油圧タペットの中にエアが・・

[戻る]
ビラ [E-Mail] 1999/08/17(火) 01:23:15
という事で、毎度お世話になっております。ビラです。

今回はエンジンからのカチカチという異音(エンジン始動、暖気時から聞こえます。2000回転くらいで固定してるとよく聞えます)



ディーラーで質問した所、”油圧タペットの中にエアが、かみ込んで、ロッカーボックスに上がるオイルの流量が減っているのでは”

との回答を受けました。エンジン空けて見ないとわからないと言われましたが、そんなお金ありません。



いったい何がどうなってて、修理にはいくらかかって、このまま乗ってるとどうなるのか?など教えてくださいませ。

ずうずうしくてすいません。

せったん 1999/08/17(火) 11:03:32
便乗質問ですが、なぜタベットにエアーが混入するという事態がしょうじたのでしょう?

Hatch 1999/08/17(火) 16:16:47
まずカチカチ音の出所はタペットとの、推測の域を出ていないという事が前提ですね。原因として考えられるのはカム山の異常摩耗、油圧タペットへのエア混入等と思います。

たしか、高回転時にヘッド辺りからのメカノイズが大きく出ているとか言ってませんでしたか?。

ロッカーアーム等へ至る潤滑油は

クランクケース・オイル通路→オイルスクリーン→油圧タペット→プッシュロッド(中空です)→ロッカーボックスという経路です。

ディーラーの診断は、油圧タペットが正常に機能していないので、ロッカーに運ばれるオイルも減少してノイズが増大しているということなのでしょうか。



油圧タペットは熱膨張を油圧で補正して常に最適なクリアランスを得るというもので、ゼロラッシュとも言われますが古くから有るシステムですね。

長期間エンジンを運転させないとカチカチ音が出る場合がありますが、暫くすると消えるのが正常です。

今回の場合タペットからの異音と仮定しているわけですが、オイル交換直後から発生したのでしょうか?。

消えずに常に出ているとしたら油圧タペット内に異物の侵入も考えられますね。

HDではないですが、テフロン等の添加剤成分が油圧タペット内に溜まり、わるさをした例もあるようです。

オイルスクリーンもたまには清掃してみましょう。って、ちょっと今更遅いか。

タペットを点検・清掃ということで、修理は大袈裟なものではないと思いますが、いくらかかるかは全然知りません。自分ですれば安いもんでしょ。でも貴方には勧めませんけど(笑)。

ビラ [E-Mail] 1999/08/18(水) 02:41:02
Hatchさん、どうもです。



このカチカチ音がでるようになった経緯を説明します。

HALさんが何気なく私のダイナのオイル量をチェックしてくれました。そしたら何と!オイルタンクから煙が上がっているでわ

ありませんか。大慌てでオイルを買いにいって補給。その後、オイルを交換して、別に異音がするわけでもなく普通に走っていました

それから一週間、距離にして800キロくらい走ったころでしょうか、何やらカタカタと音がするようになったのです。



音はエンジン始動後しばらくしますが、ある程度走ると消えている気がします。いままではこんな音なんかしていなかったので

なんらかの異常があるのは確かだと思います。



ここで私の考えた解決法。

モーターアップを入れる!何しろオイルがなくても氷づけでもエンジンが動くのです。

やっぱり駄目ですね。反省しています。



タペットの点検・清掃。自分でやるのはやめといたほうがよさそうですね。

いろいろ問題かかえてるので、一回素直に入院させたほうがいいかも・・・

Hatch 1999/08/18(水) 04:44:21
どの程度の異音がするものか全く判断つきませんが、もし自分なら、これはマジでヤバイぞ!と思ったら直ちにバラしにかかりますが...。

と言いながらも、面倒なことはなるべくしたくないほうなので(笑)大したこと無い、と判断すればいきなりそこまではしません。

その場合する事といったら

オイル、エレメント交換、オイルスクリーン清掃(オイルスクリーンの汚れ具合によってはオイルタンクも清掃)添加剤使用(モータアップではありません 笑、過去の経験から絶対的に信用しているものです これで異音が直らなかったらバラすしかありません)



ディーラ等に依頼すると、タペットの点検・清掃、場合により交換っていったい幾らぐらい掛かるのでしょうか?

