Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)

村山モータース倒産について

今朝、なかなかショッキングなニュースが飛び込んできました。「ハーレーダビッドソン...

今朝、なかなかショッキングなニュースが飛び込んできました。

「ハーレーダビッドソン新宿」を経営、村山モータースが破産開始」


株)村山モータース(TDB企業コード:982418322、資本金5000万円、東京都渋谷区幡ヶ谷1-7-5、代表矢部泰幸氏)は、7月18日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 申請代理人は芳賀彩弁護士(東京都港区虎ノ門2-2-5、金子・中・橋本法律特許事務所東京事務所、電話03-6229-4881)。破産管財人は増田充俊弁護士(東京都港区西新橋2-18-1、増田総合法律事務所、電話03-3578-8388)。債権届け出期間は8月15日まで。

 当社は、1953年(昭和28年)8月に設立。ハーレーダビッドソンジャパンが国内の総代理店となる前から、ハーレーダビッドソンについては並行輸入を行い、近年はハーレーダビッドソンの正規販売代理店としてオートバイを主体に関連グッズの販売や車検整備などのサービスを手がけていた。業界内では有数の老舗であり、オートバイマニアの間での知名度も高く、ピークとなる92年7月期には年売上高約24億2600万円を計上していた。

 しかし、オートバイ市場が縮小するなか需要の減少が続き、2017年7月期の年売上高は約3億7600万円に落ち込んでいた。横浜、八王子の店舗を閉鎖するなどリストラを進めたが、毎期欠損計上が続いていた。イベントの開催や会員組織の活発化などで業況回復を図ったものの奏功せず、今回の措置となった。

 負債は2017年7月期末時点で約1億4600万円。

 なお、当社が経営していた「ハーレーダビッドソン新宿」は7月11日に閉店し、その後他社が営業を継続している。


雑誌ゴーグルなんかで知った村山モータースは、ある意味あこがれの店でした。ハーレーダビッドソン新宿というよりもドゥカティのイメージが強い店ですが、割と独立系のドゥカティ、トライアンフのディーラーが夜逃げ同然で倒産したニュースが過去にあった中で、それよりも大規模でしかも業界を代表する老舗が倒産したというのはかなりショッキングなニュースでした。

いろんな原因が考えられます。平行で市場を育ててきた老舗なのに、ハーレーダビッドソンジャパンはじめ、日本法人が出来ていろんなルールを持ち込んだことによる影響は小さくないかと思います。

他にも、ハーレーダビッドソンに限ってはもはやアイコンとして飽きられはじめていることは結構大きいかと思います。若い層にアピールできず、中高年だけのものになってしまっているし。まあ別にハーレーだけではなくオートバイ、モーターサイクル自体が時代から取り残されたアイコンになりつつあるのかもしれません。いま現時点でも乗ってる立場からするとあまり気づかないことではありますが、オートバイに対する世の中の無関心っていうのは相当なものだと思います。

負債額も小さく、老舗ということでどこかのカスタムショップが潰れたときのようなユーザーを巻き込んだ悲惨な騒ぎにならないことを期待しますが、日本の少子高齢化、それによって変わりゆく市場に対して対応していけない業界、会社はつぶれていくんでしょう。

とある中国人に最近言われました。日本人は少子高齢化の変化をなめすぎてると。

私は今乗ってるやつに乗るだけです。高くなってもタダ同然でもそれは関係ありません。けど商売してる人たちは違いますよね。バイク業界はたぶんこのまま縮小均衡にさらに向かうんでしょう。そんな大変な時代の始まりを告げる割とターニングポイントなニュースでした。

従業員の方、またはこのショップを利用していた方々が出来るだけ早く平穏を取り戻せることを祈っております。








2010:05:06:10:10:34

A-DAY 11th

» いよいよ迫ってきたA-DAY 11th, 5月23日(日)9時-15時のワンデイイベントです。
Categories : Infomation

2010-05-06