Home » Blog » Big boy Blog »

Big boy Blog

Text by big_boy |

79'FXSローライダー vol.15

久しぶりの・・(もう死語かも)更新です。もう皆さん忘れてますよね??済みませんです。
自分でも何処まで行ったか完全に忘れています。前の記事を自分で読み返したりして書いてます。
まさかダブりはしないとは思うけど、不都合があってもお許し下さい。

さて、前回はサンダンスのシールキットを導入しました。全く持って素晴らしいと絶賛したところです。
そもそもプライマリーのオイルラインのニップルをもがしてしまったのが始まりで、横道にそれて
対策までしてしまったと言う事です。 もう一点、事故というかセルモーターをはずす際に、プライマリ
から出ているスタットを舐めさせてしまった修理からです。 部品はⅤツインから取り寄せました。
こういうときは細かい部品がⅤツインから出るので大変助かりますね。

00 1211[1].jpg

  ダブルナットでスタットを植えます。

00 1223[1].jpg

プライマリーを組みます。只組むのは忍びないので、磁石を2個ほどエポキシ系で接着しておきます。
画像でわかりますでしょうか?行ってみればプライマリーチェーンにかけられたオイルは潤滑して
います。オイルポンプに戻るということです。オイルポンプがのギアの壁が傷むのはこういうところの
鉄粉や、純正のグラスウールを固めたオレンジ色のオイルエレメントが悪戯をするせいもあります。
ですから極力対策をしておいても無駄はありません。それと、チェーンにオイルを給油するタブに
いらなくなったプラグキャップのL字のゴムをかぶせタイラップで止めます。これにより、オイルが
チェーンにストレートに掛かるようになるのですね。普通はプライマリーカバーに向かって噴出して
ます。
00 1212[1].jpg

 あっ今回、インナーを止めるボルトは面倒なワイヤーロックではなくロックタブを使いました。
 Ⅴツインから出てます。あっこの画像にはプラグカバーをかぶせる前のニップルが見えてますね。
真下にあるプライマリーチェーンにはオイルが掛かりにくいのがわかると思います。

00 1219[1].jpg

で、今日はこれで終わりです。 画像が思うように見つからないのです・・・
次回はホイールベアリング点検と交換を行きたいと思います。車検整備がいかに大事かわかる
はずです。 そんなの見たことねぇよ・・というあなた!きっとブルブルですよ。

続かせてください。

セルスタッドを付けるのにオイルタンクをはずしたついでにホース類もすべて交換しました。
止めるバンド類は純正と同じ方式のかしめタイプを拘って使いました。(画像が無い!あれ?汗)


<<前の3件へ 1234567891011