いろいろ聞きますが、ハーレーの修理・整備って作業量、内容の割にしては高いですねー。

goggle 1999/08/18(水) 09:04:17
便乗質問ですいません。

ディラーからオイル交換後、エア抜きをしなくてはいけないと聞きました。

オイル交換後の作業を見ていたのですが、オイル注入後1〜2分、1500

〜2000回転でエンジンを吹かしていました。

オイル交換後、この作業は必ず必要なのですか?

エアが抜けた抜けないってどこで判断するのでしょうか?

Hatch 1999/08/18(水) 12:29:27
定期点検のときのディーラーでのオイル交換を見ていたことがありますが、特にその様なことはしてませんでしたよ。

自分の場合オイル交換したら少し暖機して、すぐ走ってみたりしてた後再度レベルチェックするのでエア抜きとか意識したことありません。



オイルはエンジン内で激しく撹拌されますので気泡(アワ)が出来やすい事はあると思います。20W−50の様な堅いオイルなら尚更です。気泡は油膜切れにもつながることなので、それをふせぐために消泡剤が添加されています。



エンジン内の状態を推察、把握するといった意味で、抜いた後の廃油を観察することも必ずします。

小侍 1999/08/18(水) 15:36:15
ビラさん、Hatchさん、参考までに。



95FLHRの前後タペットブロックガスケット交換作業の見積りしてもらいました。

正規ディーラーでの工賃は四時間ほどの見積りでした。



  (増し締めでガスケットからの滲みは止まったようです)



オイルスクリーンの点検/清掃工賃は$11でした。

Hatch 1999/08/20(金) 06:06:14
お〜い、その後いったいどうなったの?、気になるじゃあ〜りませんか(笑)。

オイルタンクからけむりが出ていた時は、オイル量が著しく減少して焼けていたということでしょうか?

その後オイルを継ぎ足したりしたわけですが、その時にオイルタンク内に発生、溜まっていたスラッジ等が、一気にオイルスクリーンに流れ込み、塞ぐ事によってタペットへ行くはずのオイルを減少させていることも考えられます。

取りあえずオイルスクリーンを外し清掃して様子をみましょう。

これなら金も掛からず簡単でしょ?(トラブラずに出来るかなぁ 笑)

ビラ [E-Mail] 1999/08/20(金) 07:06:20
いや〜すいません。返事遅れました。

オイルスクリーンの場所をHALさんに教えていただいて、掃除しようとしたのですが、固くて回せませんでした。

なめるのが怖かったです。



Hatchさんのアドバイスすっごく参考になります。

11ドルなら払えるのでお店でお願いしてみます。さて、日本でいくらするものか。

マヨネーズ状態のミッションオイルも気になるし・・

小侍 1999/08/20(金) 08:21:48
マヨネーズ状態のミッションオイル、クラッチカバーに付いているオイル注入口のプラグに付いてるO−リング、小銭で買えるはずです。(ビッグツインですよね?)

あと、クラッチケーブルの調整部から水が多少入る事もあると聞いてます。



ミッションオイルの交換はエンジンオイル&フィルター交換より楽ですよ。注意事項はボトル一本では多すぎてしまう事です。

Hatch 1999/08/20(金) 12:06:48
オイルスクリーンのプラグを、ナメずにキズつけずに外す場合、専用ツールか非常にバカでかい−ドライバーが必要の様ですが、自分の場合は、なぜかプラグの−溝と先端の幅の寸法がピッタリ同じのタガネ(アメリカ製)を使います。

また、これはシャフト部の断面が四角型なので、そこへデカいモンキーを咬ませてグイッとまわせば外れます(タガネの先端がにげてナメることのないように、押しつける方向への入力は重要ですよ)。



