管理人blog Monthly Archives

Home » Blog » 管理人blog » July 2009 Archive

1
2009:07:05:22:30:15

ツールドフランス 2009 2日目

» 今日も夜はビール片手にこんな感じでブログ書いたりしながらツールドフランス観戦中。今日はスカパーの無料放送の日だから前のエントリーでも書いたが、この月だけはハーレーのこともあまり気にならなくなり、仕事もそそくさと終えて夜はレースにいそしむ。 レースはやはり生モノに限る。一度見始めると4時間以上はテレビを見続けないといけないので、録画して後で見たらと言われることもあるが、プロ野球中継を翌日に改めて見ようなんて思わないでしょ。それと同じです。ビール飲んでウトウトしてしまい、気づいたらゴールしてたとしても、その時間に付き合っていることに意味があるんです。苦笑。今日はレースを見た影響もあって、半年振りくらいにトTrek 5000を出動させた。来週からアメリカに行くので、レンタカーを運転するために国際運転免許証の更新が必要だったのだ。横浜から相鉄線で行くのが憂鬱な二俣川まで自転車で行くことにした。MTBだとちと重いが、ロードバイクは原付なみのペースで走れるしね。案の定自宅からは一時間ぐらいで現地に到着。なんと、電車乗り継ぐよりもぜんぜん早いじゃん! Jスポーツの解説に戻ると、おなじみの白戸太郎やサッシャの実況は耳慣れしているのだけど、今日はナビゲーターに女の人が来ていて(名前は知らない)、素人丸出しのコメントや、そもそも、「は~、そうなんですかぁ~。」みたいな相槌ばっかりで聞いていてかなり耳障りで不快。 野球放送では配球予想ばっかりしている評論家だとか、サッカーでは絶叫しまくりのアナウンサーなど、何か放送に被せないといけないという強迫観念で映像が台無しになることが多い。サイクルロードレースは展開を淡々と紹介する具合が今までは意外とバランスが取れててよかったのだけどね。この女のゲストとか要らないからちゃんとした実況に専念して欲しい。あんまりうるさいようだったらフランス語のほうに変えようかな。フランス語わからないけど。
Categories : 自転車

2009-07-05

2009:07:04:22:23:12

ツールドフランス開幕

» 本日、待望のツールドフランスが開幕します。このために普段はちっとも見ないスカパーのチャンネル、J-Sportsにずっと入り続けていると言っていいかも。 今日の第一ステージはモナコ公国で個人のタイムトライアルが行われ、そのあと、全21ステージ、3,500キロの自転車レースが始まります。 今年は湘南の星、別府史之選手含めて日本人選手が二人も参加するので、例年よりは日本でも盛り上がりそう。それともっとも注目すべきは、3年ぶりのブランクを経てツールドフランスに復活してきたランス・アームストロングがどのような活躍をするのかに注目が集まってます。 普段ハーレーで当たり前のように超える峠も、自転車で上っているとその感覚は全く違うもので、当然ながらエンジンは自分だから、オートバイレースのように微妙な差で戦っているわけではなくいろんな勝負の要素がある。いろんな駆け引きが繰り返され、最後は体力もそうだが、気力のぶつかり合い。振り落とすためのダッシュと、気力がつきて落ちていく選手の人間模様。 一方の峠からの下りは、2センチもないであろう幅のタイヤのグリップを利かせながら、バイクと変わらず100キロ近くのスピードでコーナーに突っ込んでいく。ギャップを拾って吹っ飛んでしまうリスクは当然こちらのほうが高いわけで、早い選手のコーナリング技術はとても美しく惚れ惚れする。 一般的に自転車はエコ志向やらいろんな理由で流行っているが、ツールドフランスはそんな日常の自転車の世界とは無縁のストイックでハイレベルなオトコたちの戦い。ハーレー乗り含むタイヤが二つついた乗り物で21日間を戦う世界最高峰のレースは必見である。私は2004年ごろにこの魅力に毒されて、毎年7月の夜はこのレースを毎晩見っぱなしである。ヨーロッパの昼間時間のレースだから、日本は夜から深夜にかけてレースを見れるので、ちょうどいい時間帯なのである。唯一の弊害は、高価なロードバイクが欲しくなるという副作用。 数十万は当たり前、100万以上でも、あのツールを走ったバイクがこの手に入るのであれば安いと思わせてくれるのが、自転車の懐の深さとヤバさである。
Categories : 自転車

2009-07-04

1