??
Categories : MAINTENANCE

2007-12-23

2007:12:22:23:40:56

ミッションのガタ問題に取り組む その2

» さて、続きます。 元エントリーは検索するか、一番下のタグをクリックしてみてください。 このトラブルをなんとかしないと正月越せないよとすごく気になり続けていました。 そして、大阪の船場に電話。 久しぶりに岡田のおにーさんと少し雑談したあとに、ヤス氏とかわる。 ネジのコトは大中小の違いくらいしかわからんからとギャグを飛ばされつつ、 話は工場長の細見さんがいいということで、コールバックをもらうことになる。 10分ぐらいすると携帯にすぐ電話。 久しぶりの細見さんである。 ネジが利いてない話をひととおりして、該当箇所のネジのサイズを確認したが、 9/16あたまの3/8で24山のボルトだそうだ。 どうも見た感じ、ささっているボルトは正しいらしい。チョップショップにネジを買いに行くのはヤメにしよう。細見さんどうもです。 この時点の判断としては、ひとまずプライマリー側をばらして様子を確認したかったので、 平日会社から帰宅してから、まずは作業を始めた。 フットボードを外し、プライマリーカバーを外し、クラッチのプレッシャープレートを外し、、、、、。 いきなり壁に突き当たった。 特殊工具がなかったよ・・・。 しかもクラッチハブもシャフトもどうみても外すのインパクトが必要そうな感じ・・・が、ビッグツイン用のクラッチハブプーラーがないとのことで、 工具を揃える手もあったのですが、早く作業したかったのと、かーる氏にわざわざ付き合ってもらうのも悪いしどうしようかなと考えていたところ、また電話が鳴りました。 「ホームページみましたよ。(笑)」 ハイライトのスーさんこと鈴木さんです。 最初、鈴木でーーーす。と電話に入っていたので、不動産屋の営業かと思いました(笑) 最近ネットもちゃんとやってるとのことで、HPみてわざわざ電話してくれたようです。 時間とってくれるということで、こちらもすぐ済む作業かなと考えてお願いすることにしました。 今思えば、これはこのあと発覚するいろんなトラブルの序章にすぎなかったわけですが。 このときははそれを知る由もありませんでした。
Categories : MAINTENANCE

2007-12-22

2007:12:20:23:30:20

クラブハーレー Vol.90 2008年1月号

» 90号おめでとうございます。、 ちと遅くなりましたが、クラブハーレー発売中です。 ここ見てる方で知らない人も多いと思うんですが、クラブハーレー誌にコラムを持たせていただいてまして、実はもう83連載目という古い歴史を刻んでいます。 流れで見ないとわかんない部分が多いのですが、 小誌(おれが言っていいのか?)もかなり変化していて、それなりの支持をうけてきているとは思います。Jack氏はいつもやりたいことがまだぜんぜん出来ていないといっていますが、いろんな制約のなかでこれからもがんばってって欲しいなと思いますよ。どっかでワタシの連載はそろそろ?終わるとは思うのですが、こんな奇特なハーレーオーナー、このWebサイトの住人の一部もそうだと思うのですが、細分化していくユーザーをどう拾っていくかについては難しいところだと思いますが、連載後も買ってみたい雑誌であってほしいなと切に思います。 ちなみにわたしはクラブハーレー第一号からストックしております。 クニイさんが前面に出てたりしていて懐かしいっすね。 最近編集部が忙しくって連絡がまともに取れないってのが不満ですが、 Jack氏含めみなさんがんばってください。
Categories : Magazines/Media

2007-12-20

2007:12:17:17:46:53

ガソリンの価格比較サイト「gogo.gs」

» 石油情報センターの発表によると、レギュラーガソリンの店頭小売価格は11月10日時点で150円(全国平均)。前年の137円と比べると約9.5%の上昇となる。  年末に向けて石油製品全般の需要が高まる中、ガソリンの価格比較サイト「gogo.gs」を運営するベンチャー、ゴーゴーラボが注目を集めている。  ガソリンの価格は、石油元売りの企業各社が為替相場や原油価格を反映させて卸価格を決定した後、小売り業者であるガソリンスタンドが立地や近隣店舗との価格競争により日々変動させるという。gogo.gsは、全国15万人の利用者の口コミ情報により、全国4万店以上のガソリン価格の情報を持つ。  gogo.gsのサービス開始は2004年11月。当時ウェブ制作の会社でサラリーマンだった小川智史氏(現、代表取締役)が「自分でも何かウェブのサービスを作ってみたい」と立ち上げた。  登録会員数が10万人を超えたことをきっかけに2007年6月に起業し、現在は一人でgogo.gsと、口コミのドライブ情報「GOGO!NAVI」を運営している。  小川氏がgogo.gsを始めた直接のきっかけは、ドメイン検索で「gs」を見つけたことだったという。当時、ちょうどガソリン価格の高騰が話題になっており、gsと「ガソリンスタンド」が結びついた。「身近な地域について、スタンドごとの価格差と変動を知ることができたら面白い」という気持ちでサイトを開設したという。  公開当時は、休日のたびに小川氏がバイクのヘルメットに音声マイクをつけ、走りながら目に入るガソリンスタンドの価格を吹き込んで回り、ひたすら投稿していた。利用者から送られる要望や苦情には毎晩3?4時まで対応し、朝が来ると出勤。その生活を繰り返しながらさまざまな機能を実装し、約3年間運営してきた。 いずれは事務所を持ち、若いエンジニアと働きたい」と小川氏。 小川氏は、起業の前年の2006年に結婚している。起業時は、子供が生まれたばかりだったという。安定した収入を失う可能性があることに不安はなかったかと聞くと「妻が『失敗するなら今しかないよ。子供が大きくなるともっとお金がかかるし、最後のチャンス』と言ってくれた」のだという。  現在は、日産のカーナビ「CARWINGS」への情報提供や携帯電話のサービスの対応なども実現。また、11月には、中古車SNSを運営し、板金工場などの情報を持つトロイカとの協業も始まった。会員数は着実に伸び続け、11月からの1カ月間で会員数は1万人以上増えた。gogo.gsに広告を出したいという問い合わせも多いという。  小川氏は今後、gogo.gsの新機能を追加するとともに、ガソリン以外のサービスも立ち上げたいと話す。「年配の方がgogo.gsを知っていると言ってくれたのは嬉しかった。よりリアルの生活に近いところにニーズがあると思うので、普通の消費者の気持ちで情報収集をしながら新しいサービスも立ち上げたい」と丁寧ながらも楽しそうな口調に話した。
Categories : Web Site

2007-12-17