とにかくダメージがなるべく広がらない内に、出来ることは早くやりましょう。



ミッションオイルがマヨネーズ状ですか、水分の混入ですね。これも直ちにオイル交換したほうがよいですね。ミッションの寿命が縮まりますよ。

要OH、修理で大出費にもつながることですね(脅)。

ビラ [E-Mail] 1999/08/20(金) 14:31:38
ただいまミッションオイルの交換中です。

ミッションオイル入れる所のOリングが駄目になってるみたいですね。やっぱり。



一回の交換では、完全にきれいになるとは思えないので、一回規定量の半分んくらいオイルいれて、プラグ外してギアいれて押したり引いたりしてみます。それから又交換です。

これできれいになるかな〜?_

Hatch 1999/08/20(金) 15:52:57
え〜、それほど効果的でもないような・・・>〜ギアいれて押したり引いたり



自分の場合はいつも長いノズル使ってコンブレッサーでエア吹きまくります。

が、それほど神経質になる必要もない気がするんですが。まあ、今の状態(マヨネーズ)の度合い次第でしょう。

走ってオイルが暖まった状態で抜き、一晩置いておけばけっこう抜けてしまうとも思うんですが。

小侍 1999/08/20(金) 17:04:15
>>オイルスクリーンの場所をHALさんに教えていただいて、掃除しよう としたのですが、



ふと思ったのですが、USのOwner’s Manualには図解説入りでこのスクリーンが紹介されてるのですが和訳された(?)マニュアルには載ってないのでしょうか?

Hatch 1999/08/20(金) 17:36:45
Owner’sManualとは新車買うとついてくるやつでしょうか?。どっかいっちゃった様で判りませ〜ん。というか読んでもいませんが(笑)。

別売りのサービスマニュアルにはもちろん載っております。それによると12ヶ月点検毎(8000km走行毎)に点検する、ということですが、自分の場合はディーラーの12ヶ月点検でも行われなかった様です。これって手抜き?まあ、どーでもいいですけど(笑)。

ビラ [E-Mail] 1999/08/23(月) 13:18:42
ディーラーにてオイルスクリーンの清掃をしてもらいました。

でも、駄目です。カチカチしてます。



ミッションオイルも交換後、一日でまた元の状態になってしましました。



で、ディーラーによるカチカチ音の診断ですが、”焼き付き”だそうです。

国産だったらとっくにロックしてるよと言われました。

そして頂いたアドバイス”ロックしたらクラッチ握るんだよ”との事です。



とんでもない修理額になりそうなので、そのまま走って帰ったのですが

その途中にもいろんな事があって、なにがどうなってるのか頭の中真っ白の状態です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Hatch 1999/08/23(月) 15:51:14
現時点では、音が出ている以外の異常は特別感じてないんですか?。一応エンジンは動いているみたいですが、ディーラーの診断による”焼き付き”とは、どの部分なんでしょう?。

前回オイル交換した後の廃油は観察しましたか?金属粉等の異物は含まれていませんでしたか?。

現時点で異音以外、一応スムーズに回転し、油音の上昇も正常時と変わりなければ、いきなりロックはそうそう無いと思いますけど。

現在のオイルの状態はどうなのでしょう?ちゃんと各部に廻ってるのでしようか。オイル交換をしても金属粉が出続けるなら、近い将来完全に焼き付きかも。

とにかくこのまんまで、乗り続けることは直ちに避けるべきことですね。

なんなら再度オイル交換して、オレがお薦めの添加剤使ってみますか。ごく軽い焼き付きぐらいなら、回復しますし、これ使って異音が直らなければバラすしかないといってもいいです。

ミッションオイルは、暖まった状態で抜きましたか。前のオイルがよく抜けてなかった様ですね。

ビラ [E-Mail] 1999/08/24(火) 07:30:27
一応、エンジンかかっていましたが今現在不動になっています。

プラグに火が飛んでいないのでノロジーかポイントを疑っています。確認してみるつもりです。

まぁ、これは焼き付きには関係ありませんね。



”焼き付き”と言ったディーラーは”油圧タペットにエアが噛込んでる”と言ったディーラーとは別の所です。

エンジン開けないと見積りもでないそうです。開けるのに3万、組むのに5万はかかると言われました。

まさかエンジン開けといて、修理しないで組むなんて事はできないので慎重に考えています。



昨日の状態はエンジン始動後のカチカチに始まって、エンブレ使用時にはブィーンという音がしています。



オイル添加剤非常に興味あります。

ただブリーザーからのオイルの放出が多いので(走行500キロで1P消費してます)効果がでるかどうかが不安です。

Hatchさんが御勧めの添加剤、教えて頂けないでしょうか?

