Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#99 NEWS Archives

Home » Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)#99 NEWS » Archives
1999:12:01:17:42:56

石川へ行ってきましたレポート

» さてさて、突然思い立った石川行き。 それは寒風ふきつける金曜日の夜のことでした。 会社からの帰り際、愛車を暖気中にふと遠くにいきたくなり、いろいろとWEBのほうで断片的に話しを聞いていた石川県行きを前田さんに問い合わせると、すんなりと一緒に行くことが決まってしまいました。話しが通じやすいっていいもんです。5,6年前のことですが、10月に入ってしばらくしたころ、家でごろごろと友達と過ごしていたとき、たまたま買ったGOGGLEの巻末のツーレポにSRに二ケツして北海道を走ったのがあって、それを見ながら友達と「おーいいね、明日からいこうぜ!」ってことになり、そのまま景気づけの宴会中、二人で大瓶一ケースをを夜半までかけて飲んだ後、早朝北海道に向けて飛び出したことがあります。おいらはバイクで友達はオンボロのバン。競争しながら走っていった4号線のことを思い出しました。 その日の晩は、hitton、狼金さんと焼鳥屋で飲み、翌日はふつうの時間に起きて、準備をしようとしたのですが、今回はキャンプじゃないのでテントや装備がいりません。あーこいうのもいいなーと去年、北海道に行って以来愛用している冬装備をつけてさっそうと出発したのでした。 待ち合わせの相模湖についたのは予定より30分前。この時期になるとこのへんの通りも少なく、ボート屋なども稼ぎがなくて大変そう。申し訳程度の下手そうなアングラーに冷たい視線をおくっていると今日の物好きな相棒、前田、ヒロシ氏の二人が現れたのでした。 そのままちんたらと流れる20号を北へ向かいましたが、このままでは到着するのは夜になると判断し、大月から中央道に。よく考えると、複数のバイクで遠くまで走るのは4月のブリージーミーティング以来ということで、なかなかペースのつかめないわたくしめは遠慮してTUYOぽんと結成している「遅遅隊」の訓辞に忠実なペースで前田、ヒロシ氏を後ろに従えて甲府路を走るのでした。
Categories : FRIENDS 1999-12-01
1999:11:24:14:11:21

WAKOUDO CALLING参加記

» やまざきさん主催のR&B ミーティング内WAKOUDO CALLINGに参加してきました。 WAKOUDO CALLINGはまさに"若人CALLING"らしくそのまんまのイメージの集まりなのですが、CLASHのLONDON CALLINGがら名前を取ったらしいです。そういえば富山は日本で有数のロカビリーの町へさあ出発だ! (出発でカッコつけの図) とってもいい天気に見守れながらいつものようにそのへんの不満をもちつつ出発。土曜日の渋滞する首都圏を抜け、トラックの排気ガスを風防ではねのけ、それなりに快適な環境を守りつつ関越をひたすら北へ。もっと寒いと予想していたが、三国トンネルを越えても一向に気温は下がらず17度前後でかなり暖かい。都心からあっという間に新潟に到着。ここで挨拶をする人なぞいて所用をすませる。その形式的な儀礼が終わって日の光が頼りなくなった15時ぐらいに富山へ向けて出発。一年ぶりのまだ冬になり切れていない日本海を横目に土曜日のすでに帰宅なのか仕事納めなのか行楽なのかわからない田舎の渋滞の中を列に加わる。西の空には雲が踊っていて天気が徐々に下り坂であることを告げているが当分は大丈夫だろう。 (その雲です) 糸魚川市まで30キロほどになったときにすぷから電話が入る。その電話でやっと自分がミーティングに向かっている実感がわいてきた。今回は北陸勢に甘えさせてもらって軽装で参加することにした。電話口の様子だともうぼちぼち宴が開かれている様子。しっかりと準備してくれているであろうみなさんに感謝しつつスピードをアップ。 (アップしてます) 僕自身、過去に北陸を何度が走ったことはあるが、各都市の距離感がいまいちわからない。もっと近いと思っていた糸魚川を過ぎたころにはあたりは真っ暗となり、急に交通量もすくなってきた。5台ぐらいの車の一団と共に時速80~100キロぐらいで親不知のあたりのタイトなトンネルの中のカーブを交わしていく。排ガスで汚れたヘルメットシールドのせいで視界が悪くなったためのそれをあげて走る。どっかでもう一回電話が鳴る。すぷと思うので無視。すると突然黒部川が現れてバイブズの地図で指示してあった交差点に出た。気温11度。ミーティングの看板が現れて会場に到着。 会場入り口で何人かの人が待っててくれた。みんなが集まっている会場まで"間違いながら"も誘導してくれた。今回ミーティングが行われた墓の木公園はまさに堤防を挟んで黒部川のすぐ脇にある場所になる。黒部川が暴れるときはまっさきに水につかることもあるらしいほどの側になるので天気が極端に悪いとちょっと怖い。だが、ほどほど傾斜もあり、木が生い茂るその中でバイクをサイトまで入れて火を囲めるようになっているので、まさに写真で見るスタージスのテントサイトの縮小版。場所としては大変気に入った。関東近郊の一区画いくらとか地面を分け合うセコイキャンプ場は嫌いだ。 暗闇にまだ目も慣れないうちに一斗缶が三つぐらいがんがん燃えさかる今夜の宴の会場であいさつをする。ひさしぶりの笑顔笑顔。がっちりとみなさんと握手。いつも思うのだけれどそんなに会ってないのにずっと会ってたような不思議な感じ。 (WAKOUDOの看板) テントを張ろうとするとなぜかポールが折れていた。まあなんとか夜露をしのげればいいやと思い、適当に張ってから宴会会場へ。がんがん火の粉を飛ばして燃えさかる火が、他のグループとの勢いの違いを感じさせる。参加費はなんと千円ぽっきり!出してくれる人が出したんですね。ゴチになります。会場は地元の仲間の雰囲気と遠くから来た人の雰囲気が混じり合っていて、僕にとってはいつも大勢で火を囲むメンツとは違うのでなんか新鮮な感じ。唯一関東から参加した takaちゃんはすでにほろ酔いか。なかなか雄弁に語っている。takaなんかもう何回も行っているからもう慣れっこなんだろうね。ぼくにとってはまだまだ未開の地。そんな中にすんなりと知らないうちに知り合いがたくさんいて、それでいてみんなが待ってくれたってのがとっても心地よくってくすぐったくてどんどんうれしくなったのだ。 会場ではイベントが始まって見た目で8割ぐらいの人がテントのあるブースに集まった。ぼくは料理がうまいし、どうせビンゴも当たりっこないと思ったので、そのぶん時間を有効に使って北陸の珍味を堪能することにする。残った何人かと話しをしながらふと空をみるとこっちの地方の深くて黒い空が広がっていた。 イベントは進んで行くが、ビールの早のみ競争が長いのか、進行役が悪いのかぽつりぽつりと人が帰ってきた。ビンゴに景品は10万円のキャッシュだったらしいが、あたった人は全員にビールをおごったらしい。みんなに脅迫されたのかもしれないけどね。 (様子1)(様子2)(様子3) なんだかんだでいろんな人と話をして酔っぱらって、午前一時ぐらいに眠りについたた。よくミーティング行くと最後はよく覚えてないことも多いんだけど、今回はしっかりと記憶ありのシュラフにちゃんんとはいってチャックをしめてと完璧でした。 翌朝うどん入り闇鍋が出来たときにやまざきさんが起こしてくれた。みんなが食べているのをみて闇鍋に手を出す。わざわざやってきてくれた平野さんのコーヒー飲んだりと朝からみなさんのいろいろな好意をうけとりつつおきまりだけどみんなのバイクみたりとゆったりした時間を過ごす。 午前10時、みんなに見送られて出発。(片づけとかお任せしちゃってすみません)富山市内に向かうために広域農道へ。途中まで快適に行っていたがT路にさしかかってどっちにいいかわからずそのまま8号へ。ちんたら流れる8号から富山市内へ。そのまますべての信号にひっかかりつついらいらしつつ41号?かな。高山をめざす。 ここっていつ走ってもこんな感じだよな。 ここってとっても気持ちいい道路で毎回とはいわなくてもかなり頻繁に通る場所。途中富山方面に向かうハーレーのグループとすれ違う。ここまで離れるとピースもしないかもね。どちらかというとオフ車とか関東近辺じゃ挨拶しないような人からつぎつぎにピースサイン。ツーリングしているっていう感覚。下がってくる気温。雲一つない晴天。 松本に向かうために平湯方面へ。遠くの上高地だろうか。頂にはこちらも雪が。平湯から最初は緩やかな傾斜をのぼり安房峠へ。当たりは一面紅葉かそれも終わって裸状態。たまにやってくる対向車でヒヤッとしながらかみしめるようにゆっくりとのぼっていく。思えば最後にここを通ったのは去年兵庫県で開かれたバイブズミーティングの時。昼過ぎに東京を出てのんびりと走っていたら、ここを通過するのが22時ぐらいになって、真っ暗闇の中通ったことを思い出した。 このへんまでくるとさすがに寒い。5度はないと露出した肌で感じることができる。ちょうど頂上に着いたときに上高地がさっと現れた。エンジンをとめてしばし休息。 「無音」 直感的にここが今回の旅のクライマックスだなと感じて、できるだけこの瞬間とか気分とかをゆっくりと感じて堪能したくてしばらくたちつくしたその後、車に分乗した団体がやってきて静寂がかき消されると同時にエンジンをかけ、峠を一気におりていった。 松本から高速にのり、甲府で降りたあとはお約束どおりの大渋滞。 このへんの苦しみはいつものことでまた思い出しながら書くのも大変なので割愛させていただく。 今回の旅で思ったことはいろいろあるけど、まずはやまざきさんをはじめミーティングを支えてくれたすべてのみなさんに感謝。地元に誇りと愛着をもって人に接するみなさんを見れたことが今回の一番の収穫でした。また年末キャンプでお会いしましょう。
Categories : TOURING/DIARY 1999-11-24
1999:10:24:14:29:14

