Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#00 NEWS Category Archives

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#00 NEWS » Vintage Harley »

123456

旧車にはまった理由

 ハマった後でその奥の深さに気づくというのは趣味の世界によくあることですが、ハーレーについても同様のことがいえます。初めて新車のハーレーを手に入れる時分には、そのハーレーが一生モンと思ったり、それを手に入れることこそが唯一の終着地のように思えるのですが、実際に買ってしばらくするとその感動も薄れ、しかもそれは奥深いハーレーの世界のほんの入り口にすぎないことがわかり、あれ?もともと欲しかったのはこんなんじゃない!もうちょっといじれば完璧になるはずだと、そこから自分の好みに外装を換え、給排気系をいじり、せこせこと散財しながら、さらにその先にあるであろう自分のゴールを目指すのです。が、同時にミーティングなどハーレー独特のコミュニティーに参加するとともに、どうしても見ずにいられないものがあります。それが旧車いわゆるクラシックハーレーです。

 ミーティングに行くとそれは顕著になりますが、日本では現役のナックル、パン、ショベルなど、いわゆる旧車と呼ばれるハーレーをかなり目にします。レストアされた車両、チョップされて全く生まれ変わった車両などその形は乗り手によって様々ですが、一台ずつがはっきりとした個性を持った車両として新車で売られている車両とは違った形で存在しています。過去に新車のハーレーしか意識していなかったとしても、一度日本のハーレーシーンの中にある旧車の世界に気づき、あっちもいいなと思うようになったことは新車を買った誰にでも一度あったかと思います。

 そういう私の場合も新車を買った時点では、旧車の世界にさほど興味はありませんでした。最新のマシンより古いマシンが尊ばれる暗黙の日本の状況があることは買った後で気づきましたが、一台目のハーレーとして購入したエボリューションのロードキングはオールドっぽい外観を持ちながら、現代っ子としての強力なパワーと耐久性を兼ね備えてましたから、所有欲と実用性を兼ね備えた最高のマシンだったと今でも思っています。また当時のわたしの乗り方は毎日の通勤からツーリングなど含めて2年間で3万5千キロという結構なハイペースで、しかも北海道や九州から高速で一気に東京までというマシンいじめな走り方をよくやっていたので、毎日何の心配もなく乗れる相棒を選んだというのは当然のことでした。

 しかし、なんでそんな私が旧車に乗り換えたかというと、やっぱり古いハーレーのもつ外観の色気に負けてしまったということです。(笑)エンジンのフィーリングは乗ってみないとわかないし、ネジ一本のオリジナル度なんてぜ~んぜん関係ない私の場合は、ただ単にこのデュオグライドの美しさに一目惚れ。今年になって前号に掲載された通りエイヤッとめでたくゴールインしたのですが、購入にあたって気になったのはやはり実用性。しかしデュオグライドはハーレーとして初めてリヤサスが採用されるなど、フレーム、グライドフォーク、サイドバック、ウインドシールドなどなど、その設計と装備は、現在のロードキングとほぼ同じ。つまり(たぶん)今までの自分の乗り方を変えずにガンガン乗れる旧車としてはデュオグライドが実用的にも最適だという読みもあったわけです。

 で、最後になりましたが、このコーナーでは元エボリューション乗りで実用性重視の私が、一応装備はロードキングと同じだけど、1963年というまだビートルズがデビューしたばっかりの年に生まれたデュオグライドという旧車と、どのような付き合いをしていくかを実際にあったことを交えながらレポートしていこうと思っています。一般に壊れるだとか遅いだとか実用性を犠牲にすることが多いと思われている旧車の世界ですが、それがホントなのかどうかについては皆さん同様、まだ私にもわかりません。ただ、その辺を明かしていくことで旧車に興味のあるみなさんの参考になればと思います。ということで次号からのレポートに乞うご期待。

(クラブハーレーに掲載)




123456