ここで公表するのがなんならDMででもお願いします。



エンジンの回転はスムーズです。ただエンジン自体が異常に熱い気がします。

私のダイナには油音計がついていないので油音は分かりません。ウィンカーが勝手につこうが、スピードメーターが変な動きしようがどうでもいいです。

エンジンが無事ならそれでいいです。



ミッションオイルは走行後の暖まった状態で沁條ヤ位かけて抜きましたが駄目だったようです。


goggle [E-Mail] 1999/08/24(火) 09:30:06
>ビラさん

信頼のおけるディラーに修理を依頼すべきではないでしょうか?

確かにお金はかかることとは思いますが、そのまま放置すれば、致命的な

ことになりかねません。

毎日、不安な気持ちをかかえたまま走るよりは、ずっといいと思いますよ。

思い切るべきではないでしょうか?



>Hatchさん

添加剤教えて下さい。よろしくお願いします。

すぷ 1999/08/24(火) 14:26:32
う〜ん、今までのやり取りを聞いている限り、心配なんだったらばらした方がいいかもね。私も昔50ccでベアリングが焼きつきましたが、押しがけしようにも、たかだか50ccですらびくともしませんでした。甘く見ては行けないでしょう。走っている時にロックしてクラッチ握るのはいいにしても、コーナーリング中だったらどうするの?見事に地面とお友達でしょう。それと完全焼付きなんかしたら、熱でエンジンパーツが歪んだりするかもよ!金属は極端な熱が掛かると歪むから、その部品だけの交換じゃすまないかも…。

ブリーザーのオイルが多いのは普通だと思うけど…。クランクケースが極端に小さいハーレーは、圧縮の戻りのガスが行く先が無いから、ブリーザーに極端にオイルが行くのが普通だと思います。ところで何年式だったっけ?上からブリーザー抜いている年式ならそんなにオイルが出てこないです。

タペットの調整はしてあるの?

Hatch 1999/08/24(火) 15:48:42
ひょっとして音が出始めてからも構わず乗ったりしているのでしょうか?。不具合の程度や状態を把握出来てないに係わらず、その様ではどんどんダメージが進行して、問題なかったところまで及び、重大なことになりますねー。

ブリーザーからそれほどオイルを吐くということは、吹き抜けが多くなっていてシリンダー、ピストン間もガタガタかも。



添加剤等では回復は難しいでしょう。(多少の延命にはなるでしょう)

おすすめの添加剤についてはDMします>ビラさん、goggleさん

ビラ [E-Mail] 1999/08/26(木) 07:41:46
ダイナの年式は95年です。キャブはS&Sですがエアクリーナーが異常にビチョビチョになるので大気放出しています。



じっくり考えたのですが走行距離も五万キロオーバーしたことだしここらでじっくりと治療してあげたほうがよさそうですね。



ショップに相談してみます。

経過報告は後程・・・・




おやぢ 1999/08/27(金) 00:35:46
PCの調子が悪くて離れていましたが大変な事に成っているんですね

先ず、EVOではハイドロリックユニット(通称タペット)にはエア噛みは発生しません、絶えずオイルが圧送される為もしもエアが混入しても押出されます。

「エア抜きをする」などと、ほざく奴はHD業界から追放ものです。

その異音を、焼き付きと判断したメカはかなりの経験者で信頼できるでしょう、愛想は悪くっても腕は確かです。

goggle [E-Mail] 1999/08/27(金) 03:24:18
>おやじ様



「エア抜き」なんて作業は、あり得ないのでしょうか?