北米最大の二輪車博物館見学紀行 Barbers Vintage Motorsports Museum - 珠玉の名車 650台 1904 Shaw から 1999スズキハヤブサまで - 第四部

» #9 博物館の沿革(http://www.barbermuseum.org/museum.htm) 博物館は創立10年の、個人所有の博物館で現在は非営利団体として活動しています。 設立の経緯についてはウエブサイトに良くかかれていますが、当地でアイスクリーム 会社を経営し大成功をおさめた George Barber なる人物が、会社を売却。うなるよう な資産を使って、10年前から、二輪車を主とする、蒐集を開始しました。いまや、 その数650台。館内にあった新聞記事によれば集めた二輪車は総額10億円の資産 価値があり、銀行の博物館の口座にはまだ5億円の資金がうなっているそうです (*o*)。 写真でご覧に入れたとうり、ほとんどが完動車で、わざとオリジナルのペイントを残 してレストアした車、欠損部品を自作して新車以上のコンディションに仕上げたビン テージ車と、様々なレストア哲学で再生された車が混在しています。(http://www.b arbermuseum.org/ourcoll.htm)もちろんど新車で購入した現代の二輪車も数多くあり ます。スズキのハヤブサもありました。 #10 Joeさん登場 メモを取りながらφ(. .)デジカメで写真をぱちぱち (^_*)/口★撮っていると、従業 員の一人が「熱心にメモを取られていますが新聞社の方ですか?館内の説明は受けま したか」と声を掛けてくれました。ウエブサイト(http://www.barbermuseum.org/ou rstaff.htm)にも出ている、Joe Bruton さんでした。彼はレストアラーとして博物館 に勤務し、たくさんの二輪車を手がけ、再生したとのことでした。残念ながらジョー さん同伴で見せてくれた施設は写真撮影禁止で、みなさんに紹介することはできませ んでしたが、オイル1滴こぼれていない清潔なレストア室、エルフのF1マシン、倉 庫に眠り夜明けを待っている膨大な数の二輪車の数々を1時間近くかけ、丁寧に説明 してくれました(これで$5はタダのような値段だ)。以下の問答文は彼との会話の 抜粋です。FAQについてはウエブサイトにもまとめられています(http://www.bar bermuseum.org/common.htm) #11 なぜ水木金 この博物館訪問の最大のネックは週に3日間しか開いていないということです。Joe さんにも尋ねてみたのですが「見てわかるとうり狭いでしょ。土日にあけてしまうと、 人がどっと押し寄せて、混雑し、裁ききれないし様々な問題が出てきてしまうんです よ。(心ない人のいたずらや小物の盗みもあるのだろう)それよりは平日に来てくれ る人にじっくりと見て貰って、われわれも、お客さん一人一人に博物館の隅々まで詳 しく説明して、見ていって貰いたいのです」ということでした。 事実、σ(^o^;)は3時間強 館内に居ましたが、訪れた客は10人ほど。写真を見て 貰ってもわかるとうり人影はほとんどありませんでした。時代と空間を超えて館内に 佇(たたず)む二輪車たちに対峙(たいじ)し、多くはすでに天国にいるであろうメ イカーの技術者、経営者達の夢、この二輪車達を様々な事情で手放した過去のオーナー 達の情熱、そしてレストアラーの魂が入った1台1台を見つめ、至福のひとときを過 ごせました。 と書くとかっこいいけど、σ(^o^;)実体は>>> やっぱ持つべきモノは金だ金だ金だ金だ金だ金だ金がすべてだぁっ! と物欲の炎を めらめらと燃やし、儲からない商売を選んだσ(^o^;)に自己嫌悪し、 Barber のおっ さんに横恋慕/嫉妬するのでした (*^o^*)。アァ物欲物欲物欲物欲物欲物欲。 (笑) #12 どうやってこんなにたくさんの二輪車を良好に保存しているの? この博物館のウリは展示車がほとんど実働(約99%)で、全米各地の催し物に出前して、 走行実演が可能である、ということです。こんなにたくさんの二輪車をどうやって良 いコンディションに保存しているのか不思議に思い尋ねてみました。 Joe 「古い二輪車はベアリングからねじ一本に至るまで完全にバラバラにし、写真と レストア記録を丹念につけて組み立てます。動力系が完調なのを確認したら、部品に はワセリンを塗って組み上げ、展示します。定期的にエンジンをかけたりしません。 後にイベントなんかで、走行する予定が立ったらエンジンオイルを入れてそのままエ ンジンをかけます。コレで問題ないのです。ワセリンはエンジンの熱で簡単に蒸発し、 悪さをしません。ほっといてもピストンリングがひっついたりなんかしませんよ」 Joe 「でも我々は常に学んでいます。どうしてもわからないことが多い。毎日毎日が 勉強なんですよ」と真摯、かつ謙虚な返事が返ってきました。 Joe 「レストアでもっとも難しいのは実は色なんですよ。イタリアンレッドといって も何十種類もあるし、同じメイカーでも年式により微妙に色が異なるのです。古いヤ ツは特に当時の色見本なんてありませんし、経年変化の問題もあります。色は本当に 苦労しています。」 会話を通してぼろぼろの旧車でも確実に完動車に仕上げられる、 その先が難しいのだ、といいたげでした。言葉の端々には確固たる自信が満ちあふれ ていました。オリジナルに忠実な塗装が難しいとは、なんと高度なレストアを目指し ているのか........ #13 こんなにあるのに何がまだ足りないの? くるま「素晴らしいコレクションですね!もう足りないものはないでしょう?欲しい ものはまだあるのですか?」 Joe 「歴史上重要な二輪車で、手に入ってないのはまだたくさんありますよ。たとえ ばホンダの750 (CB750K0)はどうです?ないでしょ? 日本車のコレクションが貧 弱です。とくにホンダの小排気量車(スーパーカブなど)が全くない。あれはとても 重要な車です。米国では日本の400ccが手に入りにくいのも困っています。どうです、 あの車、私が一番好きなバイクなんですよ(といって、VFR400R と MVX250F を指した) 。」 くるま「あんなの日本にいくらでも転がってますよ。σ(^o^;)が乗り始めた頃は毎日 道路で見かけました。ティーンエイジャーが免許を取ってすぐ乗るバイクですよ。( 打ちのめされていたくるまやや優越感にひたる (笑))」 Joe 「私は小排気量車が好きなんですよ。世界中から買い付けてますし、また寄付し てくださる方もいるのですが、なかなか集まらないのです。でも10年間でここまで 来ました。」 Joe 「それから、古い日本車はパーツが供給されていなくて、これも大変困ります。 スズキ、カワサキなんかは特に苦労してます」 というわけで、衰退の歴史をたどった米国の二輪車史を反映しているのだろうか?日 本の4大メーカーの二輪車達に囲まれて育ったσ(^o^;)には意外な答えが返ってきた。 みなさんのなかで、ガレージで眠っている50, 125, 250, 400cc なんかを譲っても良 いという方、下記に問い合わせてみてはいかがだろうか?彼らは潤沢な資金を持って いますよ!(笑) #14 ダウンタウンの小博物館から一大テーマパークへ(http://www.barbermuseu m.org/index.html) -成金趣味(?) 見せびらかし屋(?) から アラバマ州の観光名所、文化遺産を目指して- この博物館は、とにかく莫大な数の二輪車が所狭しと並べられ、年代も、メーカー/国 別も、レーサー/公道車もはっきりと分けられていません。はっきり云って、フィロソ フィーがないのです。とにかく潤沢な資金を背景に、がーっと集めている感じです。 欧州の人なら「アメリカ南部ど田舎の成金オヤジが道楽で悪趣味の二輪車狩りをして るだけ。歴史がないね」とせせら笑うことと思います。 でも Joe さんは静かな、しかししっかりした口調で将来の夢を語ってくれました。 