ガスコックをオフにすると回転上昇

[戻る]
ガスコック 2013/01/17(木) 21:31:55
ガスコックをオフにするとエンジンの回転数が上がってしまうのですが 何が原因でしょうか?
タンク コック共ノーマルで キャブはHSRです。
00年 ソフテイルです。

コック屋 2013/01/18(金) 20:09:30
えぇっ! コックを閉じて走るのですか? 節約ですか?

ガスコック 2013/01/18(金) 20:48:29
いえいえ 私はいつもエンジンを切る前にコックをオフにするんですけど、以前は そんな症状はなかったもので。

コック長 2013/01/18(金) 21:28:01
負圧が上昇するからでしょ。

つか 2013/01/19(土) 12:44:11
そもそも、普通にエンジンを停めてからガソリンコックをオフにすれば、何も気にする事が無いと思うのだが…

わざわざ変わった手順やって、変な症状が出た!…って言われても、知らんがな (´・ω・`)

コックりさん 2013/01/19(土) 21:04:52
コックをオフにすると回転が上がってそのまま走り続けられるの?

ハンコック 2013/01/19(土) 21:49:46
私もHSRつけてますが、以前は何の原因もなくアイドリングが上がったりしてました。
5年経た今ではその症状もなくなりましたが、HSRによくある症状のようです。原因はわかりません(謝)

XR 2013/01/21(月) 10:19:08
アイドリングの状態だと、通常はちょっとガスが濃い目になってると思います。
アイドリングのままで放置すると、プラグがかぶったりカーボンが堆積したりしますよね。
燃料コックをオフにすると、燃料の供給は断たれますが空気の量は変わりませんから、燃料が減少する過程で理論空燃費を通過します。
燃焼効率が良い状態になれば爆発力がアップしますから、当然回転数も上がっていきます。
頂点を過ぎれば何れ希薄燃焼となり、最終的にはガス欠で停止します。

こんな感じじゃないでしょうか?。

う〜ん 2013/01/21(月) 10:45:43
>空気の量は変わりませんから、燃料が減少する過程で理論空燃費を通過します。
>燃焼効率が良い状態になれば爆発力がアップしますから、当然回転数も上がっていきます。
>頂点を過ぎれば何れ希薄燃焼となり、

もっと噛み砕いて!

XR 2013/01/21(月) 17:10:47
>もっと噛み砕いて!
凄く簡単に書くと、ガス欠になるまでの過程で混合気が濃い目→
丁度良い→薄目と変化すると言うことです。
丁度良い混合気はより大きな爆発力になりピストンを押し下げて
くれますから、回転数が少し上がります。
回転数が上がれば空気の流入量が増えますから、より多くの燃料
を吸い上げることになり、更に回転は上がることになります。
※最初の説明では空気の流入量は変わらないと書いてますが、回
転が上がるまでは・・・ですね。

アイドリング中に燃料コックをオフにする理由が明確じゃ無いん
ですが、恐らくフロート室を空にしたいんだろうと考えて回答し
ました。
コックをオフにした瞬間に回転数が上がるようなら、別の原因が
あるとは思います、その辺はわかりません。

ガスコック 2013/01/21(月) 22:09:02
[[解決]]
XRさん わかりやすい説明ありがとうございました。そして みなさんも ありがとうございます。XRさんがお察しのとおり フロート室を空にしたい為のコックオフでした。数ヶ月に一度しか乗れないもので。みなさんの説明を聞き、納得出来ました。
解決です。 

追加発言
■ お名前
  
■ メールアドレス(半角で入力)
  
■ ホームページアドレス(http://から始まるフルパスで記入して下さい。)
  
■ 発言(エラー時再送信禁止)
  ←解決時は質問者本人がここをチェックしてください。
  
  

WwwLounge Ver2.16