Guerrilla Blog

Home » Blog » Guerrilla Blog » Toys » Blade Runner Deckard Blaster »

Blade Runner Deckard Blaster

デッカード・ブラスター AP ブラスター 昨年「Profiles in History」主催のオークションでオリジナルが出品。予想を超える225.000ドルで落札された少し後...オリジナル(出品された実物)のほぼ完全模写を行った「AP ブラスター」発売方法で二転三転していた「留之助商店 本店:ブラスター」が、今度はマルシン工業からモデルガンとして発売されるようです。コッキング・メカニズム内装でトリガーと連動してシリンダーが回転...。発光ギミックが内包されるかどうかはアナウンスされていませんが工業製品としてのリリースは「逮捕」される心配もなさそうなので楽しみです。

飛騨高山 留之助商店 店主のブログ
マルシン工業











コメント(5)

この方、知ってますよ。こういうサイトを開いていたのは、つい最近知ったのですが。

askさんってGUNマニアなんすか?


店主さんとは何度かメールのやり取りがあった程度です。
big-boyさんお知り合いでしたか...。

SF映画の劇中に登場する銃にも激しく反応しますから、多分、幅の広い「ガンマニア」だと思います。学生時代(二十数年前)に「逮捕」されてからはコレクションすることは止めましたけど...(^^;)


Nさんはお得意様でした。ここでは相当書きづらいのでこれくらいで。

私は72年の実写版の「ワイルド7」くらいからGUNマニアでした。
それの延長でクレー射撃にのめりこんだ時期がありましたが、
それも含め昨年でGUNの趣味とは決別しました。


うへっ...出た実写版「ワイルド7」...。
主題歌は覚えてますよ。多分、歌えます。
終わりとは思えないエンディングの方が好きです。

http://www.youtube.com/watch?v=OA-13gGTgks
http://www.youtube.com/watch?v=Q_vClQmkj-s

僕は原作の方が好きでした。NEW MGC時代に「飛葉モデル」としてショートバレルも発売されてましたが僕はレギュラーモデルのバレルを自作で切り詰めてました。インサートも抜いていましたから強度的な問題もありましたが発火モデルの超ショートバレルは発火させると面白かったです。

新ワイルド7劇中の「スーパーウッズマン」...22口径を35MAG用に改造した....ってやつなのに付属のカートは22口径サイズだったのでがっかりでした。


キタ、キタ。^^

オープニングのMGCトンプソンの薬莢がポロポロと飛び出すシーンに
当時はしびれましたね。サンダース軍曹も愛用のトンプソンm1921。
つい最近デットストックを手放したばかりです。でもまだ中古2丁あります。汗

エンディングは「つむじ風」ですね。
実写盤のdvdフルセットで持っています。今見ると40年代当時の車や
町並み、ファッションがなんともレトロで面白いです。

漫画は余り見ませんでしたね。ワイルド7は私の中では実写盤が全てで
そのイメージが漫画とはどうも合いませんでしたから。


「Blade Runner Deckard Blaster」に関連する記事