Joe 「いま、くるまさんにご覧に入れたようにこの場所も手狭になってきています。 週末に開館することもできないし、コレクションのすべてをご覧に入れることもでき ません。実は、バーミンガムの郊外に約700エーカー(約86万坪 1エーカー= 1224.17坪)の土地を市から譲り受け、ディズニーに負けないようなテーマパークを作 る構想があるのです。展示車両もぐっと増えて、走行実演もやります。1周2.5マ イルのレース場も作ります。すでに市からはゴーサインを貰っているのですが......」 くるま「なんかワケありですね?反対運動(anti-motorcycle movement)でもあるので すか?騒音とか環境破壊とか?」 Joe 「実は予定地の近くに住んでいる人の一人が反対しているのです。大きな事をや ろうとすれば、必ず反対する人が出てくるのが世の常です。でも我々は市を味方に付 けていますし、きっと実現させます。」とのことでした。 博物館にあったローカル新聞の切り抜きを見ると、バーミンガム市が市の郊外、I-20 の近くにある760エーカーの林(未開発地 時価約5億円)を40年間リースし、 博物館側は2400万ドル(約25億円)を投資して、10万平方フィート(約93 00平方メートル  1平方フィート=0.0929平方メートル)のビルディングを建て て二輪車を展示、その他キャンプ場、カヌー場を建設、という計画が書かれていまし た。レース場はホンダとメルセデスのテストコースとしても供用され、フォーミュラ カーも走れるようにするとのことでした。2001年にはオープンの予定だそうです。 #15 ぜひぜひ行って欲しい>みなさん ロサンゼルスでもニューヨークでもミルウォーキー/デトロイトでもなくて、なんでア ラバマ?てわけですが、アラバマ州にはホンダとメルセデスの工場があり、前述のタ ラデガレース場もあります。実は自動車工業には関連の深い州なのです。場所と開館 時間は大きなネックですが、近くの都市、アトランタ、メンフィス、ニューオリンズ、 ナッシュビルなどに行く機会があり、曜日があえば、ぜひぜひ、飛行機/レンタカーで 訪ねてみてください。二輪車が本当に好きなら一見の価値あり! σ(^o^;)も2001年 のリニューアルの際には再度行ってみたいです。 #ひとたび足を踏み入れたら閉館時間まで、口はあんぐり、アタマを掻きむしり、目 は点、はなぢブー、心臓はドキドキ、のどはカラカラ、全身硬直、食事も忘れ、シャ ッター押しまくり、足は棒になるまで館内で楽しいひとときを過ごすことになるでし ょう。2日~3日いても飽きないと思いますよ。(^^) 受付のおっさんは「日本人は あんまり来ないね。少ないヨ。」と云ってました。 今回は詳しく聞けませんでしたが、レース活動(http://www.barbermuseum.org/topp age1.htm)もかなり盛んにやっているようです。  #16 来館情報 ■ 住所 電話 Barber Vintage Motorsports Museum 2721 5th Avenue South Birmingham Alabama 35233 USA tel 205-252-8377 fax 205-252-8079 Website http://www.barbermuseum.org ■ 開館時間(99年9月現在)水木金 午前9時~午後3時まで **注注注注** 必ず開館時間を事前に問い合わせてください。午後3時の閉館後、たくさんの客が残 念そうにUターンしていきました。アトランタとは時差が1時間あります。 ■ 入場料 $5 子供6-12歳 $2 (タダのような値段です) ■ 博物館内の施設(*マークは館員の同伴が必要 写真は禁) 展示場(写真ビデオは黙認) *レストアルーム(http://www.barbermuseum.org/ourrest.htm) *塗装専用室 *ダイノマシーン(出力測定装置) 喫茶室(会議室) *倉庫 *図書室(http://www.barbermuseum.org/ourlib.htm) コレクションの一部はニューヨーク市の Guggenheim Museum (http://www.guggenheim.org) でも展示されているそうです。σ(^o^;)行ってみたい 博物館です。 ■ おみやげ Tシャツ($15くらい)、帽子、コレクションを集めた本($40くらい)、ピン、 などのノベルティグッヅもありましたが、すべて現金のみ。カードの支払いは受け付 けてくれません。 ■ 食 事 歩いていける範囲に飲食店はなさそうでした。ダウンタウンに戻ればいくらでもある はずです。博物館の西側はアラバマ大学がありますし。 ■ 行き方(http://www.barbermuseum.org/ourloc.htm) バーミンガムのダウンタウンをやや南東にはずれたところに位置しています。 I-20(I-59と合流しているので注意) から行くならダウンタウンで降りて、とにかく東 西に走る大きな線路(広大な鉄道の敷地)を陸橋で越えて、ダウンタウンの南半分に入 ってください。東西に延びる道は北から順に 1st, 2nd, 3rd Street South と名前が 付いていて碁盤の目の様になっていますので、一方通行に注意して、5th Street South に入ったら東に進み、高速31号線の下をくぐって100m ほどの右側にあります。  道を聞いても強烈な南部なまりの人に出くわすと、CNN や 英会話教室で習う英語で 全米を網羅できると思っている日本人にはなかなか理解できないでしょう(笑)。 #17 最後に 99年3月のデイトナリポート(下記)以来の大ネタです。ネタはたくさんあるのですが、 なにぶん時間がなくて思うにまかせません。みなさんが興味を持ってらっしゃると思 われる、当地の事情もっともっとお伝えしたいのですが、期待に添えず申し訳ありま せん。m(-_-)m 帰国後ヒマを見つけて原稿化できると良いのですが..... 今回のレポ-トは如何でしたでしょうか? 感想お待ちしています。若干名の方に帰国 後 オリジナルの生写真をCDRに入れて差し上げようかと思っていますので、ぜひ感 想でも質問でもどしどしDMください。BBSでもお待ちしてます。  ★ ○場さん、どうですか? Barbers ご存じでしたか? (取引でもあるのかな) 参り ましたか?(σ(^o^;)がすごいわけぢゃないけど (笑)) 写真は FUJIFILM FinePix 2700 Normalモード 1800x1200ピクセルで撮影した画像を Win98上 ART Streamer V3.4 (http://member.nifty.ne.jp/Kazunari/) で一括して減 画素し、 気分次第で(笑) AdobePhotoshop 5.0.2でレベル、カラーバランス、アンシ ャープマスクを用い、微調整したものです。 ** 謝 辞 ** 拙稿上梓にあたり、めい、Hitton 、狼金クライン、各氏が快く校閲を引き受けてくだ さいました。ここにあらためて御礼申し上げます。m(-_-)m ** σ(^o^;)主な過去投稿記事 **      http://www.music.co.jp/~taku/news/1998/12/toyrun.html デイトナリポート  http://www.music.co.jp/~taku/news/1999/03/03.html Hitton サイトロードキング http://www.yk.rim.or.jp/~hitton/FLHR/FLHR0013.html 注:WEBMASTERの都合により現在休止しています。 くるま@アトランタ '98 FLHRCI
Categories : TOURING/DIARY, Vintage Harley 1999-10-24
1999:10:24:14:24:58

北米最大の二輪車博物館見学紀行 Barbers Vintage Motorsports Museum - 珠玉の名車 650台 1904 Shaw から 1999スズキハヤブサまで - 第三部

