Guerrilla Blog

Home » Blog » Guerrilla Blog » Fashion » レザージャケットを手入れしておく »

レザージャケットを手入れしておく

L1003036.jpg L1003031.jpg

年末と言う事でジャケットのお手入れをしました。スエード(起毛素材)のブーツの手入れとほぼ同じですがブラシとクリーナーを使った簡易的な手入れです。今回手入れするのは「PATTON HOODIE(ノンコーティングの方)」です。

起毛素材専用ブラシの他には以下の製品を使っています。

  • Collonil・cleaner(クリーナー)
  • Collonil・softgum(ソフトガミ)
  • Collonil・dressimpragnierer(ドレスインプレグニーラー)
  • Collonil・variospray(バリオスプレー)
  • クリーナーはプラスチック消しゴムくらい、ソフトガミは砂消しゴム程度のモノです。全体的な所をクリーナーを使って皺に沿った汚れにはソフトガミを使って丁寧に汚れを落としていきます。普段は起毛素材専用ブラシでブラッシングすれば埃は落とせますが部分的な汚れはこの方法以外に僕は知りません。

    白いムートンの場合は汚れがよく見えるので結構時間が掛かりますし、消しゴムのカスのような感じで粉が出ます。着ている洋服を汚すこともあるので汚れても良い格好で作業した方が良いと思います。また、掃除機をそばに置いて屑が出たら都度吸い込んでしまうのも部屋を汚しません。

    クリーナーで落とせない汚れはスプレー式の「ドレスインプレグニーラー」で落とせますが予め新品時にこのスプレーでコーティングしておかないと効果を感じません。代替えとしては新品時に「革製品用撥水スプレー」を使ってコーティングしておくことなんですが、どちらも臭気が強いので部屋の中で使わずにベランダなどで使うことをお勧めします。

    ここまでは靴の手入れでも同じですがムートンの場合はファー部分も汚れるので防水効果のある「バリオスプレー」を使っておくと汚れが付着しにくくなります。それでも襟元なんかは汚れが沈着する前に手入れしないと白さを維持できません。

    個人的にはヤレた感じの革ジャンが好きなので新品状態を維持しようとは考えていません。寿命を延ばす程度の手入れに止めています。面倒な事ですが新品時に手入れをしておくと後々の手入れはかなり楽になりますし、長持ちもするので素材にあった手入れをお勧めします。(ホームセンターでも手入れ道具は入手出来ますが、たまに「防水スプレー」と「撥水スプレー」を同じと考えているお店の人もいますから注意も必要です...w)











    コメント(1)

    ネットで見て回ってます^^レザーは手入れが大切ですね^^


    「レザージャケットを手入れしておく」に関連する記事