Harley-Davidson NEWS(ハーレーダビッドソン ニュース)

STURGIS ASIA 2010 Motorcycle RALLY

当初は韓国でなんでこんなイベントやるの?って興味本位で取り上げた内容でしたが、実行委員会のキムミョンヒさんから連絡をもらい、資料も送ってもらいましたので紹介します。

当初は韓国でなんでこんなイベントやるの?って興味本位で取り上げた内容でしたが、実行委員会のキムミョンヒさんから連絡をもらい、資料も送ってもらいましたので紹介します。

まずなんで、アジアでしかも韓国がスタージスの名前を名乗ってMTGをやるの?って素朴な疑問ですが、韓国のスタージスアジア株式会社が、アメリカでスタージスラリーを手掛けているHomeSlice Corp.とアジア地域でスタージスと同じようなイベントを開催できるという契約をしたことでスタージスを名乗ったラリーになったということだ。だから主催メンバーにもアメリカのスタージスしと韓国の太白市がダブルネームで名を連ねている。

大会では、ヒルクライム、モトクロスのコンペティション、カスタムバイクのショー、それにロックバンドのコンサートなどメニューの数は本場と同じような構成だ。ただ、別にZZ TOPが来韓するわけではなく、あくまでも韓国のバンドがメイン。

イベントは9月17日(金)のラリーと開会式から始まり、24日(金)まで一週間という長丁場。来日予定のカスタムビルダーなどのVIPは

ARLEN NESS
Cory NESS
Eddie Trotta of Thunder Cycle
Dave Perewitz
Donnie Smith
Michele Smith
Scott Jacobs

など。もうちょっとパンチがほしいところ。
最後に、ちょっと突っ込みどころがあるのは参加予想についてで、

■韓国内の参加者 約45,000人予想

ハーレーダビッドソン所有者6,000名+800cc以上のバイク所有者6,000名×30%=3,600名
一般の観客 40,000名

■海外からの参加者 約7,000人

アメリカ 2,000名
日本 4,000名
オーストラリア、ニュージーランド 400名
シンガポール、香港など 200名
中国 100名
ヨーロッパ 200名

と予想されているが、日本から韓国に本当に4,000人も行くのかっていうのは素朴な疑問がある。翌週はブルースヘブンだし、10月に入るとバイブズミーティングもある。日本のハーレーオーナーは目が肥えてるからよっぽどすごいゲストが来たりしない限り、参加者の大多数が一般観客というイベントについては魅力は薄いんじゃないかと。

あと、他のアメリカやヨーロッパからの来韓の見込みもちょっと甘いような気がするんだけどなあ、キムさんどうでしょ。だけどがんばって欲しいとは思う。日本から参加を見込みたいのならフェリー、エアーを介して現地に行くためのルートやできれば割引などの特典もやってほしいかな。
この件、またいろんなことが分かったらアップデートします。









2010:05:06:10:10:34

A-DAY 11th

» いよいよ迫ってきたA-DAY 11th, 5月23日(日)9時-15時のワンデイイベントです。
Categories : Infomation

2010-05-06