» #8 黙認の写真撮影 さっそく写真で記録できた素晴らしい名車の数々を紹介しましょう。年式や名称など 間違いがあるかもしれませんが、その点はお許しを。HDをはじめとする米国車と、 その他の二輪車/側車、四輪車に分けて羅列します。例によって接続速度の問題で全部 が見られない人のために、重要写真に*をつけました。 ■ 米国車、HD車[たくさんへ くるま注 写真の数字は *.jpg の * に相当します] 1 HD WLC1943 WLカナダ軍仕様 2 HD WLA 米軍仕様 *4 Indian Dirt Track Racer *5 Indian Board Track Racer 1912 昔、米国の二輪車レースは木製(板張り)の オーバルコース(board track)で行われていました。すぐに傷んででこぼこになり、き わめて危険な状況下、往年のレーサー達はほとんど役目をなさない革のヘルメット( 絶句)を着用し、しのぎを削っていたようです。 後ろはHD 1920 FACTORY BOARD TRACK 8-VALVE RACER(http://www.barbermuseum.org/harley.html) *8、9 Henderson Super X 4気筒 10 HD VR1000 *11 Crocker 1938 917cc 75台しか生産されなかった稀少車 13 HD 14 HD Aermacchi short track racer 1964 250cc 草レース用 当時HDディー ラーで購入できたという 15 HD XR750 1980 ミクニツインキャブで100馬力近く出るとのこと 20 HD(Italy) RR250 1975 水冷2ストレーサー 21 HD KR TT Road Racer 1957 750cc V twin 22 HD(Italy) RR500 1976 水冷2スト2気筒 *24 HD Model 9-B 1913 オリジナル塗装 OH未施行で今でもエンジンがかかる という *25 Indian Four 1932 Model 403 *26 Shaw 1904 説明書きがついていた中で最古のバイク 27 HD Duo Glide 1961 最高の仕上がり。このままアトランタまで帰れそう 28 FN Light Four 1906 この時代に高出力を求めて4気筒を作っていたとは新鮮な驚き 36 Cushman Super Silver Eagle 1963 シリンダーとダウンチューブの間の広大な スペースが他車では考えもつかないレイアウトだ。 37 ERIE 1905 かわいい距離計がフロントアクスルにちょこんとついている *41 HD Vツインを搭載したミゼットレーサー 42 そのエンジンルーム拡大 43 そのコックピット 46 HD Boardtrack Factory Racer 1920 このハンドルがれいしぃなのだ(笑) ■ 日欧車、四輪、その他 3 展示室内 6 Ferrari Dino 246GT (;´д`)うぅぅ 7 BMW+Steib R17 1937 12 ホンダ3兄弟 左から CL72 1962 CB77 1965 CB72 1962 16 ロータス葉巻型レーサー 赤1962 FJr 緑1961 F-1 17 Edmund Midget Racer 1964 この展示形式が Barbers 特有 18 Hagon-Jap Dragster 1960 (UK) 欧州のドラッグマシンは当地では稀少 *19 MotoGuzzi 1949 Airone Turismo とってもお洒落 23 ヤマハのレーサー達 プラモデルにあらず 29 Vincent Grey Flash Replica 1950s 30 HRD V2レーサー エンジンの造形美では屈指の二輪車と思う 31 欧州車の群像 32 Hercules もう決して生産されないだろうと思われるロータリーバイクの咆哮( ほうこう)を一度聞いてみたいものだ *33、34 究極のラットバイク(原車不詳(笑))1998 Sonny Dalton氏作 *35 おそろいであつらえたヘルメット Barbers のために芸術家(?)のDaltonが製作したラットバイク。ざっと見ただけで、 電話、コップ、水筒、ゴジラ、ニンジャタートル、ターミネーター、ガイコツ、バー ビーちゃん、くまさん各種人形、釣り竿、WD40(当地のCRC5-56に相当)、クリスマスツ リー、ゴルフパター、ライフル、燭台、タンバリン、バンダナ、トランペット、ヘッ ドホン、馬具(サドル)、ダーツの矢、投げ縄、各種旗、手榴弾、ピストル、ガムテー プ、などを装備(笑)している。 38 Kreidler Vanveen 1972 オランダ 16.5馬力@16000rpm (*o*) 最高速105マ イル!(160km超) *39 MV Agusta Factory Racer 1972 743cc アゴスチーニ車 博物館のコレクショ ンの中でももっとも価値のある車のひとつ *40 タンクに書かれたアゴスチーニのサイン 44 BMW R80 1989 別にナンの変哲もないBMWだが、世界一周 6万5千マイルを 走破したあと、博物館に寄贈 45 その道のり。メカトラブルどころか、狙撃、夜盗、かっぱらいなどは大丈夫だ ったのだろうか.... 47 博物館を訪問した有名人(レーサー)のサインの数々 *48 BMW R60/2 Steib サイドカー 1969 これも希少価値が高い一台 詳細な スペックはウエブサイト http://www.barbermuseum.org/BMW.html にあり 49 日欧レーサーの数々 ライムグリーン、イタリアンレッド、ストロボラインが 泣かせる 52 くるま FLHRCI と看板 53 まっすぐ帰るのはつまらないので帰りにバーミンガム郊外のHDディーラー、 Rider's HD に寄ってみた。訪問先のHDディーラーでTしゃつを買うのは鉄則なの だ。この寄り道も含めて往復350マイル(560km)。 帰る途中でカントリースタイルのレストランクラッカーバレルで夕食(http://www.cr ackerbarrel.com/) 店舗の住所は Oxford, AL I-20, Exit #188 220 Morgan Road Oxford, AL 36203-3451 電話 (256) 835-6700)。6時ちょっと前でまだ早いの に店内はほぼ満員。巨大なミートローフがおいしかった。南部に来たら一度は付け合 わせの野菜としてポピュラーな「オクラの唐揚げ fried okra 」を試して欲しい。か らっと揚がった衣ととろっとしたオクラの食感のハーモニーが最高だ。 帰ったら午後9時過ぎ。翌日は8時に集合してオーガスタまで110マイル走ったの だ。 
Categories : TOURING/DIARY 1999-10-24
1999:10:24:14:19:29

北米最大の二輪車博物館見学紀行 Barbers Vintage Motorsports Museum - 珠玉の名車 650台 1904 Shaw から 1999スズキハヤブサまで - 第二部

» 第二部   #5 やはり役に立つツーリストインフォー [infoent.jpg] [infoinside.jpg] 主要なインターステイトの州境にはほとんど必ず休憩所とツーリストインフォーメー ションがあり、きれいな洗面所と、旅の相談所が設けられ、チップの心配もいらず、 タダで道順、パンフレット、地図を手に入れることが可能です。向こうも質問に答え るのが仕事、小さな州大使です。たどたどしい英語でしつこく尋ねても、笑顔で対応 してくれる可能性が高いです。 博物館の道順は 検索サイト(http://www.switchboard.com http://www.yp.bellsouth.com/)で調べ、博物館に直接電話して確かめようとしたので すが、食い違いがあり、今ひとつ自信がありませんでした。ツーリストインフォーの 受付では、おそらくボランティアと思われる初老の婦人が丁寧に道順を教えてくれ、 これが大変役に立ちました。 #6 でも道に迷う (笑) アトランタを出発して2時間ほど、南部でもっとも由緒あるレース場(世界最大かつ 最速といわれている)のひとつ、ナスカーレースで有名な、タラデガレースウエイ( http://www.nascar.com/tracks/talladega/index.html  と  http://www.tallad egasuperspeedway.com/  これも行きたかった)の近くをかすめ西へ西へ。時間が惜 しかったので、昼食はガソリンスタンドでホットドッグひとつだけ。バーミンガムに ついたのはアトランタの時間で午後1時過ぎでした。バーミンガムのダウンタウンに 北側から入り、 22nd Street North で降りて、目的の5th Street を目指しますが、 いつまでたっても、目的の博物館は見えてこないのです。一方通行の道をぐるぐる回 って、仕方なく、品の良さそうなホテルで道を聞く羽目に。(--; 親切なホテルマン [hotelman.jpg] が教えてくれました。バーミンガムの町は東西に走る鉄道で南北に2分され、5番通 りという名前の道は、北の5番通り5th Street Northと、南の5番通り5th Street Southの2つあることを知りました。(この時点でまだ、線路を越えていなかった)。 そこで、22nd Street Northをぐーっと南下し5分ほどで線路をこえる大きな陸橋を通 り過ぎると 走っている道は22nd Street South に名称が変わっていました。 バーミンガム地図 http://maps.yahoo.com/py/maps.py?Pyt=Tmap&YY=4603&city=Birmingham&state=AL&s lt=33.5083&sln=-86.8008&zip=35233&mag=7&cs=5&newmag=8 #7 さぁ到着っ [51.jpg] 入り口前の看板 【開館日 水木金 9時~3時】 一度行ってみるとこの開館時間も納得がいくのだが、コレに泣かされている人は結構 いると思う。近くても遠いのだ..... [50.jpg]。 博物館の入り口 [visitor.jpg] 早速ついてみると、車が10台ほど止められるくらいの小さな駐車場には見物客のバ イクが3台。ノートン、ハーレーとゴールドウイングが止まっていました。小さな入 り口を入ると、無愛想なおっさんが、あんたっ、5ドルね、みんな守らなくて困るん だけど、写真はダメだからね、ここにかいてあるっしょ と、強烈な南部なまりと、 タバスコを間違えて一気飲みして、やせ我慢しながらしゃべるようなしわがれ声(笑) で云いました。 中には噂どうり、ぴかぴかの日欧米車がぎっしり。(・_・)しばし目が点になりました。 ところが、館内に数人いる客をよく見てみると、堂々とビデオ撮影、写真撮影をして おり、従業員もフラッシュが光っても黙認しているのに気づきました。おどおどしな がらも、さっそくσ(^o^;)も遠慮がちに写真撮影を敢行。もっと時間が、もっとカメ ラのメモリーがほしいっ!  
Categories : TOURING/DIARY 1999-10-24
1999:10:24:14:13:48

