Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#04 NEWS Monthly Archives

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#04 NEWS » March 2004 Archive

1
2004:03:24:12:54:22

(特別寄稿)6ボルト の反逆 -6ボルト仕様の旧車を愛する人へ- 

» 二輪車を趣味にすることは「反逆」である、ともいわれる。「別に、そうかな? 面白いからいいぢゃん」と流していた。でも、「反逆」といわれてよくよく考えてみると、ふだん、「危険だ、あぶないヨ」「(四輪で行きゃいいのに) 暑い?寒い?」「盗まれるゾ」「音がうるさい」「(この道楽するのに)幾らするの?」といった周囲の揶揄(やゆ)攻撃にガチガチに力(りき)んで反応している自分に気がつく。 やはり反逆なのかな、と思う(*1)。旧車にのるならなおさらだ。朽ち滅びゆく年老いたマシンに乗って、整備や絶版パーツの入手に眼を白黒し、ABSのついた車や100馬力超のバイクにもまれながら走るのは大変なことだ。HDのスローガン、If I have to explain, you wouldn't understand (HDの価値は自明であり、説明を求める人には理解できない)も反逆の匂いがぷんぷんする。 昨年の晩秋にHDN管理人のtakuパンヘッドとともに2泊3日で山形へ行く機会があった。詳細はhitton サイトで観られる(*2)が、パンヘッド(taku)からショベル(woo)、エボ(hitton、くるま)、TC88(がく、kita)まで4世代のHDが雨雪の降る往復1000km超をともにし、大過なく楽しめたのは新鮮な驚きだった。素性の良い旧車があり、つきあう根気があり、整備が行き届いていれば、旧車でも現行車に伍して十分遠乗りが可能であることを示唆している。
Categories : tage

2004-03-24

1