Big boy Blog

Home » Blog » Big boy Blog » big_boy » bito号 オイルクーラー取り付け。 »

bito号 オイルクーラー取り付け。

ちょっと体を動かすと、汗ばむ季節がやってきました。まさにこれから露までの間、バイクの季節
です。 皆さん、乗ってますか? (いや乗ってないのは俺だけか・・)

さて今回、bito号にオイルクーラーの取り付けしました。 ネタ不足、はたまたやる気不足のこの
頃なのでちょうど良いとばかりに軽くその模様をお送りします。^^

IMG_5337[1].jpg

はい、久しぶりのbito号。私のガレージに着いたときは油温は240Fに達していた・・・。
この車両も温度が上がる傾向にあるらしい。私の車両ならとっくに止まっている温度。
この違いは何処にあるのだろう。 

IMG_5338[1].jpg

さて、bito号がオイルクーラーを着ける事により、どれくらい温度が下がるのだろうか?
(おっと、そうきたか!無理ネタ 笑 )

IMG_5339[1].jpg

オイルクーラーの配管は簡単で、矢印の配管がオイルポンプからオイルタンク上部につながって
いるのが戻し側。(リターン) この配管をはずし、オイルポンプからオイルクーラーに配管して
もう片方のオイルクーラーの口からオイルタンク上部に割り込ませるだけ。
ちなみにもうひとつのオイルタンク上部についているホースはクランクケースに配管されていて
オイルタンクの真空を保つ重要な役目をしている。ついでにすべてのラインを新品に・・・・と
言うときに一度にはずして間違えないように。 

配管の注意点は無理な曲げによってオイルの流れが悪くならないようにすることぐらいかな・・。

IMG_5340[1].jpg

                   当然、bito君は手伝いますww

IMG_5341[1].jpg

                   ホレ、ホレ、しっかりと。^^


IMG_5343[1].jpg

FLHではないのでⅤ字ステーは使わなくても大丈夫なのだけど、効率を考えてつけました。
jaggの切り替えバルブもつけて、配管の無理のないように確認して要所をタイラップで止めて
完了! 最後に私が試乗させてもらい、最終確認。  う~ん、FXは軽快な乗り味が○!
プラグの焼けもちょうど良いし、絶好調だね^^

IMG_5345[1].jpg

さて、効果はどうなのか? 本日は後に雨の予報なのでbito君は帰路に・・・
途中、大井で雨に降られたらしいけど、その彼のリポートによると、40F下がったと連絡が
ありました。 つまり行きは240Fだったのが帰りはmax200Fとの事。

これは効果テキメンだったようです。これは行きと帰りとの気象条件や色々関係すると思うけど
 私のデータによると最低15F~20Fは確実に下がります。これからの季節、油温に余裕が
あるということはそれだけエンジンにも有意義なわけで・・。私はクーラーはあった方が良い!と
強く勧めます。 

  皆さんはどう感じますか?


  おわり~

   ps
   クーラーを着けたあとは少し走ったらオイルレベルの確認をしましょうね。
   少しだけど容量が増えるから。











コメント(2)

いつも楽しみにしてます。タイムリーな記事でした。
240>200はすごいですね~
自分もロックハートをゲットしたのでやってみます~


てつさんコメント有難うございます。
240>200は極端な例だと思いますので・・・
ショベルでしたらクーラーを増設する前にオイルポンプの状態(油圧)をチェックは必須です。


「bito号 オイルクーラー取り付け。」に関連する記事