北米最大の二輪車博物館見学紀行 Barbers Vintage Motorsports Museum - 珠玉の名車 650台 1904 Shaw から 1999スズキハヤブサまで -

» #1 いってきたヨー くるま@アトランタです。アトランタでのHD特派員生活を終え、間もなく帰国しま す。 9月10日、アラバマ州にある【 Barbers Vintage Motorsport Museum 】 (以下博 物館と記します)という素晴らしい二輪車博物館 へ行く機会がありましたので、写真 とともに、みなさんにご紹介しようと思います。今回の米国滞在中で、おそらく最終 レポートになるかとおもいます。 #2 週末休みの変な博物館 アラバマ州バーミンガムにBarbers Vintage Motorsports Museumという名の、すごい 二輪車博物館があるということは1年ほど前にジョージアサイドカークラブの友人か ら聞いて知っていました。しかし電話してみると、 水-木-金曜 の週3日間しか開 館していないとのこと。どんなわけでそんな冷たい仕打ちをするのでしょうか?(笑 この理由は後でわかる)休日でさえ働くこともあるのに、平日休んでまで行く機会は なかなかやってきませんでしたが、<車ででもいいから必ず行ってみよう!>と、心 に秘めていたのでした(笑)。   #3 チャンス到来 9月9-12日に、ジョージア州オーガスタでジョージアHOGラリーがあるのに合 わせて、σ(^o^;) 10-12日の金土日、何とか休みを取っていました。ところが!  今回のHOGラリーはしらけムードが漂い、おもしろくないといううわさがチラホ ラ。そこで金曜を急遽、アラバマ行きにあてることにしました。結局これが大正解で 11,12日の一泊でHOGラリーは充分。金曜はバーミンガムへ、土日はサウスキャロ ライナ州境近くのオーガスタへ、と東へ西へ大満足の週末でした。そして、σ(^o^;) の FLHRCI はこのアラバマ行きとHOGラリー参加の役目を果たし、3日後、日本に 向けて旅立ったのです。(ToT)  #4 いざバーミンガムへ 10日朝、部屋の掃除と洗濯を済ませて、午前10時に自宅を出発。9月初旬のアト ランタは、日中は摂氏30度ほどになりますが、大陸性気候のため朝夕はすでに涼し く約24度くらい、初秋の訪れがわかります。日が昇りきる前に、綿シャツでインター ステイトを走るとやや肌寒いくらいの気候です。バーミンガムまでは片道約160マ イル(約250km)。3時間弱の行程です。 (注) 以下「I-XX」はインターステイトXX号線を意味します。当地では上り線下り線 という表現はなく、進行方向の方角で行き先を示します。 アトランタのダウンタウンを北東>>南西に貫くI-85 SOUTH から真西に向かうI-20WESTに乗りかえて、一直線。アラバマ州のバーミンガムを目指 しました。背中に太陽を背負い込むので、視界は良好、金曜の午前中で交通量も少な く、快適な高速走行でした。 ジョージア州~アラバマ州の地図 http://maps.yahoo.com/py/maps.py?Pyt=&Tmap&city=Birmingham&state=AL&slt=32.3 667&sln=-86.30&mag=2&cs=5&newmag=3 http://www.eng.auburn.edu/alabama/map.html これは遅い
Categories : TOURING/DIARY 1999-10-24
1999:09:24:14:49:14

Harley-Davidson NEWS Aug. 1999

» Aug.25 ◇ハーレージャパンからの手紙 車両購入から一年半を過ぎた最近、ハーレージャパンからアンケートのお願いがきました。新車購入の時期にみなさん答えた方も多いかと思いますが、車両の調子、カスタム化の進行度、つきあいのあるディーラーの評価等、まあ質問としては適正なものがずらりと並んでいます。ここのところディーラーに関する苦情がWEB上で目立ちますが、メーカ側がこのような調査を行い、本気で生かしていくのであれば、我々にとっては有益な結果となります。任意ですがわたしのほうはしっかりと書いて送るつもりです。 ◇FXDXレポート 1999 FXDXのレポートがのっております。ライトカスタムとしての効果測定も。(FXDXレポート) Aug.23 ◇FordとHarleyとのピックアップトラック 米フォードモーターは10日,高級オートバイで知られる米ハーレーダビッドソンとピックアップトラックを共同開発したと発表しました。全米で最もよく売れている小型トラック"F150"をベースに,排気量5400CCの260馬力V8エンジンを使用,ハーレーのオートバイに近い排気音がでるよう調整したとは日経新聞の記事。黒地にオレンジの線をいれた外観や黒の皮を多用した内装品もハーレーらしさを取りいれているらしい。2000年春にも台数限定で北米で販売を始める.価格は22000ドル以上になる見通しだ.両社の提携契約は5年間続き,他の車種でも"ハーレー版"を投入していく予定.(FORDのプレスリリース) Aug.13 ◇FXSTDがHarley-Davidson Japanにも FXSTDがHarley-Davidson Japanの情報ページのも掲載されました。10月末より開催される東京モーターショーにおいて初公開。発売は2000年の1月からです。(FXSTD) ◇ブラザーフッズミーティングのスタッフ募集 下に消えそうなのであらためて。9月11.12日に長野県木曾郡木祖村やぶはら高原こだまの森で開かれるブラザーフッズミーティングがボランティアスタッフを募集しています。連絡先、キンズキャンプまで。03-3791-0021。 PM4:00~AM0:00(KIN'S CAMP) ◇Corchでました CorbinからナイスなCorchでています。('51 Mercury Couch) Aug.11 ◇Love&Peace&Ride第二弾 ローキンさんからLove&Peace&Rideの現場写真が届きました。なかなか盛り上がってそうでうらやましい・・・。(ローキンさんが撮った会場の様子) Aug.9 ◇Love&Peace&Rideおつかれさまでした! 大変な天気のなかみなさんおつかれさまでした。私は残念ながら日帰りでの参加になりまして多くの人とは会えずじまいでしたが、またリターンマッチをどっかでやらせてください。冷静に見てもすげー霧の中の会場です。土曜日の夕方の台数についてはあんなもんだったと思いますが、晴れた翌日はたくさんの参加があったのでしょうか?滞在時間が短かったため多くを語ることはできませんが、参加した人の声や写真などを大募集します。どうぞよろしく。(少ないですがわたしが撮った会場の様子) Aug.6 ◇Love&Peace&Ride会場より速報(16:30現在) 現地のがくさんに電話でインタビューしてみました。 taku「どうっすかそっち?」 がく「最悪(笑)」 taku「どういうふうに最悪なんですか?」 がく「風は強いし、霧は深いし・・・以下、略。」 ということで雨は上がったようですが、現地は吹き荒れる強風と霧雨というか濃霧で大変なようです。あと気温も徐々に下がってきているようです。やはり出店者は頂上でなく下の駐車場に陣取りました。先発組によって確保された場所ですが、去年と同じ方向で、ヒュッテの脇を降りたスロープで比較的手前のようです。のんびりやってるからというがくさんからのお知らせでした。 ◇Love&Peace&Ride会場より速報(14:30現在) 現地にすでに到着したANDYさんに電話で取材したところ台風の余波で現地は大変のようです。会場付近は深い霧に包まれた霧雨状態のようで駐車場付近の視界はかなり悪い様子。また午後14時ぐらいにはまとまった雨が降ったらしい。またさらに頂上は風が強く出店者のテントが張れないために下の駐車場に出店者ブースを移動中とのこと。参加者のキャンプスペースに変更はないようです。厚着してくればよかったと後悔するほど会場は非常に寒いとのことなので防寒対策は怠らないよう願います。 ◇ソフテイル2000年モデル日本でも Harley-Davidson Japanのページでも2000年モデルの記載が追加されました。内容は既報の通りです。また9月8日に東京目黒区の都ホテルにて2000年モデルの発表会が開かれます。HOG会員の方はそろそろ案内が来ていることでしょう。 Aug.5 ◇99年モデル売れ残り 人づてに聞いた話なのですが、XL、ツアラーなどは残り僅もしくは完売で、ソフテイル系の売れ残りが大量にあるそうです。そうだとするとあのキャンペーンもつじつま合いますね。いずれにせよラストモデルですから人気がでるかも。 ◇Love & Peace & Ride最終お知らせ 今回、幹事というか世話役やってもらっているヒロシさんからの最終お知らせがNotice Boardに書かれています。あの場所は電波の状態が非常に悪いので、どうなるかわかりません。彼が書いているようにみんなでお祈りしましょう。でわ。 ◇The Last & Ever Best Evolution 8月3日以降に最終型になる1999年モデル・エボリューションエンジン搭載のソフテイル/ヘリテイジソフテイルモデル新車を購入された方に特別な名前と車体番号入りの純銀製記念オーナメントを贈られるそうです。(Harley-Davidson Japanの記事) Aug.3 ◇Love&Peace&Ride 直前までばたばたしましたが、HOTBIKE JapanのMEETIING「Love&Peace&Ride」に参加することにしました。いつもながらのHDNの常連をはじめとしていろんな人でぜひ一緒に火を囲みましょう。 場所:横手山山頂ミーティング会場 参加費:特になし(ミーティング参加費は別途必要だよ) 食事&酒:各自ご持参下さい。(自分の分とお互いにちょっとだけお裾分けぐらいでお願い) 火:グリルを一つ用意します。各自燃えるモノをちょっとづつお願いします。 参加希望:携帯番号を明記のうえメール下さい 注意点:とにかく寒い。防寒対策はしっかりと。山頂だし周辺の街もしょぼいので買物大変です。場所が狭いので早めにこないとテントサイトがなくなるかもしれません。 Aug.1 ◇Y2K Softailデビュー 2000モデルがとうとうすべて出そろいました。カウンターバランスありのツインカムBエンジン、2ピースのファットボブタンク廃止、ニューフレーム、クロスオーバーexhaust pipeの廃止などいろいろです。本家よりはやくすっぱ抜かれてます。もちろんHDNは日本ではナンバーワンです。以上、苗場の富士ロックフェスティバルより中継でした。(記事です) ◇訃報 村山モータースの社長がお亡くなりになったそうです。詳細は BBSで。
Categories : Web Site 1999-09-24
1999:09:24:14:42:50

