Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#07 NEWS Category Archives

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#07 NEWS » Club Harley »

1234

ツインテックと三拍子

04年のTC88キャブモデルに乗る友人からヘルプの連絡があり、イグニッションモジュールの取り付けを手伝ってきた。

モジュールの交換の目的は人それぞれだけど、今回の目的はいわゆる三拍子を出したいというやつ。誰もが一度は経験する悩ましいテーマだ。

ハーレーらしい三拍子を出すためにまずトライすることといえば、とりあえずアイドリングを下げることだろう。だが、この04年モデルTCで800回転ぐらいまでアイドリングを落とすとすると、エンジンがストールする。なぜだろう?

あとで調べてみると、純正のマップをショップで書き換えてもらえば大丈夫らしい。

どちらにしてもマップを書き換えてもらったとしてもストック状態でショベルのように600~700回転までアイドリングを落としてもエンジンにロクなことがないので、やはり点火モジュールを交換することになる。ハーレーの点火系には、ポイントやダイナSのような機械式ガバナーのついているアナログなタイプとフルトラと呼ばれる完全にモジュール化されたフルトラと呼ばれているデジタルなタイプとがある。

エボでは、ポイントからフルトラまでのチョイスが可能で、自分の98年のエボでは、フルトラから始まって、ダイナS、そして最後はポイントとどんどんアナログな方向に行き着きついてしまった。正直、綺麗な三拍子を出すなら機械式をチョイスするしかないだろう。

特にポイントをエボにするとフルトラやダイナSでは絶対に出ないほど、テッテケ感が出せる。とはいってもポイントは定期的なメンテナンスが必要だし、ダイナSは、マグネットロ-タ-を使うことにより磁気と磁気の接点(無接点)で着火信号を送ることでポイントで必要な接点の磨耗などのメンテナンスの手間がないが、日常の扱い安さおよび故障面においてノ-マルより問題が多くなったり、せっかくのエンジンをかなりデチューンすることになるデメリットも大きいので、そこは慎重に判断したほうがよい。

TCに装着できる機械式点火モジュールはないため、「SCREAMIN' EAGLE Ignition System」、「DYNA TC88」、「Fire Ball HI4-TC」、「TwinTec TC88/TC88A」あたりの代表的なモジュールからチョイスすることになる。

「SCREAMIN' EAGLE」以外は、ダイヤルを回すことでいろんなセッティングが試せるので、いろいろと乗り味をいじってみる楽しみがあるのが、経験上、三拍子を出すためにダイヤルで低速時の進角が遅くらせても TCではそれほど遅くはならず、綺麗な三拍子も出ない。どちらかというとダッダッダッという等間隔の連打音という感じだ。

そのため今回は、PC-Link KITが市販されているツインテック製のイグニッションモジュールをチョイスして、低速時の進角を遅めにする自作マッピングを作り、PC-Link KITを使ってモジュールに接続しインストールするという方法をやってみた。

このセッティング、PCとの接続設定などがかなり面倒くさいのだけど、ダイヤル接続で出せなかったアイドリング時のフィーリングをだいぶイジれるので、エボっぽい三拍子のアイドリングをTCでも出すことができる。ここまでやれれば満足できる人は結構多いんじゃないだろうか。

けれどやはり昔のハーレーのような迫力のある三拍子というわけではないので、これ以上追求したいのなら点火系だけでなく、フライホイールを重くし、カム、キャブ、インマニなども低速向きのものにデチューンするなど本格的にいじっていくしかないだろう。

ただ、これエボにポイント点火を入れた私のやり方と同じで、TCの持つポテンシャルを完全に消してしまうやり方なので、やりすぎには十分注意しよう。私の63年式のパンヘッドは、ストック状態で綺麗な三拍子が出る。点火はポイント、手動進角ですので当たり前といえばそのとおり。アイドリング時にスロットルを絞り、進角を遅らせると本当に止まりそうな綺麗な三拍子がでるが、じゃあいつもやっているかというとまったくやらない。

実はパンに乗り出して三拍子にあまり興味がなくなったというのが正直なところ。低回転でアイドリングさせると、発進時にエンジンがストールしてしまうと、またキックしなおすのが面倒だからという理由あるけど。ナックルでもパンでも、それぞれ綺麗な三拍子は簡単に出せるが、これぞハーレーと誰もが思える、らしい三拍子はやはり1340のショベルだろう。

個人的にカッコイイと思うのはナックルやパンのEL(1000cc)のモデルの三拍子のリズム。同じ三拍子を奏でてるのだけど、ラウンドタイプのフィッシュテールから出てくるサウンドと、コロコロと元気よく回る内燃機関からの躍動感のあるパルスが、本当にバイクが生きているみたいな不思議なリズムを奏でる。三拍子というのは奥深いもの、である。



(クラブハーレー 2007年9月号に掲載)



1234