そのショップのオーナー件メカニックを信用していただけに、以外な展開に

正直驚いています。



それともう一つ教えて下さい。

HOGのメンテナンスセミナー行った時に、講師から、エンジンオイル交換時の作業

として、古いオイル排出後、機種によってはエンジンをスタートさせて、どこかは忘れ

ましたが、残っているオイルを排出させるというのは、本当でしょうか?

こんなこと恐くてできないのです。

ショップもそれは、否定されました。



よろしくお願いいたします。

すぷ 1999/08/27(金) 09:42:52
ポルシェの911なら、オイルを出す為にエンジンを瞬間だけまわすことがあるのですが、それも下手をしたらエンジン焼き付きになります。そこまでしなくてもちょっとくらいは古いオイルが残っても、焼き付くよりはマシじゃないかと思いますが。

くるま@アトランタ [E-Mail] 1999/08/27(金) 12:13:53
goggle さんの質問は、



通常のオイル交換方法では古いオイルがエンジン内に残ったまま、新しいオイルを入れることになるが、これは良くないのではないか?



では残留した古いオイルを排出させるためにはどうすればいいか? ドレインプラグをはずしたままオイルほとんどなしでエンジンをかけるのは賛否両論あり。



ということですね?







成書によると古来より(笑)5クオートオイルチェンジ (five-quart iol change) というしきたりがあって、





#1 HDエンジンオイル交換時にはオイルを規定の4クオートより、1クオート余計に用意し、オイルフィルターも換える。



#2 古いオイルを出せるだけ出してオイルタンクに新しいオイルを満たす。ドレインプラグしめる。



#3 新しいオイルフィルターを装着せずにエンジンを始動し、フィルターの基台からきれいなオイルが出てくるか、1クオート分出てくるまでエンジンを回す。



#4 オイルフィルター基台から出てきたオイルは気前よく捨て、フィルターを装着し、油面を適正にする。





というものです。下の引用文献では、



 「良質のオイルフィルターが無かったいにしえには、5クオートオイルチェンジが唯一10万マイル(16万km)走破する方法だった」



とかかれています。PhotoBoardに掲載した写真(文末参照)は7月にレース場で知り合ったおっさんのバイクですが、彼はこの5クオートオイルチェンジを容易にするため、オイルフィルターをエンジンガードに引っ張って来ています。オイルラインが長くなるため、オイルフィルターの灌流圧(かんりゅうあつ)に悪い影響を与えることが予想されますが、バイクの風情を見てわかるとうり、このおっさんただ者ではないようです(20万マイル以上はしっているらしい、よっぱらっててなにいってんのかよくわからない 笑)



さて、おやじさん(フラッシングオイルの話はおもしろかった)をはじめとする、専門家のみなさん、オイルに一家言のあるみなさんは、オイル、オイルフィルターのみならず、エンジンの工作精度、品質もろもろが向上した現在、5クオートチェンジの意義についてどのようにお考えになるでしょうか?この作法は他の二輪やビンテイジ四輪では用いられない、HD流派のみに伝わる伝統芸能なのでしょうか(笑)??? それとも純正オイルが高い日本ではもったいないでしょうか?資源の無駄使いでしょうか?





参考文献 101Harley-Davidson Performance Projects for Evolution Big Twins and Sportsters

Kenna Love, Kip Woodring 共著、MBI Publishing Co. WI USA 1998 30-31ペイジ



参考写真(よっぱらいオヤジ (笑))

http://www.music.co.jp/~taku/cgi-bin/imgboard.cgi

より

http://www.music.co.jp/~taku/img-box/img142.jpg

http://www.music.co.jp/~taku/img-box/img143.jpg

http://www.music.co.jp/~taku/img-box/img144.jpg

関連話題

TTB 純正オイルの秘密

http://www.music.co.jp/~taku/cgi-bin/wwwlng.cgi?print+lng9904/99040016.txt



1クオート=4分の1ガロン=約946ミリリットル





くるま@アトランタ '99 FLHRCI

たけ 1999/08/27(金) 12:43:50
俺の愛車は、新車(オールNEWパーツ)で組んでもらいました。

OILフィルターと言う物は、付いておりません。(ちょっと心配)

