パンヘッド、ブレーキ踏み代が変化します

[戻る]
もっきり屋 2015/12/11(金) 03:34:13
パンヘッドのリアの油圧ドラムブレーキ(ワグナータイプマスタシリンダー)なのですが、1発目のブレーキング時に必ず踏み代が深いのです。効き具合は、問題ありません。
2度、3度とブレーキングすると踏み代は手前になり、その症状は走行前でも走行中でも起こります。
エア混入かと思い、エア抜きを負圧を使ったり、逆送させたり行い、マスタシリンダー単体やバンジョー部分からも行ったりもしました。しかし、変わりません。
また、マスタシリンダーを疑い、バラしましたか構成部品や順番は間違いなく、カップの欠損もありません。ディスク式には必要無い油圧保持の為のレシデュアルプレッシャーチェックバルブとパッキンは付いています。
同じような症状で、改善された方はいませんでしょうか?
よろしくお願いします。

もっきり屋 2015/12/11(金) 06:55:05
追記です。
踏み代が正常になっても、短時間で同じ症状になってしまいます。

もっこり屋 2015/12/11(金) 11:32:45
メカに詳しそうで恐縮ですが
ブレーキライニングの減り、変形
ドラムの減り、変形
アジャストカムの調整不良、摩耗

ミニくっぱ 2015/12/17(木) 07:58:11
車ですが、同じ経験があります。

ブレーキのシステムに異常が無いのであればホイールベアリングにガタがある可能性が高いです。
ガタがあると、ブレーキとドラムの位置関係が一定に保てずハンドルを切ったりしたときに隙間が出来ます。
ブレーキを掛けることでガタが修正され2回目以降は正規の位置に戻るので効いてくるのでしょう。
短時間で症状が出るのは走行中ハンドルをこじる動きがあるからガタが出るわけ。

ハーレーの油圧ドラムの構造までは知りませんが、通常ブレーキは車体側で固定、ドラム自体はホイール側にあるはず。
ベアリングのガタを確認してみてください。

もっきり屋 2015/12/19(土) 07:26:21
もっこり屋さん
カムの調整をしようとしましたら空転してどうにもなりません。
リアドラムをバラしましたら、シューは減ってはいませんでしたがホイルシリンダからオイルが漏れて湿っていました。
また、カムがシューベースに触れていない状態でした?
とりあえず、シューとホイルシリンダーを交換して、調整・エア抜きを行います。

もっきり屋 2015/12/19(土) 07:28:26
ミニくっぱさん
ホイルベアリングにガタはありませんでした。

しんきち 2015/12/19(土) 18:44:27
一番新しいHOT BIKEの池田さんのパンの記事を読んでみては?

もっきり屋 2015/12/20(日) 12:41:07
しんきちさん
読みました。
社外品の品質問題や純正品の経年変化など色々ありますね。

もっきり屋 2015/12/20(日) 18:19:56
[[解決]]
無事解決しました。

追加発言
■ お名前
  
■ メールアドレス(半角で入力)
  
■ ホームページアドレス(http://から始まるフルパスで記入して下さい。)
  
■ 発言(エラー時再送信禁止)
  ←解決時は質問者本人がここをチェックしてください。
  
  

WwwLounge Ver2.16