Y2Kモデル発表会

» Y2K FATBOY試乗記 BY くるまさん Y2KFat Boy にグラリ # fatboytank.jpg # bonapetite.jpg # engine-r.jpg # brake-f.jpg # whole-l.jpg # brake-r.jpg # whole-rao.jpg # yasuandfatboy.jpg 8月28日(土)にHDアトランタに行きました。そろそろ行き納め、Tシャツでも買おうかなと思ったことと、YasuさんがXL1200S持ち帰りに備えて、km/hのスピードメーターを注文しに来るだろうという強い予感がしたからです。案の定彼はやってきて、物欲対決開始、いろいろ品定めすること数十分、Yasuさんにいわれてふと入り口を見るとすでにヴァンス管を装着したFat Boy 2000年モデルが! 当地では保険の関係で公道試乗はできませんが、早速またがり、エンジンをかけてみました。空吹かししたとき、ハンドル、シート、フートボードを通して体に伝わる振動は σ(^o^;)のロードキングをはるかに下回ります。高速域での振動の変化が楽しみです。いままで、ソフテイルはかっこいいけど振動がねっ、と思ってましたが、これにはぐらっと来ました。気を失って気がついたらσ(^o^;)のアパートの駐車場に立ってましたが、そこにはいつも通りのロードキングありました。(--; ぜひぜひ試乗の上で良い悪いびしばし議論してください>みなさん。σ(^o^;)は正直言って欲しくなりました。 ##写真の説明## 全体像(左横と右斜め前) 前ブレーキ ディスクホイールに新型ブレーキはHDでないみたい。 後ブレーキ コンパクトについてますね。 エンジン(右) エアクリーナーには TWIN CAM と Fat Boy の文字がオイルタンクに写りこんでいるのはよだれをたらしたくるまとYasuさん。(笑) ガソリンタンクとメーターまわり 左のキャップは燃料計に。ロードキングでは見慣れた光景。σ(^o^;)の燃料計は正確でいつも2ガロン残でランプが点灯する。店員が試乗しており、オドメーターは50マイルほど。 YasuさんとFat Boy ハンドルバーが広いのにビックリしているYasuさん。 物欲対決番外編 FatBoyいいですねぇ、ではお茶でもしましょうかとワッフルハウス(3月デイトナリポート参照 アブラギッシュな純南部料理(笑))に行ったところ突如食欲対決に。 Yasuさんはソーセージサンドイッチ、くるまは目玉焼き2個にTボーンステーキとバタ付きトースト、ジャガイモ。写真はYasuさんがσ(^o^;)のステーキをみて呆れているところ。これで勝負あり。2人で税こみ16ドルちょい。やすい。
Categories : H-D Company, TOURING/DIARY 1999-09-24
1999:09:24:14:39:52

Y2K FATBOY試乗記 BY くるまさん -Y2KFat Boy にグラリ-

» Y2K FATBOY試乗記 BY くるまさん Y2KFat Boy にグラリ # fatboytank.jpg # bonapetite.jpg # engine-r.jpg # brake-f.jpg # whole-l.jpg # brake-r.jpg # whole-rao.jpg # yasuandfatboy.jpg 8月28日(土)にHDアトランタに行きました。そろそろ行き納め、Tシャツでも買おうかなと思ったことと、YasuさんがXL1200S持ち帰りに備えて、km/hのスピードメーターを注文しに来るだろうという強い予感がしたからです。案の定彼はやってきて、物欲対決開始、いろいろ品定めすること数十分、Yasuさんにいわれてふと入り口を見るとすでにヴァンス管を装着したFat Boy 2000年モデルが! 当地では保険の関係で公道試乗はできませんが、早速またがり、エンジンをかけてみました。空吹かししたとき、ハンドル、シート、フートボードを通して体に伝わる振動は σ(^o^;)のロードキングをはるかに下回ります。高速域での振動の変化が楽しみです。いままで、ソフテイルはかっこいいけど振動がねっ、と思ってましたが、これにはぐらっと来ました。気を失って気がついたらσ(^o^;)のアパートの駐車場に立ってましたが、そこにはいつも通りのロードキングありました。(--; ぜひぜひ試乗の上で良い悪いびしばし議論してください>みなさん。σ(^o^;)は正直言って欲しくなりました。 ##写真の説明## 全体像(左横と右斜め前) 前ブレーキ ディスクホイールに新型ブレーキはHDでないみたい。 後ブレーキ コンパクトについてますね。 エンジン(右) エアクリーナーには TWIN CAM と Fat Boy の文字がオイルタンクに写りこんでいるのはよだれをたらしたくるまとYasuさん。(笑) ガソリンタンクとメーターまわり 左のキャップは燃料計に。ロードキングでは見慣れた光景。σ(^o^;)の燃料計は正確でいつも2ガロン残でランプが点灯する。店員が試乗しており、オドメーターは50マイルほど。 YasuさんとFat Boy ハンドルバーが広いのにビックリしているYasuさん。 物欲対決番外編 FatBoyいいですねぇ、ではお茶でもしましょうかとワッフルハウス(3月デイトナリポート参照 アブラギッシュな純南部料理(笑))に行ったところ突如食欲対決に。 Yasuさんはソーセージサンドイッチ、くるまは目玉焼き2個にTボーンステーキとバタ付きトースト、ジャガイモ。写真はYasuさんがσ(^o^;)のステーキをみて呆れているところ。これで勝負あり。2人で税こみ16ドルちょい。やすい。
Categories : TOURING/DIARY 1999-09-24
1999:09:24:14:37:08