ショプいわく、必要無いとのこと(賛否有ると思います)

まめな、OIL交換が長持ちの秘訣ですとの事。

Hatch 1999/08/27(金) 15:54:57
おやぢさん登場までのつなぎです(笑)。



いにしえの時代には現在と違って、濾過能力の低いオイルフイルターばかりでなく、オイルそのものの性能、マシンの規格精度、吸入するエア(道路舗装率等による埃等)と、今の時代とは条件がかなり異なると思います。



古いオイルをなるべく完全に抜くために新オイルを1qt捨てることですが、ハーレーは、通常多いウエットサンプの様に、オイルパンから落ちたオイルを抜くわけではないので、それらよりも以前のオイルが少し残りやすいですね。交換した新オイルに汚れが混ざることに神経質な人には有効と思います。

発火しないようにしてセルを回せば、爆発圧力が掛かって各部へのストレスとはならないので、問題はないと思いますが。



また、まめなオイル交換とよくいわれますね。

決めた距離や期間で交換する事はいいと思います。

しかし正確に言うとそれは間違いで、エンジンノイズが高くなり始めたときが交換する時です。

しかしその判断は難しく、まして日々乗っている様な自分の愛車だと、冷徹で客観的な判断が出来る人も少ないでしょう。

おやぢ 1999/08/28(土) 01:07:31
>「エア抜き」なんて作業は、あり得ないのでしょうか?

はい、ブレーキラインでは有りますが、エンジンのオイルラインではありません。

ただし、XL系では、オイルタンク⇒ポンプ⇒フィルター⇒エンジン⇒オイルタンクの順路の為、フィルターを交換するとフィルターにオイルが充填されるまで、エンジンはオイル不足の状態になってしまいますので、前もってフィルター内にオイルを入れておき、少しでもオイル不足の状態を短くするようにします。

ビッグツインでは、リターンライン途中にフィルターがあるのでフィルター内にオイルを入れる必要は有りません。



一部の理解不良のお店では、空のフィルターにオイルが満たされるまでの運転を「エア抜き」と称し、行っている様で焼付きの原因です。

XL系エンジンのカタカタ音は、焼き付きに因ることが多くあります。



「ほんの数分のオイル不足状態での運転で、シリンダー・ピストンに傷が入る」HD社技術講師談





>古いオイル排出後、機種によってはエンジンをスタートさせて・・・



    そんな事はしません! 





>OILフィルターと言う物は、付いておりません。(ちょっと心配)

ショプいわく、必要無いとのこと(賛否有ると思います)



そのショップに取付技術が無いのか、無知なのか、どちらかです。

金属片などにより、右クランクケース内ブリーザバルブボア及びブリーザバルブボディにダメージを与え密閉不良が発生しブリーザーからオイルが吹き出すようになってきます。

ブリーザバルブボディは交換可能ですが、バルブボアは右クランクケース本体そのものなので修理は・・・

たけさん、そんなショップに騙されず、早くフィルターを付けましょう。タンクへの戻りラインの途中へ付けるだけです。





>5クオートオイルチェンジ

交換前のオイルが、酸化してドロドロでオイルと呼べるような代物で無くなっているとすれば、私は「5クオートオイルチェンジ 」に加えて20km走行後に再度、交換します。

しかし、4000km又は6ヶ月で交換していれば、古いオイルが残っていたって影響は無いと思います。

エンジン内に残るオイル量は、EVOソフテイル・オイルクーラー無しであれば、最大でも150cc程度でしょう(オイルポンプ、エンジンの密閉度が正常の場合)


ビラ [E-Mail] 1999/08/30(月) 03:24:16
今日、とあるバイク屋さんにバイク持ち込んで音を聞いてもらったのですが、気になる音はしないと言われました。

確かにその時は音がしていなかった気がするのですが、本当に音がなくなったのか慣れてしまったのかは疑問です。

でもエンジン始動後のあったまっていない状態では音していたし、走っている時も聞えていました。



いつもははっきりと音がするのですがと伝えた所、油圧タペットにエアが・・と言われてしまいました。

う〜ん。どうしましょ。

ビラ [E-Mail] 1999/08/30(月) 03:41:43
以前、Hatchさんからのカチカチ音についてのアドバイスで

 ・原因として考えられるのはカム山の異常摩耗

というのがありましたが、思い当たる節があります。



ディーラーにてオイルスクリーンの清掃&焼き付き宣言をされた後に、アイドリング時のアフターファイヤーがひどくて

TUYOさんにポイントを点検して頂いたのですが、その際にカム山を拾うポイントのふくらみが摩耗して全然なくなっているのを発見!

