Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)

ほぼ新車のデュオグライド南青山で展示中

60r-400.jpg

船場のコレクションの中でも極上の車両といえる一台、完全オリジナルでフル装備、航行距離たった4000キロの1960年製デュオグライドが今日くらいから東京表参道のクロムハーツさんに展示されます。

タイヤも9分山だそうでほぼ新車状態といわれる貴重なストックを東京近辺にお住まいの方はぜひ見に行ってみましょう。ロードキングなどエレクトラグライド系に御乗りの方には先祖とも言えるデュオグライド、これほど綺麗な個体はハーレーダビッドソンミュージアムくらいでないとお目にかかわれないでしょう。

クロムハーツの地図はこちら











2010:04:25:21:47:17

福島旧車会 那須ミーティング レポート

» なんだかんだでYoutubeのレポートアップで苦労しましたが、福島旧車会のミーティングの記録をやっとアップロードし終えました。関東や東北、そして遠くは北海道より数多くのハーレーダビッドソンの旧車が集まりました。 貴重な旧車を見れるのはとっても目の保養になりますが、それよりも楽しいのは、同じ古いバイクを乗る仲間との交流です。確かにいろんなハーレーがあって、いろんなつながりがあり、それはたぶんみんな同様に楽しいんだと思います。旧車オンリーの楽しみといえば、、、、まあいろいろ語れるのですけどそれをちゃんと言葉にするのは難しいです。 福島旧車会のボスのBUNさんに今回、こんなことを言われました。 「タクさんは、北海道行ったりいろいろキャンプ行ったりしてるから、そういうのはやっぱりツインカムのツアラーとかのほうがいいと思うんですよね。けど、なんかパンヘッド乗ってるでしょ。そういうみんなの思いとかこだわりとかを夜にみんなで語れるといいと思うんですよ。どう、みんなそれぞれ自分のマシンを好きかって。」 不思議な時間の中での問いでした。なぜ旧車?うーん自分でもその答えは分からないんだけど、私はずっと今のバイクには乗り続けるでしょうl。なぜということはうまくは言えないけど。
Categories : Feature

2010-04-25