Harley-Davidson NEWS Sep. 1999

» ◇ブルースカイ行きます? みなさん今週末に開かれるブルースカイヘブンには行きますか?去年はグレイスカイヘルでしたが、今年は天気がいいかも。値段は高いがサーキットでのイベント等もあるし、悪くないイベントかもと最近は思っています。ちょうど一年前になりますが、土砂降りだったので昨日のことのように覚えています。確か仮設トイレがすくなくて、順番待ちしている際にずぶ濡れになりました。某氏は鍵をかけ忘れて踏ん張っていた外国人バイカーの生尻と対面したそうです。合掌・・・。 Sep.21 ◇Bikers Stationの記事をみて 普段はあまり見ないのですが、H-DのCEOのインタビューが掲載されていたので久しぶりに買ってしまいました。 AMFから脱却しエボリューションを出したはいいが、当初は市場の反応が鈍く、破産申請をする前日に追加の資金が得られ、窮地を脱したという話しはなかなか興味深く読みました。他の媒体では最悪の時期はエボリューションを出す以前だという話しがわたしが読んだ文献のなかでは一般的でしたからよけいです。 記事中ではほかにもカスタマーのニーズに合わせてハーレーが細分化していく可能性を示唆しているものもありました。エンジンがひとつである必要性はないというのは時代の流れかもしれません。 Sep.9 ◇Y2Kモデル発表会レポート 昨日9月8日に行われたY2kモデル発表会の様子をアップしました。写真中心です。お楽しみ下さい。(発表会レポート) Sep.8 ◇FATBOYの写真追加 くるまさんの撮ったY2KファットボーイFATBOYのタンクの写真追加しました!(試乗記はこちら) ◇おしゃきゃんの写真追加 ずいぶん前にいただいていたのに遅れてしまいました。883さん撮影の写真です。(おしゃきゃん写真集) Sep.7 ◇明日かわるそうです Harley-Davidson JAPANのWEBが明日かわるそうです。期待半分。 Sep.6 ◇チームセンバ間に合わず!! 二輪新聞によるとチームセンバ,タイムトンネルクラシックレース参戦予定,マシンは1948年WR"と載ってました.ブルスカは間に合わないようです.酒の飲み過ぎのせいではないと思いますが・・。 Sep.3 ◇Y2K FATBOY試乗記 アトランタ特派員のくるまさんよりY2K FATBOYの試乗記が届きました。ロードキングにのっているくるまさんですが、新らしいファットボーイにぐらっときたようです。(試乗記はこちら) ◇長崎ハーレーフェスについて 地元の方から9月18,19日の長崎ハーレーフェスの状況を教えていただきました。イベントに対する参加意識はそれほど加熱しているわけでもないらしいです。主導権を県とHOGとイベント会社が握っているらしく、いつもの高額なエントリーフィーのため会場まで行くもののエントリーはしないという選択をする人もかなりでそうな様子。 一方HOGの案内等にはホテルの斡旋しか書かれていませんでしたが、大急ぎでテントスペースも用意しているらしくキャンプ参加もできるかもしれません。ただ、その場所なにもない埋め立て中の場所らしく水場含めて十分な対応ができるのかについては未知数です。まあ初めてだから読めない部分もありますが、元地元民としてはぜひ成功して欲しいなと思います。 ◇Blue Chip Engineering こんぶちゃんのショベルをOHした「Blue Chip Engineering」を本人の推薦と言うことで紹介させてもらいます。現メインストリート世古口氏の抜けた後チーフとして活躍された元K&Sスタージスメカニック・黒田氏のお店です。 「Blue Chip Engineering」 住所 三重県伊勢市村松町1359-5  tel&fax  0596-37-4742 (月曜定休) 営業内容 ・車両製作&ワンオフパーツ製作 ・エンジン修理 ・車検 ・車両販売(中古&旧車) パン・ショベルあたりをもっとも得意とします。(もちろんそのほかの車両もOK! フルカスタムもかなりイカしたこのショップは国道23号線沿いに有ります。お近くの方はお伊勢参り(伊勢神宮ですね)やツーリングがてら是非! Aug.31 ◇TTB移行しました 移動作業完了しました。8月31日午後2時30分よりhdn.gr.jpでスタートします。 ◇TTB停止します 移動作業のためTTBを停止します。8月31日午後2時20分より ◇おしゃきゃん写真追加 幹事の狼金さんから写真が届きましたのでアップします。(開通しました) ◇価格改定のお知らせ 毎年恒例のことですが、今年も9月1日からハーレーのパーツの値段が改定されます。今回は大きな変動はないと予想されますが、消耗品のエンジンオイルは40円、オイルフィルターは70円の値上げです。今日と明日では値段が違うから買いだめの必要がある人はお店へ急ごう! Aug.30 ◇おしゃきゃんのお礼 おしゃきゃん楽しかったですね。まずはしっかりした段取りでイベントを支えてくれた、がくさん、883さん、狼金さんありがとうございました。また差し入れたり料理してくれたりそのへんのみなさんの協力があってこそのイベントだったと思います。また秋のミーティングが一段落したらHDNのイベントをやりたいと思います。今度は50?100台?ということでまたお会いしましょう。 ◇とりあえず とりあえずおしゃきゃんの写真です。(全76枚!)
Categories : Web Site 1999-09-24
1999:07:24:14:52:02

