管理人blog Category Archives

Home » Blog » 管理人blog » 時事ネタ »

1234567891011

ロンドンラーメン戦争ってホント?

ロンドンに行列出現! ラーメン店とは思えないスタイリッシュさに釘付け

ちょっと前にこういう見出しでヤフーニュースに出てた記事を目にしていたから、せっかくこっちに来ているのでランチで確かめてみることにする。

ソーホーの中でうどん屋とかタイ料理屋などが多いWardour StreetあたりにこのスタイリッシュといわれているBone Daddyがあるらしい。お昼時12時台に行列ができているということで期待していったのだけど、ぜんぜん見つからない。しかも行列なんてぜんぜんできてなかったよ。なので見つけるのにえらく苦労したよ。スタイリッシュなラーメンよりふつうのラーメンが食べたかったので、すぐ近所にあった別のラーメン屋にしてみた。


tonkotsu_london.jpg


カフェみたいな外観。入るとカウンターに案内される。そういうところは日本と同じだが、テーブル席がメインな感じ。

tonkotsu.JPG


でとんこつラーメンと、餃子とグリーンティーを注文。

出てきたラーメンは見た目日本と同じだ。これは期待できるのか?とスープを口にしてまずアタマに浮かんだ言葉は、


ヌルイぜ・・・これ・・・


こっちの人の好みなのかしらないが、スープが日本でいう食べ終わったときよりもヌルイ感じ。たぶん放っておいたらすぐに冷たくなるだろう。チャーシューはふつう。そしてメンは大分違う。たぶん、ヨーロッパは灌水が使えないって聞いたことがあるが、麺そのものが白っぽくてぬるぬる感もない。そうめんみたいな感じ。

そしてスープはぜんぜんコクがないなあ。餃子もにんにくやしょうなどの薬味がぜんぜん入ってないので味に深みがない。

カウンターの隣の席にたまたま座ったオンナノコに話しかけてみた。


オレ「オレ、ラーメンの国から来たんだけど、ここイギリスじゃラーメンって流行ってんの?」


女「えー、そうなの?日本食ってヘルシーでとってもクールよね。私はこの近所で働いてるからこのお店とかスシ店もよくいくわよ、YumYumも大好き!」


オレ「YumYumってフォーみたいなやつだろ、アンタ・・・。」


まあ、この程度の認識ですよ。たぶん、まだうまくてもまずくてもあんまり関係ないかもしれない。

そして最後に気になるお値段だけど、


ramen_tonkotsu.jpg


とんこつラーメン 11ポンド

餃子        6ポンド

お茶        2ポンド

サービス料    1.8ポンド


でしめて19,8ポンド(約2800円)。

結構というかかなりしますな、日本との比較において。

ラーメン戦争の中身的には、実は今起こっているのはハイレベルな戦いではなく、いろんな日本食のお店が進出してきているという実態があるだけだということをまずは述べておこう。

イギリスは食い物が最悪っていうイメージがいまだにあるが、実のところそれは昔からするとずいぶん改善されている。それはEUへの加盟によって人の移動が仕事も含めてかなり流動的になり、ここイギリスでもその人たちのために各国の料理が食べられる環境が構築されてきたということにつきる。

なので、EU兼の国の料理、フランス、イタリア、スペインなどの料理を出す店はたくさんあって、しかも時間と共に競争が働いたせいか、とてもいいお店がある。日本食はというと古くから駐在員を相手にやってきた店はそのままだが、一般的なイギリスにいる人が気軽に入れる店が増えてきて、それにともなっていままで寿司、やきとり、とんかつなど誰でも知っててオーソドックス料理をなんでも出す店からラーメンやうどんだけっていう専門店がぽつぽつ出てきたってのがいまの現状。

うまくなくても高くってもたまには母国の料理を食べたくなるのも出先での人情。

文句ばっか言わせてもらったが、本当のラーメン戦争がこれからここロンドンでも起こることを期待してます。


そしてその2に続きます。


ロンドンラーメン戦争ってホント? その2






1234567891011