さすがにTUYOさん、ポイントの予備を持っていて交換してもらいました。



もしこれが原因ならカチカチ音は交換後すぐに収まるのでしょうか?

goggle 1999/08/30(月) 09:31:26
>おやじ 様



丁寧なレスありがとうございます。今度そのショップ訪れたら、ケンの立たない

程度に聞いてみようと思います。その上でもまだ言うようでしたら....

私どうすりゃいいの状態になります。

そこのマスター、BMWですが、デーラー主催のコンテストで優勝したとかで信頼

していたのですが....

何か思い込み違いをしておられるのかな?

これからは、オイルはできるだけ自分で交換します。

おやじ様の言う通り、新しいフィルターには必ずオイルを満たします。

Hatch 1999/08/30(月) 13:08:38
えー、おれが言った「カム山」とはエンジンのカムシャフトのカム山のことなので違います。



とにかく何がどうなってるのかおれにもわかりませ〜ん。って言っても現車を目の前で見たり、音を聞いてるわけではないので最初から確たることは何も言えないのですが。



しかし、もうそろそろ自分の判断で何らかの決断をする時ではないでしょうか?。このまま動かし続けることは良いこととは思いませんし、自然治癒するとも思いませんが。



焼き付いてるといったショップに入院するなり、添加剤を使ってみるなり(その際は5qtオイルチェンジもしてみましょう 笑)。

おやぢ 1999/08/31(火) 12:34:52
>デーラー主催のコンテストで優勝

私はBMWJ主催のメカニックコンテストを経験しましたが、技術レベルはかなり低く(常識程度)失望しました。

BMWJ認定マイスターも未熟な技術をごまかすためと確信しております。



HDJのPHDプログラム(HD本社による整備技術養成ビデオプログラム)のほうが、はるかに進歩しています。

全デーラー必修条件になっていますが、一般に問題が噂されるデーラーほど履修度は低いようです。



相談はPHD最高位のマスターオブテクノロジー(右袖に黒地に金縁ワッペンが目印)のメカにするほうが良いでしょう。

まあ、最高位と言っても、5年以上の経験とPHD全プログラムを履修していれば貰えるんですけどねぇ

BMWJ認定マイスターよりは、頼りになるんじゃないかな?


goggle 1999/08/31(火) 13:29:55
>おやじ 様

本当に信頼できるショップ・メカニックを捜すのは難しいです。

特に地方では......

とりあえずは、今のショップのメカの思い違いを直してあげます(笑)



>ビラさん

関東なら名うてのショップが沢山ありますので、この機会(残念なことではありますが)

を利用して、そのようなショップに修理依頼するというのも一つではないでしょうか?

自分のバイクで、評判のショップの腕が確認できるというのは、千載一遇のチャンスかと...



復活をお祈りしております。

ビラ [E-Mail] 1999/09/02(木) 12:29:40
やっと給料が入ったので、Hatchさんご推薦の添加剤導入しました!!

