Home » Blog » 管理人blog »

管理人blog

Text by taku |

サンディエゴとTop Gun

備忘録として。11月の終わりから仕事でサンディエゴとサンフランシスコに行っていた。今年最後の海外。

東に飛行機で移動する時のほとんどは寝てるんだけど、今回TVの映画プログラムで目に停まったのが映画トップガン。1986年のアメリカ映画でアメリカ海軍の選ばれたパイロットの青春と葛藤みたいなものをトム・クルーズが演じたヒット作で、興行成績トップとなり、まだ青臭い青年だったトム・クルーズを一躍トップスターにした作品でもある。

機内のモニターで当時の記憶を甦させながらボーっと映画を見ていると、どうも映画の風景に出てくるダウンタウンの街並や坂道に見覚えがある。背景に見える大きな湾口とそこに浮かぶ軍艦、隣合わせにたくさん止まっているヨットたち。。。。

あ、これはサンディエゴのダウンタウンじゃないか!

現役で観ていた時には気づかなかったが、数十年が経ってサンディエゴに足繁く出向くようになって初めて自分の学生の時代の記憶と現在がつながったような気がした。

R0030609_500.jpg

サンディエゴ国際空港に到着し、レンタカーを借りて海岸線をダウンタウン中心部へ。サンディエゴとトップガンのロケの話しは私が知らないだけで世間的にはここを訪れる観光客にはそれなりに有名な話しらしい。

topgun-tomcruise1_500.jpg

GPZ900Rに跨ったトム・クルーズが恋人がいなくなってもぬけの殻になった家を訪れる有名なシーン。

graveshouse-street-view1_500.jpg

ロケが行われた家自体はある、周りは何もないけど。当時を偲べるかというと微妙な雰囲気がしたが、それは写真の天気がいまいちなせいか。



20150324_101841_resized_500.jpg

バーのシーンで数多く登場するカンザス・シティ・バーベキューは当時のままというかトップガン自身をフィーチャーして観光客を迎えてくれる。

当時ものすごくヒットした映画だという懐かしい感覚はあるんだが、そこまで思い入れのある映画でもなかったので感動ひとしおというわけではなかったが、こういう史跡めぐりみたいなものさしでいつも訪れている街を散策するのはなかなか新鮮でおもしろかった。

私がいつも訪れるオフィスエリアは、サンディエゴのダウンタウンより大分北部に位置し、近くには巨大な飛行場があってしょっちゅう軍用機が飛び回っているが、たぶんそこもきっと映画と関係があるエリアなんだろう。それは次回行ってみることにしよう。

1234567891011