Big boy Blog

Home » Blog » Big boy Blog » big_boy » SUキャブの整備 »

SUキャブの整備

久しぶりの記事のアップ。せっかくこのようなコーナーを授けて頂いているのに・・ どうもスミマセン。 今回はどうも様子がおかしいSUキャブの整備。随分と前から依頼されていたのだが、 最近時間がとれませぬ。 IMG_4721[1].jpg さて、どんな様子かというと、主にアイドリング時にエンジンがストールする事があるとの事。 SUは元々燃料経由がジェットニードルとニードルのみの1本でアイドルから高回転まで補って いるので、全域がドンピシャとは構造上からすれば無理なキャブなのである。 アイドリングにあわせれば高速がダメだったり、高速にあわせればアイドルがダメだったりする。 キックの掛かりを良くすれば、アイドルで濃すぎたり・・・。これは冷間時、暖気時の図式も当てはまる。 IMG_4728[1].jpg この車両のSUはバタフライのシャフトのボデイ側の磨耗 酷いもので相当ガタが出てる。 ココまで来るとブッシュの入れ替えかボデイ交換しかない。 今回はストックしておいたSUからのボデイ移植。他の部品も良いとこ取りをして1基組み上げた 組み上げてエンジンを掛けると、物凄い黒煙! 滅茶苦茶に濃いのだ。 ニードルを太いのにしてもダメ。ジェットニードルは調整限界の突き出しで、すでに負圧ピストンに 当たっている状態。 これは何処からか燃料が増量されている。 昔の昔、調子の出ないSUを完全分解でどッかのОリングを交換して解消した記憶があるのだけど、 何処のОリングだったか、どんな症状でОリングを換えて直ったかすら思い出せない。汗 何しろ分解してもSUの中にはフロートの蓋のОリング以外に見当たらないのだ。 IMG_4727[1].jpg さて皆さん、SUにはチョークレバーが付いているのをご存知ですか? ティクラーがあるから意外と知られていないのかと思いまして・・・。皆さんは使ってもはじめに引っ掛けるくらいしかしないと思います。 私が昔SUを使っている時は、始動時で寒冷時に温まるまでチョークを指でホールドしてました。 そうすることにより、温間時のセッテイングを結構シビアに決めてましたけどね・・。 話は横道にそれましたが、ヒントは燃料を何処からか拾っている。=はチョーク? ということで、ボデイを中から見てもチョークレバーに通路があるので、どうやってチョーキング をしているのかバラシテ構造を見てみる必要がありました。 案の定バラシテみるとレバーユニットの先にОリングが・・・・ IMG_4730[1].jpg ↑これだ! Оリングが死んでる。  昔取り替えたのもこのОリングだったんだなと思う。 こんな所にОリング使っていると思わなかったでしょ?私も忘れてましたwwいとしのОリングちゃん。 このОリングがダメなために、ココから燃料がフルチョークに近いくらい流れ込んでいたんですね。 SUのチョークは燃料増量タイプです。  急なことでОリングの在庫などないので、これも移植。 それで組み上げたら直りました。 チョークレバーのОリングは意外と盲点なので、中古キャブを購入した時やOHの時は必ず 交換したほうが良いです。 それではまた~    










コメント(1)

エスユーキャブトラブルでいろいろ探してましたが、どんぴしゃりっ。
同じパターンで、解決しました。ガスケットキットで、取り寄せてれば全部のオーリングを替えたでしょうがけちけちとフロート、スクリュー、ティクラー、
など、目で見える悪いとこだけ替えてた物できずかなかったです。ニードルや、メインジェットを取り寄せようかとするところでした。ほかの人のブログなどには、このトラブルはなくて、多分みんな、キャブがまだそんなにふるくないのかも、。10年近く眠らせてたバイクなので、。また、お邪魔します。


「SUキャブの整備」に関連する記事