管理人blog

Home » Blog » 管理人blog » 日常ネタ » 成田税関で通関作業 »

成田税関で通関作業

去年、サクラメントに行った際に直接オーダーしたサーフボードがやっと日本にデリバリーされたので、仕事を休んで成田空港まで取りに行く。税関作業はいろいろ面倒なので備忘録として書いておくことにする。

ステップ1: 貨物エリアに入る


IMG_0288_500.jpg

車か徒歩かで貨物エリアに入る。入るときは所定の手続きをしてVisitorカードと臨時入構証をもらう、この2つは帰るときに返却する必要があるのと、訪問先でサインをもらう必要がある。どこも訪問しないで出るのはそれはそれで問題になると予想。

駐車スペースは予め荷物の管理先から大体の場所を教えてもらう。今回の自分の指定はCargo4。

2, 荷物を運んでくれた運輸会社に運賃を払って正式な書類をもらう

今回はLAから成田までの航空貨物運賃で西武運輸が窓口。ここに19,850円の航空運賃と保険3000円を支払う。窓口は日本人だが、貨物集積場で働いてるのは外国人ばっか。

3, 正式な書類をもって成田税関の2Fの個人通関の窓口に行く。

IMG_0296_500.jpg

どこが税関がよーわからないので通りがかった人に聞いてみた

IMG_0292_500.jpg

ありました。この中の表示がまた不親切。個人は2Fです。

IMG_0291_500.jpg

普通にオフィスみたいなところでうろうろしているとここが税関の申請窓口らしい。

IMG_0290_500.jpg

窓口の女性の言われるままに書類を書く。結構親切に教えてくれた。

IMG_0294_500.jpg

で提出してしばらくするとすんなり許可をくれた。

4,この書類をもってまた倉庫街へ戻る。

IMG_0295_500.jpg

そして倉庫への司令を出している窓口にこの書類を提出する。
管理費として数百円を払う。

5,最後に指定されている倉庫に行く。

IMG_0298_500.jpg

そしたらやっと出てきました、ドドーン

IMG_0299_500.jpg

当然、車の中に入らないのでキャリア積みにしました。最後は最初にもらった登録証を出口で提示して倉庫エリアから出ることです。窓を全部空けて誰も乗ってないことを証明する必要があります。

IMG_6317_500.jpg

それで、手に入れたサーフボード、最高です。
円高な状況もあり日本で手配してもらうよりかなり安く手に入りました。

LAから成田までの航空運賃19,850円
保険 3,000円
関税0円
税金3,300円
保管料800円

計26,950円












コメント(2)

おはようございます。
9.6ぐらいですか?
3ストリンガーおクラッシックな板ですね
最近supを買い、練習してるですが
磯ノ浦では、禁止になりそうです(宮崎県の一部の浜は、すでに禁止のところもあるそうです)。
まだ、5人ぐらいしかいないのにです。
ウエーブは、確かに危ないから禁止でもしかたがないけど
クルーズは、許してほしいな
しかし、supは難しい


9.6でーす、楽でーす笑

SUPは共存できないんですか?


「成田税関で通関作業」に関連する記事