もちろんオイルも純正品に交換してフィルターも交換したました。

遅効性なので、まだカチカチ音は聞えませんがその他の部分では効果を体感しております。

カチカチ音がしている以外は非常に調子良く走っています。

無理な運転しないで様子みてみます。

おやぢ 1999/09/02(木) 19:32:51
カチカチ音がして、オイル消費が多くブリーザーからのオイル吐出が多い場合は、シリンダー及びピストンに焼付きによるダメージが有るとおもわれます。

オイル消費が多くなければ、音に付いては、さほど気にする事はないでしょう。

ビラ [E-Mail] 1999/09/05(日) 12:15:25
ブリーザーは大気放出しているので、どれくらいのオイルが出ているのか判りませんが

フィンにオイルが流れ出ている染みがあるので結構吐き出しているとおもいます。

(ゴムホースをつけて放出してるのですが付け根の部分から染み出ているようです)

洗車してフィンを奇麗な状態にして、オイルチェックしながら走って見ます。

添加剤導入から350キロ程はしりましたが、アクセルにはついてくるしアイドリングの時の くしゃみ>エンスト が

全くなくなっています。非常に調子いいです。

すぷ [E-Mail] 1999/09/06(月) 09:56:04
ブリ−ザーのオイルはフィンがぬれる程度は普通の状態でも出てきます。飛ばした後なんかは、フィルターを付けていてもフィルターからにじみ出ています。ブリ−ザーはもともとピストンが上下して圧縮しているんだから、戻る時に反対側のクランクケース側にも逆の圧縮が掛かるので、ある程度のオイルは出ると思います。まして、クランクケースの極端に小さいV−TWINならなおの事でしょう。ところで、添加剤どこのメーカーのものですか?DMしてもらえませんか?

ポリス 1999/09/06(月) 20:51:52
すんません。横から質問なんですが、おやじさんの書き込みでEVOでは油圧タペットにはエア抜きなんで作業はありえない、との事だったんですがショベルの油圧タペットはどうなんでしょう?

この前自分で組み上げたエンジンをショップのメカに見てもらっい、音を聞いてもらったのですが、フロント2本どっちかにエアがかんでるみたいだ、と言われました。また、このくらいのノイズならそのまま乗っても大丈夫だろう、とも言われました。皆様宜しくお願いいたします。

おやぢ 1999/09/10(金) 00:24:36
>ショベルの油圧タペットはどうなんでしょう?



 エア抜きはありません。



本来は、油圧タペット内に薄くオイルを塗布して組立てますが、当初、打音がしても正しく調整してあれば、無負荷低回転で5分程度の運転で打音は消えます。

組上げる際に重要なことはオイルラインを掃除(もちろんストレーナも)しておく事です。

もし、糸屑や微細な金属片が油圧タペットのチェックボールに付着すれば、打音が発生し「エア噛み」と判断される事があります。

goggle 1999/09/11(土) 00:03:23
エンジンオイル交換後のエア抜きの話しを、今度は違った

ショップのメカからも「必要」と聞きました。



>おやじ様

なぜその様な知識・やり方がメカに知り渡ってしまうのでしょう。

何かの勘違いからなのでしょうか?

一度、メンテナンスセミナーでお世話になった講師にも質問して

みようかなとも考えております。


ポリス [E-Mail] 1999/09/11(土) 09:42:13
おやじさん、ありがとうございます!。

油圧ショベルにエア抜きはないのですか・・・ディーラーのメカニックに質問したのですが・・

とにかくまた、ロッドを抜いて洗浄・調整に再トライしてみます!


おやぢ 1999/09/13(月) 00:12:24
>なぜその様な知識・やり方がメカに知り渡ってしまうのでしょう。

何かの勘違いからなのでしょうか?



勘違いでしょう、

メーカーから、オイル交換後、正確なオイルレベルをチェックする為にエンジンをかける事を推奨しています。

しかし、この作業はエレメントやオイルクーラー内にオイルを充満させる事が目的で「エンジン内のオイルラインのエア抜き」では有りません。

この作業を省略してもエンジンに実害は無くオイルレベルが少し低いだけです。



>一度、メンテナンスセミナーでお世話になった講師にも質問してみようかなとも考えております。

ぜひとも、講師様のご意見を拝聴したいものです。


追加発言
■ お名前
  
■ メールアドレス(半角で入力)
  
■ ホームページアドレス(http://から始まるフルパスで記入して下さい。)
  
■ 発言(エラー時再送信禁止)
  ←解決時は質問者本人がここをチェックしてください。
  
  

WwwLounge Ver2.16