オイルホースのオイル行き帰りについて教えて下さい。

[戻る]
KEN 2004/11/24(水) 12:19:44
2003年モデルの1200Sに乗るKENと申します。

オイルタンクから出ているホースでマフラー側に2本纏まって
細いホース(3/8)と太いホース(1/4)出ていると思いますが
(リヤマフラーの下ぐらいのところです)細いホースの方は、
オイルタンクからエンジンにこれから行く側のオイルホースなんでしょうか?
また太い(1/4)ホースはオイルタンクに帰ってくる側のホース
という認識で間違ってないでしょうか。

デジテンで細いホースのオイルラインから油温をはかると、
暑くなっても50℃、寒い山道だと36℃ぐらいまで温度が下が
ります。

細いホースがエンジンに行く側であれば、オイルタンク内で多少
オイルが冷やされてエンジンに行く時に低い温度で流れるので
あれば、50℃とかでも納得いくかなと思い質問させて頂きました。

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

まさ 2004/11/24(水) 12:44:12
私はオイルタンク内の温度を計測していますが、だいたい110度くらいは行きます(ツインカム)。
50度はいくら何でも低いのでは?
温度センサーがきちんとオイルに浸かっているでしょうか?

KEN 2004/11/24(水) 12:49:28
まささんご意見ありがとう御座います。

そうですよね。それぐらいの温度いきますよね。
一応オイルタンクにスティックタイプの油温計
もついているのですが、そちらは75度ぐらい
を表示します。

ちなみにセンサー部は先っちょがオイルに触れてれば
温度は測れるとメーカーがいっていたので先っちょ
だけオイルにあたってます。

なにか他にもご意見がありましたらお願いします。

まさ 2004/11/24(水) 12:53:55
>ちなみにセンサー部は先っちょがオイルに触れてれば
温度は測れると
うーん、センサーを観たことはないので何ともいえませんが
不十分だと思います。
周りのパイプは外気に冷やされやすいので、その温度を拾っているということは?

ちなみに先ほど110度と書きましたが、この季節では
なかなか活きませんね。
だいたい80−95度くらいです。

りっしんべん 2004/11/24(水) 13:34:40
私の場合、エンジンからの戻り側にセンサーを付けております。
今の時期なら走行中50度前後、渋滞中70度弱です。
夏場の渋滞でも95度を超える事は無いのですが?? どうなんでしょうね。

98ビッグツインです。

KEN 2004/11/29(月) 16:44:22
[[解決]]
まささん、りっしんベンさんご意見ありがとうございます。
私がとっていたオイルラインの細いホースはエンジンの内圧と
オイルタンクの内圧を合わせるベンドホースだったようで、
通常はオイルが通っていないとの事でした。
今はエンジンリターン側のほうにオイルフィッティングをつけて
油温図ってます。

30分ぐらいの走行で50℃弱ってところでしょうか。
オイルタンクキャップ(スティックタイプ)にも油温計をつけて
いて大体同じ油温なので、こんなもんかなと思います。

色々ご意見頂きありがとう御座いました。

「解決」とさせて頂きます。

hiro 2004/11/29(月) 16:58:17
解決後、便乗質問で申し訳ありませんがお教えください。

当方も細いホースの方はオイルタンクからエンジンにこれから行く側
太いホースはオイルタンクに帰ってくる側のホースと思っていたのですが

>オイルラインの細いホースはエンジンの内圧と
>オイルタンクの内圧を合わせるベンドホースだったようで

とは知りませんでした。。

そこで本題のご質問なのですが
どのホースでエンジンへ行き、どのホースで戻っているのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

追加発言
■ お名前
  
■ メールアドレス(半角で入力)
  
■ ホームページアドレス(http://から始まるフルパスで記入して下さい。)
  
■ 発言(エラー時再送信禁止)
  ←解決時は質問者本人がここをチェックしてください。
  
  

WwwLounge Ver2.16