Harley-Davidson NEWS July. 1999

» ◇HOTBIKE JAPAN 7月号 2000モデルXLH,ダイナ,ローキンの写真が出ているようですが、詳しくは次号とのこと。 ◇Love&Peace&Ride 間近に迫ったHotbike Japanのミーティング、LPRですが、直火厳禁,会場が狭いため、タープの使用はご遠慮くださいとのことです。また熊の湯スキー場の露天風呂,参加者無料開放だそうです。 ◇Y2Kモデル続報 アトランタ特派員のくるまさんからY2Kモデル続報のメールいただきましたので以下、ほぼ原文どうりにご紹介します。 なじみのディーラーで未発表のロードキングY2Kモデルを撮影しました。正式発表は8月1日なので、店頭に出さず、整備場においたまま、テスト走行もしていません。 ブレーキ変更は既報のとうりです。キャリパーには HARLEY-DAVIDSON USA のロゴが入ります。マスターシリンダーは99年式と同じカタチのものが前後についています。98年式以前のものとは異なります。ブレーキディスクには SUNSTAR のロゴがあり、日本製です。またRoadkingのハンドルバーが若干高くなっています。 MOTORCYCLIST誌8月号P78-81 にダイナスーパグライドスポート FXDX Y2K の試乗記事が出ています。「指2本でスキッドできる」 「これでブレンボやニッシンを買う必要がなくなった」などと評価されています。 (写真です) July.22 ◇Excelsior-Henderson Announces WEB Excelsior-HendersonのWEBがスタートしました。過去のヒストリーなどもあって、なかなかわかりやすいです。(WEB Site) ◇Sturgis 1999 Harley-Davidson.comでSturgisのイベントプログラムが発表になっています。今年は8月9~14日です。なかなか参加しやすい日取りですが、誰かいかんの?(スケジュール) ◇HOG National RallyはMILWAUKEEで HOG National Rallyは今後三年間MILWAUKEEで開催されることになりました。次の開催は2000年の6月21~24日で一万台以上のハーレーの参加が予想されています。 July.21 ◇Y2Kモデルが機関誌に H-Dが発行している機関誌「Enthusiast夏号」に掲載された情報をアトランタ在住特派員くるまさんが送ってくれました。、ソフテイルを除くY2Kモデルの詳細が書いてありますが、テキストは解像度の問題がありますので割愛させていただき車両の写真のみ紹介させていただきます。サンクス!!(写真です) July.16 ◇2000年ソフテイル情報 ソフテイルの2000年モデルについて匿名の方から情報提供がありました。わたしもはじめて情報をいただく方なのですが、文面をそのまま掲載させていただきます。 「ソフテイルはTC88ソフテイルになります。EVOは終わった模様です。オイルタンクはパンヘッドの頃のようなスチールパイプ接続です。エンジンマウントはリジッドでシートポストフレームも残っているようです。リヤフェンダーは幅広になった模様です。FXSTDという新車種が発表されます。詳細不明、ワイドタイヤ?新型タンク?」 July.14 ◇雑誌は広告でつくられています 盗難問題からリンクされているページでなかなかおもしろいコラムをみせてくれるとこがあります。二輪誌のジャーナリズムについて論じている記事はまったくその通りだと思います。ハーレーの雑誌もあくまでも個人の趣味としての観点しか追ってなくて、氏の言うジャーナリズムとしての視点はないですよね。バトルスーツの奴らは嫌いだけど、ミスターバイクってそのへんだけは評価しています。GOGGLEなんかは、理屈っぽいライターが集まって遠吠えしている感じかな。某誌の利用方法も決まっていない署名活動にも共感できませんね。ぐちばっかりになってしまいましたが。(バイクが文化になる日:ジャーナリズムの貧困) July.13 ◇2000年ソフテイルは8月1日発表! Harley-Davidson.comによると2000年モデルのソフテイルは米国時間の8月1日に発表になるようです。サイトにJavaで告知がされていました。(Harley-Davidson.com) ◇湯郷について MC.DENのサイトの書き込みで湯郷ハーレーフェスがいろいろとかかれていますが、実際のところどうだったのでしょうか。他のところから聞こえてくる声も晴天に恵まれたにも関わらず参加者の大幅減などあまり景気のより話しではありません。(MC.DEN) ◇バイブズ見た カメラマンの名前忘れたけど、巻頭の写真と行った二人の写真がとってもよかったな。あとバスに乗らないで昔ながらにまわっている人。都会にいるとわからんことがたくさんあって、こっちがあくせく仕事している間に、あんなことがあってあんな生き方があるっていうのは結構ガーンとくるね、いつもだけど。編集という仕事はとっても大変だし、そんなにいい金にもならないんだろうけど、30男のケツは凝視しているうちに、あの二人の生き方とかその先で出会った自然も人もただただかっこいいと思ったのだ。 ◇イージーライダースのA-DAY記事 で、A-DAYの話しなんだが、せったんさん、ポリスさん、hittonさんなどのいつものネットのメンツが意見をいっていただ、大枠では私もそのとおりに思う。開催を一番残念がっているのはDENのみなさんだろう。河口湖に根を下ろして徐々に育てていくミーティングにしたいと願っていただけに私個人としてもとっても残念。あの会場でイベントが開けないということは、休止ではなく開催そのものが危機に瀕しているということで問題がより深刻だ。 July.12 ◇翌朝は晴れ ブリージーもそうでしたが、翌朝はすっきりと晴れわたり、すばらしい天気になりました。この後、東京に戻るとまた土砂降りでした。ちゃんちゃん(早朝の様子) ◇この人ダレ? すくない人数で楽しい時間を過ごしましたが、雨降りしきる夜半過ぎ、行き倒れになった人を激写!隣のサイトの人でしょうか・・・。(行き倒れ) ◇けど結構土砂降り アメ男が威力を発揮し結構な雨になりましたが、それには慣れっこのHDNメンバー。タープの張りもバッチリで、快適にすごしたのだ。(足下どろどろ) ◇そのなかでも 名前は伏せておきますが、例の雨男です。東京から福島まで300キロほどを雨の中、原チャリで走ってきたナイスガイです。雨男だけに主食は大阪から仕入れたアメです・・・。(アメ男) ◇雨に唄えば 雨の日のキャンプときくと引いてしまう輩も多いが、HDNの一部の奴らはなかなか元気なのである。これはすばらしくおもしろいことだ!(キャンプ場の夕方) July.9 ◇本家なおった! 手元の時計で日本時間の20時40分ぐらいですが、本家何食わぬ顔して復活しました。何にも更新されてなくて残念。 ◇Ducati買収の噂 AMN NEWSにHarley-DavidsonによるDucati買収のうわさ話が掲載されています。原文を見ると単なるうわさ話にも見えませんが、Ducati側は拒否している模様。(AMN NEWS) ◇本家おちる 手元の時計で日本時間の20時10分ぐらいですが、さっきからHarley-Davidson.comがおちてます。入れ替えをしているのかもしれませんが。(Harley-Davidson.com) July.8 ◇ひさしぶりのおがちんさん ハーレー業界唯一の女子アナライダーおがちんさんのページに久しぶりに行くと、アメリカを走ってきたのらしく喜びのポーズが掲載されてました。クラブハーレーのコラムが楽しみです。(おがちんのページ) ◇いまさらですが・・・ 今年の8/8・9(土、日)にCORIN主催のミーティングがあるようです。去年の写真がそれなりに掲載されていて、見応え有りというかコメントが肩すかし気味で別の意味で笑えます。ちなみにCorinページは3月から更新はされていないようです。(CONG LAND) ◇今月発売のEasyriders?? 今月発売のEasyridersのP51にhittonさん、せったんさんのコメント?が掲載されているそうです。 ◇またまた盗難 茅ヶ崎市内にお住まいのHittonさんの友人が盗難にあったそうです。その方のハーレーは以前シートがめくられていたことがあり、何度かあやしいトラックをみたことがあると言っていました。どんな小さなことでも情報があればご提供下さい。また各自あらためて注意しましょう。(HDJ盗難情報) July.7 ◇Love&Peace&Ride HOTBIKE Japanの主催するこのミーティングへの出店が業者間で大人気らしく、キャンセル待ちまででているそうです。今年の夏に目玉がないことの反動でしょうか。天気が悪いとシャレにならないようなシチュエーションだし、満足に食い物を確保するのも大変な場所でしたが、確かに思い出には残っています。今年はどうなんでしょ。 July.6 ◇長崎ハーレーフェス 長崎ハーレーフェスの予告がでています。イベント少なめ、キャンプ無しにしては高いっす。あの値段。ただし松ヶ枝というロケーションは非常によいとこです。元・地元としてはちょっと興味あります。 (長崎情報) ◇ブルスカ情報 去年の悲惨な写真は一枚も?なく、ホントにブルースカイなイベント告知でございます。今年はローソンで前売りが買えるようです。 (ブルスカ) July.5 ◇鬼塚もアレか? Yahoo ニュースによるとGTOの鬼塚センセこと反町隆史は1300CCのバイクにのってるそーな。1300っていうとやっぱあれですかね・・・。そのうちミーティングとか来ちゃったりして、それを目当てに女の子がたくさん集まったりすると、日本のミーティングは変わったなとか吐き捨てるやつとかもいたりして話しのネタには困んないんですが。ま、どうでもいいです。ゴミ!ちなみにわたし松嶋は好きですが、ドラマはみません。以上。 (Yahoo NEWS) July.3 ◇HOG.COMスタート 全世界のHOGオーナーのためのサイトHOG.COMがスタートしました。まだいまいちナビエーションがわからないし重いですが、とりあえずデビュー。 (HOG.COM) July.2 ◇BUELL Summer Meeting BUELLオーナーのためのミーティングが7月20日(火)に八ヶ岳高原であるようです。参加費5000円。BUELL以外は駐車場別!! (情報はここ) ◇ビューエルミステリーツアー 7月10,11日にThe Beatlesのマジカルミステリーツアーにひっかけたビューエルミステリーツアーも開催されます。チェックポイントは静岡県と三重県にあるようです。試乗会やらBUELLが当たっちゃたりするイベントなどもあるそうです。(情報はここ) ◇どこがでしょ ハーレージャパンの公式ページですが、Last updateがどんどん更新されているのですが、どこが更新されたのかわかりません。what's newにも書いてないし・・・。what's new?という?昔から気になります。自虐的な意味でもあるのでしょうか?(ハーレージャパン) July.1 ◇Corbin Smuggler 世の中のRoadkingファンの皆様ご注目のおもしろいアクセサリーがCorbinから出ました。なかなかおもしろいんじゃないでしょうか。アメリカでRoadkingが売れているので、今年のアフターパーツの数の増加に期待しましょう。 (Corbin Smuggler) ◇当日ではありますが 本日がくさんが東京神田で飲むそうです。時間ある方は顔出しお願いします。夕方から深夜までいるらしいです。
Categories : Web Site 1999-07-24
1999:07:07:18:29:15

FLHP

» ロードキングFLHPがリリースされたので写真でご紹介。 エアサスのソロシートが特徴です。
Categories : MOTORCYCLE 1999-07-07
1999:06:25:00:37:39

2000年モデル発表

» アメリカ時間24日、日本時間で本日、ついさきほど2000年モデルの一部がお目見えです。motorcycle onlineが伝えています。またHarley-Davidson USのWEBサイトも大幅に変更されていますがその記述はまだないようです。記事によるとY2KのソフテイルはSolid-mountedであるもののニューフレーム、カウンターバランサー有りのニューエンジンだと予想記事が掲載されています。 ◇TOURING エレクトラグライド系の改良は以下の通り。 *新しいシート *スピードメーターの変更。おそらく電子化。 *狭く、ちょっと高めのハンドルバー(ROADKING) *カラーリング ◇DYNA ダイナの改良は以下の通り。 *カーボンファイバー?のドライブベルト *バッテリーカバーの変更 *XRスタイルのハンドルバー *新型フロント、リヤサス *150/90 16inchiのリヤタイヤ *アルミ製の新型キャストホイール *ガスチャージによるリヤサス、150/90HV-16 リヤタイヤ、100/90HV-19 フロントタイヤ、黒、シルバーのキャストホイール(FXDX) ◇SPORTSTERS スポスタの改良は以下の通り。 *新しいクランクピン、リフター、タペットブロックの採用。 *トランスミッションの改良、特に2速部分 *新しい4,4ガロンFUELタンク(XL-1200) *セラミックコートのexhaust system ◇2000年モデル共通部分 バイク関係のボキャブラが不足しているので細かいところまではご勘弁いただきたいが、今回の発表はSportster,Dyna,Touringのモデルのみでソフテイルについては7月の発表となる。今回発表されたモデルに共通部分の改良は以下の通り。 *キャリパー、パッド、ローターのデザインを含め一新された4ピストンのフロント、リヤのブレーキングシステム。 *ホイールのベアリングの改良 *新型のバッテリー
Categories : H-D Company, MOTORCYCLE 1999-06-25
12345678